ウィーン国立歌劇場のアーカイヴは、ヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」(2018年5月13日公演)です。大人気の改訂版の台本を書いたアッリーゴ・ボーイトは、その後の「オテロ」「ファルスタッフ」の台本も手掛けている。このウィーンアーカイヴもこれから「オテロ」「ファルスタッフ」が出てきますのでお楽しみに!
シモンにトーマス・ハンプソンとアメーリアにマリーナ・レベカがいい味を出して涙が溢れます。ガブリエーレのフランチェスコ・メーリも張り切っていましたし、悪者パオロのオルハン・イルディスもいい声してますね。

シモン・ボッカネグラ/トーマス・ハンプソン Thomas Hampson
フィエスコ/ドミトリー・ベロッセルスキー Dmitry Belosselskiy
ガブリエーレ・アドルノ/フランチェスコ・メーリ Francesco Meli
アメーリア/マリーナ・レベカ Marina Rebeka
パオロ/オルハン・イルディス Orhan Yildiz
ピエトロ/ライアン・スピード・グリーン Ryan Speedo Green
射手隊長/カルロス・オスナ Carlos Osuna
侍女/リディア・ラスコルブ Lydia Rathkolb
指揮/エヴェリーノ・ピド Evelino Pido
演出/ペーター・シュタイン Peter Stein
舞台/シュテファン・マイヤー Stefan Mayer

11世紀中頃のジェノバ、海賊のシモン(トーマス・ハンプソン)は、平民派と貴族派が争う中、平民派として勝利し、ジェノバの総督になります。25年後、アメーリア(マリーナ・レベカ)が生き別れになったシモンの娘とわかると、シモンとフィエスコの娘マリアとの子供がアメーリアであり、アメーリアの恋人ガブリエーレとの結婚を許すことになる、シモンの腹心であるパオロもアメーリアとの結婚を望んでいたのだが叶わなくなり、シモンに毒を盛り、パオロは死刑に、シモンは死の間際に「ガブリエーレを次期総督に」とフィエスコに頼んで息を引き取る。
結構複雑なストーリーですが、ヴェルディの音楽がよく、どんどん引きつけられて行き、最後は涙・涙で終わります。

ウィーン国立歌劇場「シモン・ボッカネグラ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください