新型コロナウィルスがヨーロッパ各地に広がっているため、ウィーンも4月13日まで外出禁止の措置を取ったそうです。ウィーン国立歌劇場のアーカイブは4月2日まで予定してあるのですがその後はどうなるのでしょうか?
ともあれ、ワーグナーの「ワルキューレ」はサイモン・ラトル指揮で2015年5月31日に収録されたものを3月19日〜3月21日まで放映しています。

ジークムント/クリストファー・ヴェントリス Christopher Ventris
フンディング/ミハイル・ペトレンコ Mikhail Petrenko
ヴォータン/トマーシュ・コニェチュニー Tomasz Konieczny
ジークリンデ/マルティナ・セラフィン Martina Serafin
ブリュンヒルデ/イヴリン・ヘルリッチウス Evelyn Herlitzius
フリッカ/ミカエラ・シュースター Michaela Schuster
ヘルムヴィーゲ/ドンナ・エレン Donna Ellen
ゲルヒルデ/イルディコ・ライモンディ Ildiko Raimondi
オルトリンデ/ヒュナ・コー Hyuna Ko
ワルトラウテ/マーガレット・プランマー Margaret Plummer
ジークルーネ/ウルリケ・ヘルツェル Ulrike Helzel
グリムゲルデ/モニカ・ボヒネク Monika Bohinec
シュヴェルトライテ/キャロル・ウイルソン Carole Wilson
ロスヴァイゼ/ジュリエッテ・マース Juliette Mars
指揮/サイモン・ラトル Simon Rattle
演出/スヴェン=エリック・べヒトルフ Sven-Eric Bechtolf
舞台/ロルフ・グリッテンベルク Rolf Glittenberg
衣装/マリアンヌ・グリッテンベルク Marianne Glittenberg
ビデオ/フェットフィルム fettFilm

今回「ワルキューレ」に登場する神々の長、ヴォータン役のトマーシュ・コニェチュニーとフリッカ役のミカエラ・シュースターは、「ラインの黄金」でも同じ配役で、特にトマーシュ・コニェチュニーは「ジークフリート」でも同じ役で出てきますので、より観やすくなっています。
ヴォータンと人間との間にできた双子の子ジークムントとジークリンデの男女の愛とヴォータンの娘でワルキューレの一人ブリュンデルヒルデとヴォータンの親子の愛の物語で感動的な場面がたくさんあります。
ジークリンデはジークムントの子を身篭り、ブリュンデルヒルデは、岩山に眠らされ、真の英雄のみが近づけるよう炎で囲まれます。次は「ジークフリート」ですね!

ウィーン国立歌劇場「ワルキューレ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください