ウィーン国立歌劇場ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」がライブストリーミングで2月5日から7日まで放映されました。水の精のルサルカが人間の王子に恋してしまう物語で有名なアリア「月に寄せる歌」は皆さんもよく聴いて知っていることと思います。そしてドヴォルザークなのでチェコ語のオペラです。

ルサルカ/オルガ・ベスメルトナ Olga Bezsmertna
外国の王女/エレーナ・ツィトコーワ Elena Zhidkova
王子/ピョートル・べチャラ Piotr Beczala
水の精ヴォドニク/パク・ヨンミン Jongmin Park
イェジババ(魔女)/モニカ・ボヒネック Monika Bohinec
森番/ガブリエル・ベルムデツ Gabriel Bermudez
皿洗い(料理人の少年)/レーチェル・フレンケル Rachel Frenkel
第一の森の精/ディアナ・ヌルムカメトヴァ Diana Nurmukhametova
第二の森の精/シルヴィア・ヴェレシュ Szilvia Voros
第三の森の精/マーガレット・プランマー Margaret Plummer
狩人の声/ラファエル・フィンガーロス Rafael Fingerlos
指揮/トマーシュ・ハヌス Tomas Hanus
演出/スヴェン=エリック・べヒトルフ Sven-Eric Bechtolf
舞台/ロルフ・グリッテンベルク Rolf Glittenberg
衣装/マリアンヌ・グリッテンベルク Marianne Glittenberg
照明/ユルゲン・ホフマン Juますrgen Hoffmann
振付/ルカ・ゴーダーナク Lukas Gaudernak

王子に恋してしまったルサルカは魔女から人間になる代わりに声を差し出しなさいと言われます。口のきけない水の精「ルサルカ」役のオルガ・ベスメルトナはウクライナ生まれの37歳で伸び盛り、王子役のピョートル・べチャラも前回の「ローエングリン」など国際的に活躍しているポーランド生まれのテナーで、やはり魔女役は、スロベニア生まれのモニカ・ボヒネック「ヘンゼルとグレーテル」や「ペルシネット」の魔女役でおなじみ大活躍ですね!美人の王女も現れるんですが、王子はルサルカのことが忘れられなくて、結局は王子もルサルカも死んでしまうんです。

 

 

ウィーン国立歌劇場「ルサルカ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください