1月11日(月)

京都・東山の岡崎公園の中にあった京都会館が〝ロームシアター京都〟となってリニューアルオープンしました。
1月11日は成人式と重なり、向かいの「みやこめっせ」は振り袖姿の成人で溢れんばかり。
ベートーヴェンの「フィデリオ」は、オープンニングにふさわしい曲で、最後は歓喜の合唱で終わる。

 

ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」(セミステージ形式)
レオノーレ(フィデリオ)/木下美穂子
フロレスタン/小原啓楼
ドン・ピツァロ/小森輝彦
ドン・フェルナンド/黒田博
マルツェリーネ/石橋栄実
ロッコ/久保和範
ヤキーノ/糸賀修平
演劇/地点(阿部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平)
管弦楽/京都市交響楽団
指揮/下野竜也
合唱/京響コーラス、京都市少年合唱団
演出/三浦基

psローム 177-002

 

psローム 175-001

 

psローム 182-003

京響客演常任指揮者の下野竜也さん、力強い指揮で引っ張ってゆきます。
世界的に活躍されている木下美穂子さんのレオノーレ(フィデリオ)など、感動のフィナーレには、観客から大歓声が上がりました。
するとオーケストラメンバーや歌手たちが涙をあふれさせて顔がもうぐちゃぐちゃではありませんか。知り合いと一緒に楽屋に駆けつけた写真が上の一枚です。

 

 

ロームシアター京都で「フィデリオ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です