7月19日(土)
パガニーニ
友達と映画「パガニーニ」観てきました。このごろでは珍しい満員御礼です。
副題が、「愛と狂気のヴァイオリニスト」で、パガニーニ役のデヴィッド・ギャレットのスタイルと超絶技巧が見どころ聴きどころ。
監督は、「アンナ・カレーニナ」「不滅の恋ベートーヴェン」を作ったバーナード・ローズ。
またシャーロット(アンドレア・デック)の歌うアリア(ヴァイオリン協奏曲第4番から2楽章)は、
もともと歌はついていないのですが、美しくて切ない曲です。
ちなみに映画の中に出てきた曲は、公式サイトの中に書いてありました。
以下の通りです。
パガニーニ:
24のカプリース Op.1/MS 25~
第4番、第5番、第9番、第13番、第14番、第19番、第24番
ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op.6/MS 21~第1楽章、第2楽章
ヴァイオリン協奏曲第2番 ロ短調 Op.7/MS 48~第3楽章「ラ・カンパネルラ」
ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ短調 MS 60~第2楽章
《うつろな心》による序奏と変奏曲 ト長調 Op.38/MS 44
モーゼ幻想曲 Op.24/MS 23
ヴェニスの謝肉祭 Op.10/MS 59
英国国歌《ゴッド・セイヴ・ザ・キング》による変奏曲 Op.9/MS 56>
ヴァイオリンとギターのためのソナタ Op.3/MS 27~ 第12番
アリア「あなたを想っているわ、愛しい人よ」(ヴァイオリン協奏曲第4番~第2楽章)
シューベルト:魔王 Op.1/D328
糸を紡ぐグレートヒェン Op.2/D118
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲Op.43~第18変奏
スカルラッティ:ソナタヘ短調K.466/L.118/P.501
ロッシーニ:
オペラ《チェネレントラ》~アリア「悲しみと涙のうちに生まれて」
ペツォールト(伝バッハ):
メヌエット ト長調 BWV Anh.114

映画「パガニーニ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください