12月31日(金)

どこのオペラハウスもコロナ以来公演中止を強いられることが多く、経営難に陥っているのですが、英国のグラインドボーン・フェスティバル・オペラは、ストリーミング配信のための有料プラットホームを立ち上げ、グラインドボーン・アンコールと名前をつけてこの12月1日から運用を始めています。

その中には、ウィーンで「ドン・ジョバンニ」を演出した奇才のバリー・コスキーの手がけたヘンデル「サウル」も含まれています。とんでもなく面白いオペラですので、皆様もインターネットを駆使して高音質、高画質のクラシックやオペラの世界に行ってみましょう。

それでは、皆様良いお年を!

 

 

グラインドボーン・アンコール
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください