7月25日(木)

庭園美術館のレストランの次は、朝香宮邸に入ってみましょう。(画面を押すと2倍のサイズになります。)

正面玄関のガラスレリーフ扉はフランスのガラス工芸家ルネ・ラリックの作品です。朝香宮邸のために新たにデザインされた一点もので、翼を広げる女性像は、ラリックの作品の中でも貴重な作品。

 

暖炉の上の鏡から大広間を写す。

 

次の間は、白磁の「香水塔」、モザイクの床、黒漆の柱、朱色の人造石の壁、そしてガラス窓から広がる庭園の緑、これらが織りなす色彩のハーモニーは、大広間の落ち着いた色調とは対照的にアール・デコ特有の華やかな空間を形成しています。

大客室は、アール・デコの粋が集められている。
大客室の扉は、マックス・アングランの銀引きフロスト仕上げのエッチング・ガラスを嵌め込んである。

大客室のシャンデリアは、ルネ・ラリックの制作。

小食堂は、和の要素が取り入れられている。

大食堂は、南に庭園を望み、大きく円形を描く張出し窓は、開放的な独特の空間を形作っています。

暖炉の上の壁画は、アンリ・ラパンの作で、赤いパーゴラ(蔓棚)と泉が油彩で描かれています。

 

1年に1回の庭園美術館朝香宮邸展覧会は、「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる人々」として 7月20日〜9月23日までやっています。
見どころ満載です、夏休みの間お子様とともにいかがでしょうか?

庭園美術館の朝香宮邸
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください