オランダ国立オペラが「魔弾の射手」をライブストリーミングしましたが、同じくプッチーニの「トスカ」も無料ストリーミングをしています。
こちらも奇才で知られるバリー・コスキー演出となっており、「魔弾の射手」のキリル・セレブレンニコフも、「トスカ」のバリー・コスキーもユダヤ系ということになります。
2022年6月18日の公演で、2022年9月16日まで利用可能です。
指揮のロレンツォ・ヴィオッティと演出のバリー・コスキーは3年間のプッチーニ・サイクルを開始するそうです。
ROHで「カルメン」を演出し、ウィーンで「ドン・ジョバンニ」グラインドボーンで「サウル」を演出したバリー・コスキーの洗練された色彩と迫力は、今回は血塗られたサスペンスのようです。月刊音楽祭ZDFホームページから見ることができます。

トスカ:マリン・ビストレム
カヴァラドッシ:ジョシュア・ゲレーロ
スカルピア:ゲヴォルグ・ハコブヤン
アンジェロッティ:マルティン・サンダーズ
スポレッタ:ルーカス・ヴァン・リエロップ

指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
演出:バリー・コスキー
舞台装置:ルーファス・ディドヴィシュス
衣装:クラウス:ブルンス

コーラス:オランダ国立オペラ合唱団
オーケストラ:オランダフィルハーモニー管弦楽団

(歌に生き、愛に生き)で有名な「トスカ」はバリー・コスキーの演出で従来とは全く違った新しいオペラとなっています。
現代に置き換えられた「トスカ」は、洗練された演出ですが、より残酷で男の「嫉妬」が前面に出た演出で、スカルピア役のゲオルグ・ハコブヤンがなんとも憎々しげに描かれています。そして演奏が素晴らしい。そして、お酒のおつまみが日本のお刺身のようなもので、桜の一輪挿しも日本的!

また第1幕のフィナーレの教会内のテ・デウム(と独唱)は圧巻です。

背景の絵の中の合唱団の顔が動きながら歌い、オルガンの音と打楽器が爆音を鳴らす中、
嫉妬に狂ったスカルピアがカヴァラドッシを殺し、トスカを腕の中に抱くと誓う。

「トスカ」演出について

オーストラリア系ドイツ人の演出家 Barrie Kosky は、 Toscaを監督できることを非常に喜んでいます。この作品は、彼が少年時代に深く恋に落ちた最初のオペラでした。彼の指揮の下、オペラの暗い側面が前面に出てきます。魅力的なローマの教会、ざわめくベルベット、きらめく真珠のネックレスなどは期待しないでください。コスキーは、心理的なドラマとその血なまぐさい結末だけに集中しています。熱心なプッチーニ愛好家である首席指揮者ロレンツォ・ヴィオッティは、音楽的に「無糖」のトスカを提供します。彼はスコアの従来の解釈を振り払い、新鮮な視点でアプローチします。このプロダクションでは、ヴィオッティは「彼の」オランダ フィルハーモニー管弦楽団、オランダ国立オペラ合唱団、著名なソリストを率いています。

2017 年のサロメでのセンセーショナルなパフォーマンスに続き、スウェーデンのソプラノ歌手マリン ・ビストロムが DNO に戻り、トスカで主役を演じます。イタリアのレパートリーのスペシャリストであるメキシコ系アメリカ人のテノール、ジョシュア・ゲレロは、情熱的なアーティスト、マリオ・カヴァラドッシの激しい解釈を理解し、アルメニアのバリトン、ゲヴォルグ・ハコビャンは、エネルギッシュでありながら恐ろしいスカルピアを演じることを約束します。

プッチーニ「トスカ」
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください