ウィーン国立歌劇場「後宮からの逃走」無料配信

新型コロナウィルスから立ち直ったウィーン国立歌劇場は、OTTAVA 配信は当面お休みですが、ウィーンのホームページにゆくと「ドン・カルロス」の次はモーツァルトの「後宮からの逃走」を無料配信しています。(10月12日〜10月15日まで無料配信)
今回のハンス・ノイエンフェルスの演出は変わったもので、台詞だけの役のセリムを除いては歌手と俳優が二人で出てきます。もともと登場人物たちが少ないオペラなので結構華やかになりましたが、ブーイングも多かったみたいです。

太守セリム/クリスティアン・ニッケル Christian Nickel
コンスタンツェ/リゼット・オロペーサ Lisette Oropesa
コンスタンツェ(俳優)/エマヌエラ・フォン・フランケンベルグ Emenuela von Frankenberg
ブロンデ/レグラ・ミューレマン Regula Muhlemann
ブロンデ(俳優)/ステラ・ロバーツ Stella Roberts
オスミン/ゴラン・ジュリッチ Goran Juric
オスミン(俳優)/アンドレアス・グレッツィンガー Andreas Grotzinger
ベルモンテ/ダニエル・べーレ Daniel Behle
ベルモンテ(俳優)/クリスティアン・ナッテル Christian Natter
ペドリッロ/ミヒャエル・ローレンツ Michael Laurenz
ペドリッロ(俳優)/ルードヴィッヒ・ブロッホベルガー Ludwig Blochberger
指揮/アントネッロ・マナコルダ Antonello Manacorda
演出/ハンス・ノイエンフェルス Hans Neuenfels
舞台/クリスティアン・シュミット Christian Schmidt
衣装/ベッティーナ・メルツ Bettina Merz
照明/ステファン・ボリガー Stefan Bolliger

17世紀のトルコ、コンスタンツェ、ペドリッロ、ブロンテは海賊に囚われ、太守セリムの宮殿に奴隷として売られそこで生活をしている。ベルモンテはコンスタンツェたちを救い出すため、宮殿にやってきて救出しようとしますが失敗し危ういところを太守セリムの寛大さによってめでたしめでたしとなります。
このオペラ、いつも思うんですがこのセリムは本当に紳士なんですね! 愛がなければ恋は存在しないと思っているし、その昔ベルモンテの父が原因で祖国を捨てなければならなかったり、愛する人も奪われているにもかかわらずすべてを許してしまう。
コンスタンツェ役のリゼット・オロペーサは1983年アメリカルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ、バトンルージュで育ったソプラノで、美人オペラ歌手ランキングの3位に輝いています。オペローザの歌うTraurigkeit ward mir zum Lose(喜びは失われ、悲しみが私の運命となってしまった)など、30代の美しいソプラノに注目です。

ウィーン国立歌劇場「ドン・カルロス」

世界中のオペラ劇場が新型コロナウイルスで閉鎖されて数カ月経ちましたが、やっとウィーンが動き始めました。9月7日には「蝶々夫人」を公演しましたが、OTTAVAテレビは当分の間、配信を見送ることになったようです。それでもウィーンのホームページにゆくと一部無料で配信をしてくれるようで、10月6日にヴェルディ「ドン・カルロス」が配信されました。
最近見たイタリア語の「ドン・カルロ」ではなく、フランス語の初演5幕版の「ドン・カルロス」で、第一幕にはフォンテンブローの森で、カルロスとエリザベートが出会って、婚約した経緯があってわかりやすい。その後エリザベートはカルロスの父親のフィリップ2世と結婚することになるためこの悲劇が生じるのですが、あと4幕2場ロドリーゴの死後フィリップ2世がヴェルディの「レクイエム」の中の「ラクリモーサ(涙ながらの日)」を歌うところは、先日ミラノ大聖堂で聴いたたばかりのヴェルディ「レクイエム」を思い出します。演出は今話題のペーター・コンヴィチュニー。 とんでもなく面白い! 5時間近くがあっという間に過ぎます。

フィリップⅡ世/ミケーレ・ペルトゥージ Michele Pertusi
ドン・カルロス/ヨーナス・カウフマン Jonas Kaufmann
ロドリーグ/イゴール・ゴロヴァテンコ Igor Golovatenko
大審問官/ロベルト・スカンディウィッチ Roberto Scandiuzzi
エリザベート/マリン・ビストロム Marlin Bystrom
エボリ公女/イヴ=モー・ユボー Eve-Maud Hubeaux
修道士・カルロ5世/ダン・パウル・ドゥミトレスク Dan Paul Dumitrescu
ティボー/ヴィルジニー・ヴェレツ Virginie Verrez
レルマ伯爵/ロバート・バートネック Robert Bartneck
天からの声/ヨハンナ・ウォルロース Johanna Wallroth
指揮/ベルトラン・ド・ビリー Bertrand de Billy
演出/ペーター・コンヴィチュニー Peter Konwitschny
舞台稽古/アレクサンダー・エドバウアー Alexander Edtbauer
舞台及び衣装/ヨハンネス・レイアッカー Johannes Leiacker
照明/ハンス・テルシュテーデ Hans Toelstede舞台に降りてきて歌う
映像原案/ヴェラ・ネミロヴァ Vera Nemirova
ドラマトゥルグ/ウェルナー・ヒンツェ Werner Hintze

シラーの戯曲によるヴェルディ「ドン・カルロス」フランス語5幕版はグランドオペラ用に作られており、イタリア語4幕版より長く、初めのフォンテンブローの森の場面と第3幕にバレエ音楽がはいる。
ペーター・コンヴィチュニーの演出は、全体に重苦しくなく、軽いタッチで進められ、3幕のバレエ音楽に合わせて「エボリの夢」と題して、現代版コメディ(もしエボリとカルロスが結婚したとすれば、フィリップⅡ世とエリザベートと家族4人で食事をし、ワインを飲んで、生まれてくる孫を祝う)劇中劇が繰り広げられます これならば悲劇は生まれないわけですが。
あと、フィリップ2世戴冠式では、映像と舞台が組み合されて不思議な空間が演出されます。
カウフマンのカルロス、スエーデンのソプラノ、マリン・ビストロムのエリザベート、ミケーレ・ペルトゥージのフィリップ2世、
そしてヴェールの歌を歌ったエボリ公女役のスイスのイヴ=モー・ユボー は、4幕では常にフィリップ2世のそばにいて自分の美貌を呪いその美しい顔に傷をつける重要な役を演じています。そしてなんと天からの声は、スウェーデンのソプラノ ヨハンナ・ウォロスが舞台にに降りてきて歌ってしまいます。
5時間がアッという間に過ぎてしまったコンヴィチュニーの奇想天外な演出は、成功したのかも!

 

成田山新勝寺でコロナ疫病退治

成田で、お彼岸のお墓参りと成田山新勝寺で新型コロナウィルスの疫病退散の御護摩祈祷に参加してきました。
ちょうど新勝寺の大本堂に入った時間から御祈祷が始まったので、疲れていたこともあり、皆さんと広い畳敷の大本堂で御祈祷に参加しました。
15人ほどの僧侶が揃って御祈祷をする様子は荘厳なもので、御摩木が炎となって焚き上げられてクライマックスを迎えます。

成田メモリアルパークにあるお墓にお彼岸のお墓参りをして、成田山新勝寺隣りの「駿河屋」で、鰻重を食べるのが慣しになっているんですが、今回はまた新しい発見があったというわけです。新勝寺は真言宗のお寺で、弘法大師空海が作った不動明王を祀ってあります。それから成田屋の屋号を持つ市川團十郎が成田不動明王に深く帰依して、伝統芸術の歌舞伎の技を守り続けているとも。

 

ミラノ・スカラ座 大聖堂から ヴェルディ「レクイエム」

新型コロナウィルスの蔓延によってどこのオペラ劇場も閉鎖されていましたが、9月12日ミラノスカラ座はヴェルディ「レクイエム」を公演することになり、ライブストリーミングでも放映してくれるというので早速チケットを購入しました。
世界最大級のゴシック建築のミラノ大聖堂にふさわしいこのコンサートは、新型コロナウィルスの犠牲者に捧げられます。そしてこのライブストリーミングは9月12日から9月20日まで視聴することができます。

 

クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)
エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)
フランチェスコ・メーリ(テノール)
ルネ・パーペ(バス)
指揮:リッカルド・シャイー
ミラノ・スカラ座管弦楽団
ミラノ・スカラ座合唱団(合唱指導:ブルーノ・カゾーニ)


会場前にはマッダレッラ イタリア大統領、ジュゼッペ・サラ ミラノ市長の姿が見られます。サラ市長は皆さんを出迎えていました。
ミラノ大聖堂には行ったことがないのですが、イタリア国営放送の鮮明な画像のおかげで、まるでその場にいるような荘厳な雰囲気に包まれたヴェルディ「レクイエム」、「怒りの日」は凄みがありましたね。
マエストロは「このコンサートは大聖堂の大司教との対話から、その後スカラ座の最高責任者ドミニク・マイヤー氏から賛同を得ることができた」と語っていました。
リベラ・メ「我を救い給え」という歌詞が、明るい未来への希望を象徴するとも。
最高のステージで最高の演奏者と最高の歌手の演奏はコロナを乗り越えて行く大きな力になると信じています。

 

演奏後マッダレッライタリア大統領とシャイー

フィデリオ

今年はベートーヴェンの生誕250年にあたり、日本でも「フィデリオ」の公演が9月の3、4、5、6日と新国立劇場オペラハウスで開催されました。二期会、新国立劇場、藤原歌劇団の3団体共催するプロジェクトです。
もちろんソーシャル・ディスタンスを守っての演奏会で、私たちは6日の最終日に出かけました。

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」
 ドン・フェルナンド/小森輝彦
 ドン・ピツァロ/友清崇
 フロレスタン/小原啓楼
 レオノーレ/木下美穂子
 ロッコ/山下浩司
 マルツェリーナ/愛もも胡
 ヤッキーノ/菅野敦
 囚人1/森田有生
 囚人2/岸本大
 管弦楽/東京フィルハーモニー交響楽団
 合唱/二期会合唱団、新国立劇場合唱団、藤原歌劇団合唱部
 指揮/大植英次
 演出/深作健太
 装置/松井るみ
 照明/喜多村貴
 映像/栗山聡之

「フィデリオ」は、本来ですとフランス革命の発端となった、バスチーユ牢獄襲撃事件から4〜5年たった頃にこのオペラのもとの「救出オペラ」が流行っていて、いろんな作曲家がこの台本に音楽を付けていったのですが、ベートーヴェンは観念的な音楽を付けていった。
その上で、深作健太監督の「フィデリオ」は画期的な読み替えをしており、1945年戦後から2020年現代まで戦後75年を描いていて、ベートーヴェンの時代から遥かに離れた現代の私たちの壮大な物語となっている。
フィデリオことレオノーレは、〝元祖、女性は太陽だった〟の言葉のように時代を超えて、夫を探し続ける強い女性として、四つの時代に登場する四つの壁と闘ってゆくことになります。
ナチス強制収容所の鉄条網と「死の壁」「ベルリンの壁」「パレスチナの分離壁」トランプ政権下での「アメリカ国境の壁」
舞台上方に「Albeit macht Frei?」(働けば自由が得られる)というプレートが掲げられている。
そして序曲は通常演奏される「フィデリオ」でなくて「レオノーレ」序曲3番から始まり、最後は舞台の奥まで全ての壁を取り払って、楽屋裏まで見せる広い空間が、戦争終結記念式典に読みかえられ、車椅子に乗ったフロレスタンをレオノーレが押して登場し、合唱団全員が正装に変わってしかもソーシャルディスタンスを守って並び、最後の合唱を歌い上げられると紗幕が取り払われ客席と舞台の間の「壁」が取り払われる。
フィデリオ(レオノーレ)役の木下美穂子は、真っ赤なスーツで堂々と歌いあげます。
フロレスタン役の小原啓楼も第一声が素晴らしく大きな声を張り上げ、コロナ禍で、たまったエネルギーが爆発するかのような熱気のある舞台でした。
こんな「フィデリオ」は初めて、戦後は私たちが生きてきた道でもあるので、自分の身になって考えさせられるよい舞台だったと思います。
空は秋の空、渋谷区の〝ハチ公バス〟が行き交う山手通りを車で帰りました。

日本フィル・山田和樹

9月4日(金)

日本フィル第723回東京定期演奏会は、新シーズンの幕開けということで、毎年 山田和樹・日本フィル正指揮者が指揮をすることになっている。新型コロナの影響でなかなか演奏会ができなかった中、しっかりしたプログラムで生演奏を熱望していた観客を魅了してくれました。

 

ガーシュウィン/アイ・ガット・リズム変奏曲
ミシェル・ルグラン/チェロ協奏曲(日本初演)
     ~休憩~
五十嵐琴未/櫻暁(おうぎょう) for Japan Philharmonic Orchestra(世界初演)
ラヴェル/バレエ音楽「マ・メール・ロワ」
 指揮/山田和樹
 ピアノ/沼沢淑音
 チェロ/横坂源
 コンサートマスター/扇谷泰朋
 ゲスト・ソロ・チェロ/伊東裕

 

7時からの開演ですが6時半から山田和樹マエストロのプレトークがあり、サントリーホールへ帰ってきたことを本当に喜んでいる様子が伺えました。大好きなガーシュインからミシェル・ルグランのチェロ協奏曲、それから五十嵐琴未の新作「櫻暁」とラヴェルの「マ・メール・ロア」本当に素敵なプログラムです。

ガーシュイン(1898-1937)は、沼沢淑音くんのピアノで「アイ・ガット・リズム」変奏曲で、ガーシュインのミュージカル「ガール・クレイジー」でうたわれる曲、クラリネットが初めに、ピアノからオーケストラに入りジャズらしいノリの良い演奏会の初めにふさわしい曲です。

次が横坂源さんのチェロでなんとミシェル・ルグラン(1932-2019)のチェロ協奏曲、ミシェル・ルグランといえば「シェルブールの雨傘」など映画音楽で有名ですが、今回の曲はコンテンポラリー音楽の部類に入るかなとマエストロが言っていました。そしてミシェル・ルグランは、去年お亡くなりになったんですね!
チェロの横坂源さん、全く休む暇のない曲なので、譜面台二つを並べて、時々はマエストロが譜めくりをしていました。
アンコールは、ピアノの沼沢淑音さんとフォーレの「アプレ・レーヴ」(夢のあとに)でした。

休憩があって、若くて素敵な五十嵐琴未さんの作曲した「櫻暁」は、「枕草子」の、〝春はあけぼの ようよう白くなりゆく山ぎわ〟なんて言葉が浮かぶような、そんな感じかしら。世界初演で、本人は会場にいましたが、舞台には出ていらっしゃらなかったですね。

最後はラヴェル(1875-1937)の「マ・メール・ロワ」英語でマザーグース。今日は組曲でなく、バレエ全曲バージョンを取り上げます。
「前奏曲」「紡ぎ車の踊りと情景」「眠れる森の美女のパヴァーヌ」「美女と野獣の対話」「親指小僧」「パゴダの王女レドロネット」「妖精の庭」からなっている。フルートの真鍋さん、ピッコロの難波さん、オーボエの杉原さんの日フィル美女トリオが大活躍。
「美女と野獣の対話」では、ハープのグリッサンドによって野獣コントラファゴットがヴァイオリン・ソロに変身する鮮やかな描写が、王子役の扇谷、野獣から王子にその場で変身みたいで面白い。
本当に楽しい、若い才能にあふれた日本フィルの東京定期演奏会でした。

 

映画「事故物件」

松原タニシというピン芸人が、自分が本当に事故物件に住んでみて「事故物件怪談 怖い間取り」を出版し。8月28日には映画になった。
怪奇物好きの娘と一緒に行ってきました。
監督:田中秀雄 「リング」「貞子」
キャスト:売れないピン芸人 山野ヤマメに KAT-TUNの 亀梨和也 など現在テレビに出演している俳優、芸人がたくさん出演している。