ビリー・ジョエルとロック・ミュージシャンのブルース・スプリングスティーンとの共演で〝New York State of Mind〟を聞いていたら、後半にガーシュインの〝ラプソディ・イン・ブルー〟が聞こえてきたようなー。

ニューヨークフィル、バーンスタインのガーシュイン〝ラプソディ・イン・ブルー〟を聴いてみました。ガーシュイン(1898-1937)は、この曲をわずか2週間で書き上げたという。そしてバーンスタインは作曲者にしてピアニスト、指揮者で教育者。

バーンスタインもガーシュインもビリージョエルもユダヤ系なんですよね!心に染みる曲にはユダヤの血が混じっているのかしら?なんてね。

〝New York State of Mind〟を聴いていたら
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください