11月1日(金)

桂冠指揮者兼芸術顧問のラザレフが刻むロシアの魂 SeasonⅣグラズノフ5は、グラズノフの交響曲第6番とストラヴィンスキーの「火の鳥」です。

グラズノフ/交響曲第6番ハ短調作品58
     ~休憩~
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「火の鳥」全曲
 指揮/アレクサンドル・ラザレフ
 コンサートマスター/扇谷泰朋
 ソロ・チェロ/辻本玲

アレクサンドル・グラズノフ(1865-1936)の交響曲の中で唯一の短調作品で完成は1896年、初演は翌2月、サンクトペテルブルグにて。

次は、ストラヴィンスキー(1882-1971)のバレエ音楽「火の鳥」、舞台プロデューサーのディアギレフに頼まれ、ロシアの御伽噺「火の鳥」を基に作ったバレー音楽で、1910年5月完成、初演は翌25日、カスチェイの魔法にかかった庭でイワン王子に捕らえられた「火の鳥」は羽1枚と引き換えに自分を解放するようにたのみ、羽には不思議な力が宿ると言って行く。イワン王子はその羽で魔法にかけられた13人の王女を助け、石に変えられた自分自身も「火の鳥」の踊りに助けられる。
サントリーホールのP席右、左と中央3箇所にトランペットが陣取り、壇上左にハープが3台とっても目立ちます。高速スピードで一気に駆け抜ける「火の鳥」でした。

 

ラザレフ「火の鳥」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください