今日からお仕事の人も多いのかしら。
しろくまは、朝食を終えて片付いたら、パソコンのOTTAVA  TVライブストリーミングを開いてウィーンに出かけます。今日6日から8日までウィーン国立歌劇場、フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」を放映。グリム童話が元になっていて、妖精とかお菓子の家が出てくる海外ではクリスマスシーズンに大人も子供も楽しめる演目となっています。🍓🍇🍪
開始早々カラフルな舞台と懐かしい調べが聞こえてきますよ。

箒職人ペーター/ボアズ・ダニエル Boaz Daniel
ゲルトルード/ステファニー・ハウツィール Stephanie Houtzeel
ヘンゼル/マーガレット・プラマー Margaret Plummer
グレーテル/アンドレア・キャロル Andrea Carroll
人食い魔女/モニカ・ボヒネク Monika Bohinec
砂の妖精・露の妖精/イレアナ・トンカ Ileana Tonca
指揮/トマーシュ・ハヌス Tomas Hanus
演出/エードリアン・ノーブル Adrian Noble
舞台及び衣装デザイン/アンソニー・ワード Anthony Ward
照明/ジャン・カルマン Jean Kalman
振付/デニ・セイヤーズ Denni Sayers
映像/アンジェイ・グールディング Andrzej Goulding

序曲では、1890年頃のクリスマスのロンドン、ヴィクトリア朝の家族が幸せそうにリビングのクリスマス・ツリーの周りに集まっているという設定で始まります。物語も音楽ももう皆さんよく知っている通り、二人の兄妹が森で迷子になり魔女と戦い魔法にかけられていた子供たちも無事に家に帰る物語、〝ホークスポークス ニワトコの木・・・〟で魔法にかけれれてしまう。今回はお菓子の家がかなり小さく作られています。
初めから終わりまでウィーン国立歌劇場とフンパーディンクの音楽と舞台に引きつけられます、是非ご覧ください!

 

 

ウィーン国立歌劇場「ヘンゼルとグレーテル」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください