やっと少しは涼しくなってきたかしらと思われる東京ですが,ウィーンではオペラの新シーズンが始まり、9月7日には「椿姫」9月12日には「ドン・カルロ」が始まりました。
今日はOTTAVA TVのチケットの料金のお話。我が家は、2019-2020シーズンの公演48本を全部見ることができる「シーズンチケット2019-2020」なので1本585円で見ることができます。

さて、「ドン・カルロ」ですが、全体にレンブラントの絵画のように美しい舞台となっています。照明の光と影が効果的なんでしょうか。配役は、

フィリッポⅡ世/ルネ・パーペ Rene Pape
ドン・カルロ/ファビオ・サルトーリ Fabio Sartori
ロドリーゴ/サイモン・キーンリーサイド Simon Keenlyside
大審問官/ドミトリー・ウリヤノフ Dmitry Ulyanov
エリザベッタ/ディナラ・アリエヴァ Dinara Alieva
エボリ公女/エレーナ・ツィトコーワ Elena Zhidkova
修道士・カルロ5世/パク・ジョンミン Jongmin Park
テオバルド/マルガリータ・グリツコヴァ Margarita Gritskova
アレンブルゴ伯爵夫人(黙役)/エリザベス・ぺルツ Elizabeth Pelz
レルマ伯爵・王室の布告者/シャホウ・ジンシュ Jinxu Xiahou
天からの声/ディアナ・ヌルムカメトヴァ Diana Nurmukhametova
指揮/ジョナサン・ダーリントン Jonathan Darlington
演出/ダニエレ・アバド Danieie Abbado
舞台構想/グラツィアーノ・グレゴーリ Graziano Gregori
舞台監督/アンジェロ・リンツァラタ Angelo Linzalata
衣裳/カーラ・テーティ Carla Teti
照明/アレッサンドロ・カルレッティ Alessandro Carletti
演出助手/ボリス・ステトカ Boris Stetka
振付/シモーナ・ブッチ Simona Bucci

「ドン・カルロ」は、スペイン王子カルロ(ファビオ・サルトーリ)とフランスの王女エリザベッタ(ディナラ・アリエヴァ)の悲恋を基にした物語です。父のフィリッポ2世(ルネ・ペーパ)の妻になったエリザベッタと、宮廷一の美女と言われたエボリ公女(エレーナ・ツィトコーワ)とのカルロに対する愛と嫉妬の複雑な感情を「ヴェールの歌」「呪わしき美貌」で歌う。

ウィーン国立歌劇場公演 ヴェルディ「ドン・カルロ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください