ウィーン国立歌劇場「こうもり」は、現地大晦日の公演がOTTAVA TVライブストリーミングで1月1日から3日まで放映されました。注目は2幕のゲストにヨーナス・カウフマンが現れましたよ❤️⭐️❤️⭐️、予告なしなのでビックリ❣️❗️、アデーレ役は「ナクソス島のアリアドネ」でツェルビネッタを演じたダニエラ・ファリーです。

アイゼンシュタイン/アドリアン・エレート Adrian Erod
ロザリンデ/ローラ・エイキン Laura Aikin
フランク/ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher
オルロフスキー侯爵/マルガリータ・グリツコヴァ Margarita Gritskova
アルフレード/ベンジャミン・ブランズ Benjamin Bruns
ファルケ博士/クレメンス・ウンターライナー Clemens Unterreiner
アデーレ/ダニエラ・ファリー Daniela Fally
フロッシュ/ペーター・シモニスチェク Peter Simonischek
ブリント博士/ペーター・イェロジッツ Peter Jelosits
イーダ/ヴァレリーア・サヴィンスカイア
イワン/ツァバ・マルコヴィッツ Czaba Markovits
指揮/ニコラス・カーター Nicholas Carter
演出/オットー・シェンク Otto Schenk
舞台美術/ギュンター・シュナイダー=ジームセン Gunther Schneider-Siemssen
衣装/ミレーナ・カノネロ Milena Canonero
バレエ(雷鳴と電光)振付/ゲルリンデ・ディル Gerlinde Dill

ウィーン国立歌劇場の大晦日は「こうもり」と決まっていて、2幕のパーティーゲストも超有名人が出てきます、演出、オットー・シェンクは、今年90歳になる巨匠で、「ラ・ボエーム」のゼッフィレルリと並んでオペラ演出の古典といわれます。2幕の歌のゲスト、カウフマンは、ロザリンデとの二重唱で「メリー・ウィドウ」など3曲を歌い観客を魅了しました。
もう何回観たかしらと思える「こうもり」ですが、大晦日のこの公演、日本では1月1日お正月から観ることができます。おせち料理を食べながら家族で観るのもいいですね!
OTTAVA TVライブストリーミグは、4日からバレー「海賊」、6日から「ヘンゼルとグレーテル」、20日から「ローエングリン」、25日から「サロメ」が放映されます。皆様早めにエントリーください。

 

 

ウィーン国立歌劇場「こうもり」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください