サマーミューザ ダン・エッティンガー

8月11日(日)

2015年4月より東京フィルハーモニー交響楽団の桂冠指揮者になったダン・エッティンガー、常任指揮者だった頃からファンで一時定期会員になったこともありますが、ますます素敵になって登場です。

 

ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲
モーツァルト/フルート協奏曲第1番ト長調K313
     ~休憩~
チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」
 東京フィルハーモニー交響楽団
 指揮/ダン・エッティンガー
 フルート/高木綾子
 コンサートマスター/三浦章宏

まずはワグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー」前奏曲から。
東フィルとは、イタリアオペラからワグナーまで共演していて、エッティンガー自身もバリトン歌手だった経験から「楽劇」という言葉がぴったりのマイスタージンガーをドラマティックに演奏。

高木綾子さんとのモーツアルトのフルート協奏曲1番も素敵でしたね!
彼女の1分1秒も無駄にしない生き方がクリアな音や全体の雰囲気にも表れていて、見習いたいくらい。アンコールはドビュッシーのシランクス、2階席で聴いたんですがよく響きます。

最後は、チャイコフスキーの悲愴、2階右方向からの鑑賞ですが全体が良く見渡せてしかも指揮者の表情もみえる、本当に面白い体験でした。
エッティンガーのメリハリがあって大迫力の演奏、様々な展開を経て破局へ向かってゆく様子が描かれる。

もっともっと聴いていたい!今度はまた来年のミューザかしら?

 

フェスタサマーミューザ川崎2019−②

8月6日(火)

今日は、この4月に東京シティーフィルの首席客演指揮者に就任した藤岡幸夫さんのプレトークがコンサートの前に有り、シベリウス。英国作品、邦人作品の3本柱で進めてゆくとの抱負を語りました。

シベリウス/レミンカイネン組曲~「レミンカイネンの帰郷」
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
     ~休憩~
芥川也寸志/交響曲第1番
 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
 指揮/藤岡幸夫
 チェロ/ジョヴァンニ・ソッリマ
 コンサートマスター/青木高志(ゲスト)

ジャン・シベリウス(1865-1957)の「レミンカイネン組曲」から「レミンカイネンの帰郷」

そしてアントニン・ドヴォルザーク(1841ー1904)のチェロ協奏曲は、8月12日にすみだトリフォニーホールで「100人のチェリストが集う」としてイタリア・シチリアからやって来たチェリスト兼作曲家のジョバンニ・ソッリマ、「シチリアの大魔王」とも言われている。ミューザにも若いソッリマのファンが来ていて、オーバーアクションの演奏が終わると、ブラボーとスタンディングオベーションの嵐でした。アンコールはソッリマ自作のナチュラル・ソング・ブックの第4番と第6番。

最後は、没後30年を迎えた芥川也寸志(1925-1989)の交響曲第1番。ロシアの作曲家に憧れ、ロシアに蜜入獄をしたというあの長身の紳士からは想像できない冒険でした。今日は故芥川也寸志の奥様が2階客席に聴きに来られていて演奏が終わると皆さんに紹介されましたが、芥川も長身の紳士、藤岡マエストロも長身で、シティーフィルの首席客員指揮者に任命され何か方向性が確立されたかのような雰囲気も感じられました。この曲、第1楽章は静かな序奏、第2楽章は悪魔的、第3楽章は暗めで第4楽章は悪魔の疾走で真ん中にゴジラに似たところもあるとマエストロがプレトークで言っていました。ショスタコーヴィチやプロコフィエフ、伊福部昭に似てはいますが芥川節満載のとても面白い曲で、もっともっと演奏して欲しい・・と。
アンコールがエルガーの「夕べの曲」でした。
このミューザ音楽祭の良い演奏会だったような気がします。

 

フェスタサマーミューザ川崎2019

フェスタサマーミューザ川崎2019は、東京交響楽団のオープニングファンファーレから始まりました。
この夏は遠くに行かないで、近くの川崎ミューザで過そうと言う計画でもあります。この期間中は、近くの飲食店が割引になるので、ラ・ゾーナで夕食等々。
そして昔の友達とも久々に会いました。

7月27日(土)

ジョナサン・ノット指揮で、東京交響楽団の演奏は、サンダーバードのジョナサン・ノットセレクションのほかジェルジュ・リゲティー(1923ー2006)のピアノ協奏曲は、前衛的なサウンドも含めつつ、多様なリズムや音色で遊んでいるような感覚をうける。ピアノのタマラ・ステファノヴィッチもですが一人で何種類もの打楽器を操る、まるで手品師のような打楽器奏者が目立って見えました。

バリー・グレイ/ザ・ベスト・オブ・サンダーバード(ジョナサン・ノット・スペシャル・コレクション)
リゲティ/ピアノ協奏曲
     ~休憩~
ベートーヴェン/交響曲第1番
 東京交響楽団
 指揮/ジョナサン・ノット Jonatha Nott
 ピアノ/タマラ・ステファノヴィッチ Tamara Stefanovich
 コンサートマスター/水谷晃

7月28日(日)

上岡マエストロ指揮で、新日本フィルの演奏は、ロシア音楽の2大巨頭を味わい尽くすです。
小川典子さんのラフマニノフを久しぶりで聴きました。
懐かしいですね!京都にもき聴きに行った記憶があります。
「ロメオとジュリエット」は上岡マエストロ版で、例の威嚇するような不協和音とテナーサックスが入って混沌とした不透明感がおもしろいですねこの画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 087b0564d5bf171ca100d3b1307ff8e3.jpg です

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18
     ~休憩~
プロコフィエ
フ/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」組曲から
 新日本フィルハーモニー交響楽団
 指揮/上岡敏之
 ピアノ/小川典子
 コンサートマスター/崔文洙

小川典子さんのアンコールは、同じラフマニノフの練習曲集作品39から第1番ハ長調。

7月30日(火)

神奈川フィルは、川瀬賢太郎指揮です。ギタリストも参戦のスペイン・プロとして、ギターの渡辺香津美さんがフルアコースティックギターで、ロドリーゴのアランフェス協奏曲を演奏。この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8cd3664c35eced5e5c702cb9a36b93a0.jpg です

ボッケリーニ(ベリオ編)/マドリードの夜警隊の行進
ロドリーゴ/アランフェス協奏曲
     ~休憩~
シャブリエ/狂詩曲「スペイン」
ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
 指揮/川瀬賢太郎
 ジャス・ギター/渡辺香津美
 コンサートマスター/﨑谷直人(前半)、石田泰尚(後半)

ボッケリーニ(1743ー1805)の「マドリードの夜景隊の行進」
ロドリーゴ(1901-1999)のアランフェス協奏曲
シャブリエ(1841-1894)の「スペイン」
ファリャ(1876-1946)のバレー音楽「三角帽子」などスペインの懐かしくも情熱的な曲ばかりでした。でもアコースティックギターは、ちょっと頂けなかったかな。
川瀬君のアンコールは、ビゼーのカルメン前奏曲を華々しく演奏してくれました。

果実園 リーベル目黒店

7月25日 (木)

庭園美術館を楽しんだ後は、目黒の「果実園 リーベル目黒店」に行ってみました。

マンゴーパフェ     グアバジュース     フルーツみつまめ

フルーツケーキ 、パンケーキのお店なんですがフルーツの量が半端ない。果実園のオーナー長嶺卓さんは「8割がフルーツで2割がクリーム」東京のフルーツの台所である大田市場に毎朝出向き、食べごろのフルーツを見きわめるのだそうです。

 

庭園美術館の朝香宮邸

7月25日(木)

庭園美術館のレストランの次は、朝香宮邸に入ってみましょう。(画面を押すと2倍のサイズになります。)

正面玄関のガラスレリーフ扉はフランスのガラス工芸家ルネ・ラリックの作品です。朝香宮邸のために新たにデザインされた一点もので、翼を広げる女性像は、ラリックの作品の中でも貴重な作品。

 

暖炉の上の鏡から大広間を写す。

 

次の間は、白磁の「香水塔」、モザイクの床、黒漆の柱、朱色の人造石の壁、そしてガラス窓から広がる庭園の緑、これらが織りなす色彩のハーモニーは、大広間の落ち着いた色調とは対照的にアール・デコ特有の華やかな空間を形成しています。

大客室は、アール・デコの粋が集められている。
大客室の扉は、マックス・アングランの銀引きフロスト仕上げのエッチング・ガラスを嵌め込んである。

大客室のシャンデリアは、ルネ・ラリックの制作。

小食堂は、和の要素が取り入れられている。

大食堂は、南に庭園を望み、大きく円形を描く張出し窓は、開放的な独特の空間を形作っています。

暖炉の上の壁画は、アンリ・ラパンの作で、赤いパーゴラ(蔓棚)と泉が油彩で描かれています。

 

1年に1回の庭園美術館朝香宮邸展覧会は、「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる人々」として 7月20日〜9月23日までやっています。
見どころ満載です、夏休みの間お子様とともにいかがでしょうか?

庭園美術館のレストラン「Du Parc」で ランチ

7月25日(木)

いつもの友達と、白金の東京庭園美術館の中にある庭園レストラン「Du Parc」でランチです。私たちのお付き合いも30年を超えるんですが、皆さんいろんな方面で活躍していてお忙しい方ばかりです。偶然にもこの7月20日〜9月23日庭園美術館の建築を見る展覧会を開催していたので朝香宮邸の素晴らしい室内を見学することができました。

まずは、庭園美術館内にある「Du Parc」です。

メニューは、

前菜:冷製メカジキのグリエ キュウリとももの生ハムサラダヘーゼルナッツとバルサミコソース
スープ:キノコの冷製ポタージュと⽢エビのジュレ
メイン:鶏もも⾁のポワレとキャベツのブレゼ トマトと⻘トマトのサルサソース   魚は、スズキのポアレとブロッコリーのトマトソース
デザート:パッションフルーツのブラマンジェエキゾチックのソルベ添え

以前行ったことがある ミュージアム1999 レストラン ロアラブッシの料理人が担当しているそうです。
とっても美味しいしコスパもいい、皆様ぜひどうぞ!
最後のカラフルで金平糖のような照明は、朝香宮邸にあるものです。