新型コロナウィルスの蔓延によってどこのオペラ劇場も閉鎖されていましたが、9月12日ミラノスカラ座はヴェルディ「レクイエム」を公演することになり、ライブストリーミングでも放映してくれるというので早速チケットを購入しました。
世界最大級のゴシック建築のミラノ大聖堂にふさわしいこのコンサートは、新型コロナウィルスの犠牲者に捧げられます。そしてこのライブストリーミングは9月12日から9月20日まで視聴することができます。

 

クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)
エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)
フランチェスコ・メーリ(テノール)
ルネ・パーペ(バス)
指揮:リッカルド・シャイー
ミラノ・スカラ座管弦楽団
ミラノ・スカラ座合唱団(合唱指導:ブルーノ・カゾーニ)


会場前にはマッダレッラ イタリア大統領、ジュゼッペ・サラ ミラノ市長の姿が見られます。サラ市長は皆さんを出迎えていました。
ミラノ大聖堂には行ったことがないのですが、イタリア国営放送の鮮明な画像のおかげで、まるでその場にいるような荘厳な雰囲気に包まれたヴェルディ「レクイエム」、「怒りの日」は凄みがありましたね。
マエストロは「このコンサートは大聖堂の大司教との対話から、その後スカラ座の最高責任者ドミニク・マイヤー氏から賛同を得ることができた」と語っていました。
リベラ・メ「我を救い給え」という歌詞が、明るい未来への希望を象徴するとも。
最高のステージで最高の演奏者と最高の歌手の演奏はコロナを乗り越えて行く大きな力になると信じています。

 

演奏後マッダレッライタリア大統領とシャイー
ミラノ・スカラ座 大聖堂から ヴェルディ「レクイエム」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください