ウィーン国立歌劇場のライブストリーミングは、モーツァルト週間の第2弾「魔笛」です。(2017年12月29日公演)5月25日02:00〜5月27日02:00まで放映されます。ウィーンではクリスマスも終わり、ゆったりと寛いでいる12月29日の公演で観客たちも楽しみながら魔法の世界に浸ってるようでした。

タミーノ/イエルク・シュナイダー Jorg Schneider
パミーナ/オルガ・ベズメルトナ Olga Bezsmertna
夜の女王/ヒラ・ファヒマ Hila Fahima
ザラストロ/ルネ・パーペ Rene Pape
パパゲーノ/トーマス・タッツル Thomas Tatzl
パパゲーナ/イレアナ・トンカ Ileana Tonca
弁者・第2司祭/ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher
第1司祭/ペーター・イェロジッツ Peter Jelosits
第1の侍女/カロリーネ・ウェンボーン Caroline Wenborne
第2の侍女/ウルリケ・ヘルツェル Ulrike Helzel
第3の侍女/ボンジヴェ・ナカニ Bongiwe Nakani
モノスタトス/ベネディクト・コーベル Benedikt Kobel
第1の兵士/ヘルベルト・リッパート Herbert Lippert
第2の兵士/ライアン・スピード・グリーン Ryan Speedo Green
指揮/アダム・フィッシャー Adam Fischer
演出/モーシェ・ライザー&パトリス・コリアー Moshe Leiser, Patrice Caurier
舞台/クリスチャン・フェノイヤ Christian Fenouillat
衣装/アゴスティーノ・カヴァルカ Agostino Cavalca
照明/クリストフ・フォレー Christophe Forey
振付/ベアーテ・フォラック Beate Vollack

皆様がよくご存知の「魔笛」、ウィーン国立歌劇場の錚々たるたるメンバーが揃って出演しています。ルネ・パーペのザラストロは存在感がありましたし、トマス・タッツルのパパゲーノも鳩の使い方がとってもうまかった。ヒラ・ファヒマの夜の女王、タミーノのイエルク・シュナイダー、パミーナのオルガ・ベズメルトナは「ペレアスとメリザンド」にも出演。タミーノの魔笛に合わせて 白熊・黒熊・サイ・大蛇・ダチョウ・ゴリラなどが踊り出してとっても楽しい一時でした。

ウィーン国立歌劇場「魔笛」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください