7月10日(金)

コロナ後初の日本フィル定期演奏会は、感動!感動!の広上指揮によるブラームス一番です。広上ファンの私たちにとって、コロナ後初の生の演奏会が広上だったことは本当にハッピーな出来事でした。

バッハ/ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調BWV1048
ブラームス/交響曲第1番ハ短調作品68
 指揮/広上淳一
 コンサートマスター/扇谷泰朋

7時からの開演でしたが、ソーシャルディスタンスの関係から1時間前から開場。
11人の日本フィルの精鋭たちによるバッハ、ブランデンブルグ協奏曲3番は、一瞬、神が降りて来ているんではないかしらと思える演奏でした。
そして、休憩なしでブラームス一番へと進みます。重厚で、しかもメリハリの効いた素晴らしい演奏です。
2楽章オーボエの聞き惚れるような杉原のソロ、それにつづくフルートの真鍋、第2フルートの難波の3人が並ぶと。美女3人トリオが舞台を引き締めます。
扇谷コンサートマスターのソロもよかったですね! 叩きつけるようなティンパニーのエリックも凄い!
新人のヴィオラ奏者David Mason(デイヴィッド・メイソン)とおっとりとした児仁井かおりが新鮮です。

これからの日本フィルが楽しみな今回の定期演奏会でした。

演奏会が終わった後も静かなサントリーホールです。

コロナ後初の日本フィル第722回定期演奏会
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください