ウィーン国立歌劇場の紹介画面でポピュラーのビリー・ジョエルが出てきてびっくりしました。
ウィリアム・マーティン・ビリー・ジョエル(1949-)は、アメカのニューヨーク州サウス・ブロンクス出身のシンガーソングライター、歌手、ピアニスト、作曲家。
ジョエルのお父さんはユダヤ人のピアニストでお母さんも宝石商を営む家系のユダヤ人、ナチスから逃れるためにドイツからアメリカに亡命した。彼が20歳の時、再婚してウィーンに住んでいるお父さんに会いに行った時のことを懐かしく語っていました。彼自身もベートーヴェンの「悲愴」「田園」などをピアノで弾いて見せている。ジョエルの代表曲は「ピアノマン」「オネスティ」「ストレンジャー」「素顔のままで」など。

 

 

 

ビリー・ジョエル (Billy Joel)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください