イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルは、「ランスへの旅」をライブ・ストリーミングすると発表しました。8月13日から来年2月13日まで視聴可能です。
「ランスへの旅」は、ロッシーの最後のオペラで、シャルル10世の戴冠式(1825年のパリ初演)のために書かれた。
イタリアのペザロで毎年開かれているロッシーニ・オペラ・フェスティバルでは、「ランスへの旅」は次世代のベルカント歌手にとっての夏の恒例行事となっています。

 

元アカデミーの学生だったファン・ディアゴ・フローレスは、今や世界をリードするテノール歌手の一人というだけでなく、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの新しい芸術監督になっています。

ロッシーニ「ランスへの旅」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください