読響・反田と務川でパリの旅

フェスタサマーミューザ川崎2020
7月29日には芸術が花開いた街・パリの旅と題してピアニストの反田恭平さんと務川慧悟さんの2台のピアノと読響・下野マエストロの饗宴です。

モーツァルト/交響曲第32番ト長調K318
プーランク/2台ピアノのための協奏曲ニ短調
     ~休憩~
サン=サーンス/動物の謝肉祭
モーツァルト/交響曲第31番ニ長調K297「パリ」
 管弦楽/読売日本交響楽団
 指揮/下野竜也
 ピアノ/反田恭平、務川慧悟
 コンサートマスター/日下紗矢子

モーツァルトの交響曲第32番と第31番の間にプーランクの2台ピアノとサン=サーンス「動物の謝肉祭」です。

刺激的に始まる、プーランクの2台のピアノのための協奏曲は、第1ピアノが反田くん、第2ピアノが務川くんです。2楽章が、崇拝していたモーツァルトのピアノ協奏曲20番2楽章と似ていると下野マエストロがプレトークで言っていました。
2012年に反田と務川は第81回日本音楽コンクール第1位入賞をし、それぞれに大活躍をしながらも2台ピアノのコンサートもしている。ぴったり息のあった二人のプーランは、2楽章がモーツァルト20番2楽章と似ていました。
休憩をはさんで、動物の謝肉祭は第1ピアノが務川くんで第2ピアノが反田くん、オケのソロも入って楽しいサンサ=ンスの「動物の謝肉祭」でした。
アンコールは、サン=サーンスの「アベマリア」打楽器奏者の野本さんのアレンジだそうです。才能あふれる読響ですね!
久しぶりでフルの演奏会でした。

映画「みじかくも美しく燃え」

フェスタサマーミューザの小川典子さんと国分弘子さんのピアノデュオ・モーツァルトのピアノ協奏曲第21番2楽章が、映画「みじかくも美しく燃え」の中で用いられているということで、Amazonプライムで見てみました。

19世紀のスウェーデンで実際に起こった事件を映画化したもの。既婚者の伯爵と美しい綱渡り芸人エルビラが逃亡し、運も金も尽きてしまって最後は心中をしてしまうという悲恋物語。全編にモーツァルトのピアノ協奏曲第21番2楽章が流れ、スウェーデンの美しい田園生活が映し出されるという映画で、1967年製作、ヒロインを演じたピア・ゲデルマルクはカンヌ国際映画祭主演女優賞をもらった。エルビラの一途な心とスウェーデンの自然を写すカメラワークが限りなく美しい。
監督は、ボー・ウィデルベルイで数々の賞をもらっている。

フェスタサマーミューザ  ヒロコ・ノリコの楽しい2台ピアノ

フェスタ サマーミューザ川崎2020は、2020年7月24日に、ジャズとクラシックの交差点と題して〝ヒロコ&ノリコの楽しい2台ピアノ〟演奏会を開催しました。



国府弘子/サクセス・ムーン・ダンス(国府ソロ)
ショパン/夜想曲第20番嬰ハ短調(遺作)(小川ソロ)
国府弘子/リボーン Reborn
モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番~第2楽章(国府弘子編曲)
モーツァルト/「トルコ行進曲」(国府弘子編曲)
ガーシュイン/ラプソディー・イン・ブルー(ヒロコ&ノリコ・ヴァージョン)

国府弘子さんと小川典子さんの二人のトークから始まったこのコンサートは、

まず、ジャズピアノの国府弘子さんの作曲したサクセス・ムーン・ダンスからです。皆さんに何か希望をお届けできたらとのこと。

次は、クラシックピアノの小川典子さんのソロでショパン夜想曲20番です。
映画「戦場のピアニスト」で使われた素敵な曲です。コロナも戦場のようなものなので、

ここからは二人で演奏ですが、国分のリリースした「ピアノ・パーティ」から「Reborn」復活という意味のピアノデュオバージョン。

クラシックのモーツァルトピアノ協奏曲21番の2楽章、格調高い曲で映画「短くも美しく燃え」に使われていました。(国分編曲)

同じくモーツァルトの「トルコ行進曲」国分編曲のちょっとジャズ的な楽しい「トルコ行進曲」でした。

実はお二人は川崎市立生田中学校の同窓生だそうで、それは留学先のニューヨークの摩天楼近くの街中で語り合ってわかったことなんだそうです。
それで曲はガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」(ヒロコ&ノリコ編曲)

アンコールは、サティの「風変わりな美女」から大社交界のカンカン
風変わりな美女とはこのお二人のことだそうです。風変わりなとっても楽しい曲でした。
有難うございました。

 

フェスタサマーミューザ川崎2020

今年も、フェスタサマーミューザ川崎2020が開催されています。
新型コロナの影響で、会場では600席限定なのですが、オンラインでも今年は放映されるということで、我が家はウィーン国立歌劇場で経験済みですので、オンラインでパソコンからフェスタサマー川崎を楽しみたいと思っています。私的には小川典子さんのピアノ演奏から広上N響へと続きます。

にしむらの鰻

今日の東京は、Go To トラベルの影響で、原則東京の人は都外に出られないので、4連休の2日目だというのに、スーパーや商店街は人で溢れかえっていました。
我が家は、息子夫婦が帰ってきたので、いつもの鰻を買いに行ったのですが、目黒不動の近くの「うなぎのにしむら」にも行列ができていました。
〝土用のうなぎ〟の時期のため、電話予約も当分の間はできなく、予約をしに行ってから、もう一度取りに行くという有様でした、でもとっても美味しかったですよ!