8月11日(日)

2015年4月より東京フィルハーモニー交響楽団の桂冠指揮者になったダン・エッティンガー、常任指揮者だった頃からファンで一時定期会員になったこともありますが、ますます素敵になって登場です。

 

ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲
モーツァルト/フルート協奏曲第1番ト長調K313
     ~休憩~
チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」
 東京フィルハーモニー交響楽団
 指揮/ダン・エッティンガー
 フルート/高木綾子
 コンサートマスター/三浦章宏

まずはワグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー」前奏曲から。
東フィルとは、イタリアオペラからワグナーまで共演していて、エッティンガー自身もバリトン歌手だった経験から「楽劇」という言葉がぴったりのマイスタージンガーをドラマティックに演奏。

高木綾子さんとのモーツアルトのフルート協奏曲1番も素敵でしたね!
彼女の1分1秒も無駄にしない生き方がクリアな音や全体の雰囲気にも表れていて、見習いたいくらい。アンコールはドビュッシーのシランクス、2階席で聴いたんですがよく響きます。

最後は、チャイコフスキーの悲愴、2階右方向からの鑑賞ですが全体が良く見渡せてしかも指揮者の表情もみえる、本当に面白い体験でした。
エッティンガーのメリハリがあって大迫力の演奏、様々な展開を経て破局へ向かってゆく様子が描かれる。

もっともっと聴いていたい!今度はまた来年のミューザかしら?

 

サマーミューザ ダン・エッティンガー
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください