9月20日(日)

渋谷TOEIで映画「黒衣の刺客」を見てきました。

黒衣の刺客

第68回カンヌ国際映画祭≪監督賞≫受賞の作品です。

監督・候孝賢(ホウ・シャオシェン)

スー・チー
チャン・チェン
妻夫木 聡
忽那 汐里
シュー・ファンイー

リー・ピンビンのカメラワークが見たかったので行ってきました。
日本の京都、奈良、兵庫などでも撮影されたようです。
絹の衣装が何とも艶があって美しかった。

ストーリーは、女道士に刺客として育てられた隠娘(スー・チー)、
標的は、かつての許嫁であった田季安(チャン・チェン)、
ある日、窮地を日本人遣唐使(妻夫木聡)に助けられ、
人間らしさを取り戻してゆくというもの。

ナレーションがあって、役者の言葉がとても少ないので、
リー・ピンビンのカメラワークと、リー・チャンの荘厳な音楽を
たっぷり堪能することが出来ました。

今、中国の評判があまりよくないので、残念ながらお客は少なかったようです。
帰りは、ヒカリエに寄って、ジョエル・ロブションのパン、栗のカンパーニュを買って帰りました。

 

映画・黒衣の刺客
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “映画・黒衣の刺客

  • 2015年10月2日 at 6:14 PM
    Permalink

    面白そうな映画ですね。
    こちらではやってないわ~。残念!

    Reply
  • 2015年10月2日 at 11:42 PM
    Permalink

    カメラワークがいいということで見てきました。
    今度の東京では、モネ展もやっているしいろいろ忙しいわね!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください