ウィーン国立歌劇場10月最後は、ジュール・マスネ(1842-1912)の「ウェルテル」フランス語の公演です。OTTAVA TVのライブストリーミングで11月1日から3日まで放映されます。この作品はゲーテの「若きウェルテルの悩み」を原作としている、ゲーテ自身の体験談でシャルロットも実在する人物です。

ウェルテル/ヴィットーリオ・グリゴーロ Vittorio Grigolo
アルベール/アドリアン・エレート Adrian Erod
シャルロット/エレーナ・マクシモワ Elena Maximova
ソフィー/イレアナ・トンカ Ileana Tonka
大法官/ハンス・ペーター・カンマラー Hans Peter Kammerer
シュミット/ベネディクト・コーベル Benedikt Kobel
ジョアン/アイク・マルティロッシアン Ayk Martirossian
指揮/フレデリック・シャスラン Frederic Chaslin
演出/アンドレイ・セルバン Andrei Serban
舞台/ペーター・パブスト Peter Pabst
衣装助手/ペトラ・ラインハルト Petra Reinhardt

舞台は1780年代のドイツの田舎町、詩人のウェルテル(ヴィットーリオ・グリゴーロ)は、大法官の娘シャルロット(エレーナ・マクシモワ)に恋をする。
今回の舞台では、ゲーテの時代ではなくて1950年代に置き換えているのが特徴でブラウン管のテレビやカメラなどが出てきて、日本で言えば懐かしき昭和レトロの時代です。
3幕でウェルテルが歌う「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか」は、ウェルテル役のグリゴーロ、すごい迫力でした。グリゴーロ迫力ありすぎ!
純粋で優しいシャルロットのマクシモアは、2016年には日本の新国立で同じく「ウェルテル」のシャルロットを演じており、お馴染みになっています。
それからクリスマスを祝う子供たちの様子なども出てきて今の時期にぴったりのオペラですね。(ノエール!ノエール!ノエール!)

ウィーン国立歌劇場 マスネ「ウェルテル」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください