3月15日(日)

「UKオペラ」CinemaというMETライブビューイングの英国版で、今日は、グラインドボーン音楽祭の
「ジュリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー)」を川崎シネマズ109で見てきました。

グラインドボーンオペラハウス:ロンドンから車で1時間くらい南にあるオペラハウス
contact_us.jpg

田園に囲まれたオペラハウスで、休憩時間には食事を楽しみながら、またオペラを楽しむ贅沢な場所です。

3009347_003.jpg

ヘンデル/歌劇「ジュリオ・チェーザレ」全3幕
                ジュリオ・チェーザレ/サラ・コノリー
セスト/アンゲリカ・キルヒシュラーガー
クレオパトラ/ダニエル・デ・ニース
コルネリア/パトリシア・バードン
アキッラ/クリストファー・モールトマン
トロメーオ/クリストフ・デュモー
二レーノ/ラシド・ベン・アブデスラム
クーリオ/アレグザンダー・アシュワース
指揮/ウィリアム・クリスティ
管弦楽/エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団
合唱/グラインドボーン合唱団
演出/デイヴィッド・マグヴィカー
4時間近くのバロックオペラなのに退屈をすることがない 面白い!面白い!
クレオパトラ役のダニエル・デ・ニースは、METオペラ グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」エウリディーチェ役で出ていましたが、今度の方がず~っと面白い! 2005年のこの時点で25歳。

danni_3,jpg

ダニエル・デ・ニースは、歌も上手いのですがセクシーで踊りが上手い。

danni_6.jpg

シーザー役のサラ・コノリー 現在ヘンデルを歌わせたらベストと言われる人。

cesare_2.jpg

danni_2.jpg

sarah_danni.jpg

バロックオペラですから何度も同じ曲と歌詞が出てくるのですが、、デヴィッド・マクヴィガーという若い演出家によって全く違った世界が現われる。あとパトリシア・バートンが威厳のあるコルネリアを、クリストフ・デュモーが意地の悪いトロメーオを演じ、 アンゲリカ・キルヒシュラーガーは、セスト役で登場です。先ず見て聴いてみてください。
109シネマズ川崎で3月20日まで11:00~
観られない人には、DVDが出ています。

2006年サウス・バンク・ショー最優秀オペラ賞
2006年クラシックFMグラモフォンオペラ部門最優秀賞
BBCミュージック・マガジン2007年年間最優秀DVD審査員賞 受賞

ダニエル・デ・ニースのHP : http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/danielle_de_niese/

ヘンデルのオペラ『ジュリオ・チェーザレ』は面白い!
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “ヘンデルのオペラ『ジュリオ・チェーザレ』は面白い!

  • 2009年3月22日 at 9:37 AM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 65215c0bb9ae483e06b34cbd56eff5f6
    結局DVD鑑賞になりそうです。
    映画館で長時間は辛いですから。
    それにしてもキャストが皆、魅力的ですね。

    Reply
  • 2009年3月22日 at 10:32 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    comment
    昨日、DVDが届きました。
    たくさんプレミアムが付いていて、舞台裏が良く判ります。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください