新国立劇場オペラハウスは。2022年5月19日から22日に公演したクリストフ・ヴィリバルト・グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」をストリーム配信することになりました。
演出には振付家・ダンサー・演出家の勅使川原三郎、指揮は新時代にバロック奏者で指揮者の鈴木優人が当たります。

  • 【指 揮】鈴木優人
  • 【演出・振付・美術・衣裳・照明】勅使川原三郎
  • 【アーティスティックコラボレーター】佐東利穂子
  • 【舞台監督】髙橋尚史

  • 【エウリディーチェ】ヴァルダ・ウィルソン
  • 【オルフェオ】ローレンス・ザッゾ
  • 【アモーレ】三宅理恵

  • 【合唱指揮】冨平恭平
  • 【合 唱】新国立劇場合唱団
  • 【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
    •  

1時間半ばかりの短いオペラですが、フルートのソロで有名な「精霊の踊り」やアリア「エウリディーチェを失って」など聞きどころ満載。

新国立劇場 グルック「オルフェオとエウリディーチェ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください