ケルンの大聖堂の中のステンドグラスで、ひときわ鮮やかなステンドグラスがあります。
バイエルン王ルードヴィッヒ1世(1789-1868)が贈ったという5つのステンドグラス、
「バイエルン窓」は、地上から写した画像をフォトショップで加工すると、下のようになります。
なお画面を押すと拡大します。

 

バイエルンの窓

 

右から
洗礼者ヨハネ
東方三博士の礼拝
キリスト哀悼/ピエタ
聖霊降臨
聖ステファノの殉教

 

1枚だけ取り出すとこんな感じです。 (キリストの哀悼/ピエタ)

ゼーリゲン 097

十字架から降ろされたキリストの遺体を聖母マリアが膝の上に載せて、わが子の死を悲しむ図です。

こんな美術品がごろごろしているヨーロッパは、観光も大変!

バイエルン窓
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “バイエルン窓

  • 2016年7月27日 at 11:42 午前
    Permalink

    息子達がドイツに住んでいるときケルンの大聖堂に行きました。
    ただただ圧倒されたわ~。
    ドイツの町並みは本当に絵になりますよね!!

    Reply
  • 2016年7月27日 at 5:28 午後
    Permalink

    そうそう、息子さん、ドイツに住んでましたよね!
    どの町だったのかしら、今度聞かせてね。
    10月には、是非とも、是非とも、お会いしなくっちゃ。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください