ドイツの北西部が7月15日の夜、暴風雨に襲われました。
ノルトライン・ヴェストファーレン州は、デュッセルドルフやケルンなどがある地方で、ラインラント・プファルツ州は、フランクフルトやマンハイムなどが結構近い。その後、大雨がバイエルン地方を襲い、オランダ、オーストリア、ベルギーで大惨事を引き起こしました。

 

ドイツが洪水で思うこと(1)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください