夢二の絵、「駅夫日記」口絵より 目黒村            「駅夫日記」口絵より プラットホーム
夢二52 夢二51
「駅夫日記」最後の最後に蛇窪村が出てきて面白い。
でもでも嘘のような本当の話は、これからなんですね!
読み返される人は、カテゴリーで、「小説」を押してください。
「駅夫日記」その6 高谷千代子の通っていた「窮行女学院」というのは今の「実践女子学園」、
「華族女学校」というのは今の「女子学習院中等部」、校長の望月貞子というのは、歌人で、校長の下田歌子。
作者は、本当にその少女に恋をしたらしい。
そして法学士と結婚することになった彼女に迷惑がかからない様にと、見たこともない高谷千代子と言う、同じ女学校を卒業した当時芸妓をしていた人の実名を書いた。
千代子と言う芸妓は、この小説のためにとんだ売れっ子になって、世間から騒がれた。
一方で、法学士と結婚した彼女は、あまり幸福ではなかったらしい。「駅夫日記」が単行本として世にでたころには、一人男の子がいたにもかかわらず、家出をして千代子の住んでいた所に逃げ込み、離婚が成立した頃に、芸妓として花柳界に出たと言う。
これ本当の話「新興文学全集」第9巻に作者自身が書いています。

あら まあ 大変!「駅夫日記」
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “あら まあ 大変!「駅夫日記」

  • 2008年6月10日 at 9:25 午前
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    素敵な傘ね!お気に入りの傘があると雨の日も楽しめるものね!素敵なレインシューズも欲しいわ!

    Reply
  • 2008年6月10日 at 7:21 午後
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    傘2本と、スポーツバッグあわせて3150円。
    如何?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください