4月19日(土)

今日は、東京海上時代の友達と銀座へランチに出掛けました。
銀座三越で、先日の筍のお礼・たねやで本生水羊羹を送り、スペイン料理の店「びいどろ」に行く。
銀座 023-1      銀座 024      銀座 026
現在FP(ファイナンシャル・プランナー)として活躍している人などからいろいろ悩みを聞いて、じゃあショッピングしましょうよと言うことになって、
シャンハイ・タンに行ってあれこれ見て回った。
お茶を飲んでそのまま横浜へ、
午後6時から日本フィル横浜定期@みなとみらいホールです。


インキネン          モンラー3
   ピエターリ・インキネン               ホアン・モンラ
        曲目
     
シベリウス/交響詩「エン・サガ」
   サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番
         ~休憩~
   チャイコフスキー/交響曲第4番
   指揮/ピエターリ・インキネン
   ヴァイオリン/ホアン・モンラ
   コンサートマスター/江口有香    
ピエターリ・インキネンもホアン・モンラも有名じゃないので、空席が目立ちます。
主人とは直接席で落ち合い、シベリウスの「エン・サガ」が始まって、えっ、この曲知らない!
何?何? と言う感じでした。後程
「エン・サガ」は、スエーデン語で「ある伝説」と言う意味だと判明。

指揮者のピエターリ・インキネンはフィンランド生まれ、弱冠27歳です。うちの息子と同じくらい。
素晴らしい指揮ぶりです。
サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲のホアン・モンラ君もインキネンと同じくらいの年です。
1980年中国・上海生まれ、パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールで優勝した史上3人目のアジア人。
今日は 上海(シャンハイ)デイなのかな?
どうしよう!!インキネン君の落ち着いた指揮で、モンラ君サン=サーンス弾き切りました。
そしてアンコールは、パガニーニのネル・コル・ピウによる変奏曲。正しい曲名は、「パイジェルロの〝水車屋の娘〟の
〝わが心うつろになりて〟による変奏曲」で、とっても難しい曲です。両指のピチカートが続きます。
チャイコフスキーの第4交響曲もインキネン君の見事な指揮と、日フィルの熱演で、最高のものになりました。
インキネン君アンコールは、日本語で紹介してくれました。
・・・アンコールハ、シベリウスノ ヴァルストリスティスヲ エンソウシマス・・・
シベリウスの「悲しき円舞曲」です。素敵です!
インキネン君は、14歳から指揮台に立っており、ヴァイオリニストとしても有名で、現在ニュージーランド響の音楽監督を務めている。
信じられないですよね? 14歳から指揮者として指揮台に立って、27歳で音楽監督ですから。
彼らは二人共演奏はすごいのですが、 春の風のようにさわやかな雰囲気もあります。 291420
終演後は、桜木町駅前のビルの中の「月の雫」で、いつものメンバーで軽い夕食をし、インキネン君とモンラ君の話で持ちきりでした。
食後のデザートには、K嬢のケーキにクッキーも。
今日は、京都あたりにでも行ったような心地良い旅疲れの気分です。

銀座から横浜日本フィル定期演奏会
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “銀座から横浜日本フィル定期演奏会

  • 2008年4月21日 at 6:22 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ランチからコンサートそしてディナーと贅沢な一日だったのね!
    それにしても元気ねー!

    Reply
  • 2008年4月22日 at 4:09 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    土曜日は、こんな日が続きそうです。
    そろそろ山[絵文字:e-361]にでも行きたいですね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください