2月21日(土)

名古屋フィルハーモニー交響楽団・第355回定期演奏会
《ツァラトゥストラ・シリーズ》
シューベルト/交響曲第7番ロ短調「未完成」
藤倉大(ふじくら・だい)/『アンペール』ピアノと管弦楽のための協奏曲
~休憩~
マーラー/交響曲第1番二長調「巨人」
指揮/ティエリー・フィッシャー
ピアノ/小川典子
コンサートマスター/植村太郎

355_fischer.jpg               355_ogawa.jpg               355_fujikura.jpg
ティエリーフィッシャー   小川典子      藤倉大

今回は、藤倉大の日本初演の作品を小川典子の演奏で聴くこと、そのために名古屋に出掛けました。
もちろん名古屋は、私の実家がありますので実家に寄ったり、『蓬莱軒のひつまぶし』も食べたいし、久し振りで『美濃忠の上り羊羹』も買いたいし、息子は、『地雷也の天むす』を買ってきて欲しいというので・・・ほとんど食べることですが・・・でも来てよかった。

藤倉大作の『アンぺール』、先ず目を見張るのは、ピアノのそばにある真っ赤なオモチャのピアノ、後に小川が自らオモチャのピアノで演奏するのですが、その次は、小川典子の真っ赤なドレスです。最後に現われた藤倉大も真っ赤なシャツを着ていました。3つのビビッドな赤で、観客はビックリ!それはあたかもひな祭りの緋毛せんのような色で、この曲の後の方で弾くオモチャのピアノの音色は、ぜんまい仕掛けの人形のような、オルゴールのような音でした。

小川は、11日のミューザでも菅野由弘の「光の粒子」~ピアノと南部鈴のための を初演しており、1ヶ月の間に2作品の初演をこなしている、凄いことですね。

意欲的な選曲で、名フィルに登場したティリー・フィッシャーさんは、チューリッヒ歌劇場で首席フルート奏者をしていたたそうです。 これからどんな作品を取り上げるのか楽しみです。

結局『蓬莱軒のひつまぶし』は食べられず、名古屋城の北の『ノルド・シャトウー』で、きしめんと、味噌カツ定食を食べた私たちでした。

名フィル・小川典子・藤倉大
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “名フィル・小川典子・藤倉大

  • 2009年3月3日 at 11:06 AM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 65215c0bb9ae483e06b34cbd56eff5f6
    私は蓬莱軒のひつまぶしをいただきましたよ。
    名物に旨いものナシと申しますが、これは数少ない例外。
    ここを教えてくださり、ありがとうございました。
    「アンペール」は作品もよければ、演奏も見事でした。
    次は「芥川作曲賞」の選考演奏会で聴けることを願うのみです。

    Reply
  • 2009年3月3日 at 10:51 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本当は、蓬莱軒のひつまぶし食べてないんです。[絵文字:v-406]
    今度こそ・・・ですね!
    「アンペール」は、天才同士が戯れている感じがしました。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です