10月8日(月)

20018年10月7日に札幌文化芸術劇場 hitaru が誕生し、そのこけら落とし公演に行って来ました。
イタリア・オペラの巨匠ヴェルディの不朽の名作「アイーダ」を、若きイタリア人指揮者アンドレア・バッティストーニの指揮、8日のタイトルロールは木下美穂子さんです。

ヴェルディ/歌劇「アイーダ」
アイーダ/木下美穂子
ラダメス/城宏憲
アムネリス/サーニャ・アナスタシア
アモナズロ/上江隼人
ランフィス/斉木健詞
国王/清水那由太
巫女/松井敦子
伝令/菅野敦
バレエ/名越真夕、春風まこ、高橋滋生、永野亮比己
合唱/二期会合唱団、札幌文化芸術劇場アイーダ合唱団
管弦楽/札幌交響楽団
指揮/アンドレア・バッティストーニ
演出/ジュリオ・チャバッティ

今回は、グランドオペラ共同制作という形で、神奈川県民ホール、兵庫県立芸術文化センター、iichiko総合文化センター、東京二期会、札幌交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団との共同制作となっています。

歌手はA・Bに分かれ私達は札幌2日目のB組ということです。A組は、アイーダがモニカ・ザネッティン、ラダメスが福井敬、アムネリスが清水華澄という共に豪華キャストです。
そして札幌文化芸術劇場は、下の写真にあるように、時計台の隣、テレビ塔の見えるNHKホールの向かい側にそびえ立っています。

このホール、2階のR席で聴いたんですが歌手の声がストレイトに響いてすばらしい音響です。タイトルロールであるアイーダ役の木下美穂子さんの表現力のある声がよく聴き取れたし、ラダメス役の西村悟さんが体調不良で変更になった城宏憲さん、かなりいいテノールだったような気がします。アムネリス役のサーニャ・アナスタシアさんもアムネリスにぴったりの声でしたね。

そしてバッティストーニは最高です。ヴェローナ生まれで、小さい時からアイーダを聴いて見て育っているので、身体の中から湧いてくるようなテンポ感のアイーダでした。

演出はローマ歌劇場との提携公演でマウリツィオ・デイ・マッティアの演出にチャバッティが手を加え、極めてオーソドックスな演出となっています。

カーテンコールは何度もそして熱い〝ブラーヴォ!〟も素敵でした。

なお、神奈川公演は、神奈川県民大ホール 2018年10月20日(土)14:00 A組、21日(日)14:00 B組

兵庫公演は、兵庫県立芸術文化センター 2018年10月24日(水)18:30 A組
大分公演は、iichiko総合文化センター 2018年10月28日(日)13:00 B組

指揮は全てバッティストーニ様ですよ〜〜。

 

札幌文化芸術劇場 杮落とし公演 バッティストーニ「アイーダ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です