6月27日

6月26日~ドイツに来ています。
27日はフランクフルト~ケルン~リンブルグ ツアーです。
ケルンって、オーデコロン発祥の地だそうですね!
1792年に生まれた「4711」という名前のオーデコロンが有名ですが、
元祖というべき、ケルンの水は、1709年にヨハン・マリア・ファリナというイタリアの調香師が
開発した香水だったのです。

これがファリナ・ハウス

psゼーリゲン 130-001

 

『ふと目覚めると明け方に雨が降ったようだった。余計な埃は雨によって地に沈められ、その浄化された空気にオレンジの花の香りが横切る。この香りは、頭の中まで雨上がりの澄んだ空気で包み込む』
この瞬間を小瓶に閉じ込めることに初めて成功した男が18世紀、ケルンにいた。その男の名はヨハン・マリーナ・ファリナ。イタリアの香りを専門に扱う家系に生まれ、彼の生み出した香りは、『オーデコロン/Eau de Cologne』という名前とともに、瞬く間に世界に広がっていくことになる。

顧客リストには、ナポレオン、ベートーヴェン、モーツアルト、森鴎外、ダイアナ妃、ビル・クリントン等々、
日本では、1874年に宮内庁御用達に、

チューリップの花は当時は高価で贅沢のシンボルだった。

1階が売店になっていて、

psゼーリゲン 126-001

天井が鏡になった豪華な造り

ゼーリゲン 127

ピンクのシャツはグリーンラインというツアーのコンダクターです。

「ファリナのケルンの水」は、こんなんです。

ケルン 002

とってもお安くって、さわやかないい香りがしますよ!

ケルンの水(オーデコロン)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください