ウィーン国立歌劇場も一息ついて、今はふらふら音楽界を彷徨っています。
ロンドンに行ったり、ニューヨークへ行ったり、サンフランシスコに行ったり(もちろんパソコン上ですが)

ところで、若きデヴィッド・ボウイとクイーンで共作共演した 〝Under Pressure〟(1981年リリース) は、低音がボウイ・高音がフレディ担当。一度聞いたら忘れられなくなる曲ですね!

そしてもう一つ、若きジャスティン・ビビアン・ボンドとミシェル・カヴァディアスの 〝Under Pressure〟です。

Pressure pushing down on me
Pressing down on you,
no man ask for

プレッシャーが俺にのしかかる
おまえにも のしかかる
誰も求めてやしないのに

Under pressure
that burns a building down
Splits a family in two
Puts people on streets

プレッシャーの元で
建物は焼き払われ
家族を二つに引き裂かれ
人々は路頭に迷うんだ

It’s the terror of knowing
What this world is about
Watching some good friends
Screaming,
“Let me out!”

知るってことは恐ろしい
この世の現実が何なのかをね
目にするんだ
親しい友達が泣き叫ぶのを
“ここから出してくれ!”と
 
Pray Tomorrow
gets me higher
Pressure on people
– people on streets

明日に祈ろう
僕を高みに引きあげてくれよ
人々にはプレッシャーが
…路上の人々の上に

Chippin’ around,
kick my brains ‘round the floor
These are the days
– it never rains but it pours

ぶらついて時間を費やして
床にのたうちまわり
頭が痛くなるほど考えたんだ
いつだってこんな日ばかり
…悪いことは重なるんだ
 
つづく

なんて歌詞がついているんです。
深い〜〜ですね!
Under Pressure
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください