チューリッヒ歌劇場「神々の黄昏」

洗練されたアンドレアス・ホモキ演出のチューリッヒ歌劇場「ニーベルングの指環」は、最後の「神々の黄昏」になりました。ブリュンヒルデ役のカミラ・ニールンド大活躍ですね。最後は、ホモキも管弦楽の全員も舞台に上がり、観客はスタン

チューリッヒ歌劇場「ジークフリート」

「ニーベルングの指環」第2日は「ジークフリート」ヴォータンと人間の間に出来たジークムントとジークリンデの子供「ジークフリート」が主役の物語です。ジークフリートには今最もワーグナー歌いとして傑出しているテノール歌手のクラウ

チューリッヒ歌劇場「ワルキューレ」

「ラインの黄金」の次は「ワルキューレ」になり、舞台は同じく白っぽい館の中。ヴォータンと人間の間に出来たジークムントとジークリンデの兄妹、それにヴォータンは同じトマーシュ・コニェチュニー、あとブリュンヒルデはカミラ・ニール

チューリッヒ歌劇場「ラインの黄金」

ワーグナーの「マイスタージンガー」をスペインのテアトロ・レアルがが5月18日ににストリーミングしてくれましたが、今度はチューリッヒ・オペラハウスが「ザ・リング」全4編を同じ演出家で公演し、メディチTVで放映しました。総音

ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

テアトロ・レアル歌劇場は、昨日2024年5月18日にワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を公演し、そのままストリーミング配信しました。テアトロ・レアルはスペインのマドリッドにある王立歌劇場で「国際オペラ賞」

ベルリーニ「夢遊病の女」

ローマ歌劇場は、ベルリーニの「夢遊病の女」を公演し、2024年5月10日から2024年11月10日までストリーミング配信する。ローマ歌劇場の「夢遊病の女」はフランチェスコ・ランジロッタが指揮し、ジャン=フィリップ・クララ

ウクライナの新作バレエ「忘れられた祖先の影」

国際ダンスデーを記念して、ウクライナのリヴィウ国際オペラ・バレエ団による「忘れられた祖先の影」が公演されました。「忘れられた祖先の影」は、ウクライナのロメオとジュリエットとも言われるイワンとマリチカの物語。ミハイロ・コチ

リヒャルト・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」

ガーシントン・オペラ公演で高く評価されたリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」をオペラヴィションで、2024年4月26日から2024年10月26日までストリーミング配信します。『ナクソス島のアリアドネ』は、

リヒャルト・シュトラウス「サロメ」

アイリッシュ・ナショナル・オペラがリヒャルト・シュトラウスの「サロメ」をプレミエ公演し、オペラ・ヴィジョンで2024年4月19日〜2024年10月19日までストリーミング配信します。サロメにはシニード・キャンベル・ウォレ

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial