1月11日(金)
1月9日にNHKBSプレミアムで放送されたアガサ・クリスティーの「ポケットにライ麦を」は、
殺された3人がマザー・グースの歌詞になぞらえている。
ミス・マープルが解き明かす、犯人は意外な人物でしたね!
p01.jpg
そのマザーグースは「六ペンスのうた」

王様に出すパイの中には24 羽の黒い鳥を焼きこんで
パイを開けると鳥が歌い出すの
王様は蔵でお金を数え、女王は優雅に蜂蜜パン
女中が庭で洗濯物を干していると黒い鳥が飛んできて鼻をついばんだ

Sing a song of sixpence, A pocket full of rye;
Four and twenty blackbirds, Baked in a pie.

When the pie was opened, The birds began to sing;
Was not that a dainty dish, To set before the king ?

The king was in his counting-house, Counting out his money;
The queen was in the parlour, Eating bread and honey.

The maid was in the garden, Hanging out the clothes,
There came a little blackbird, And snapped off her nose.

 

アガサ・クリスティー「ポケットにライ麦を」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください