2月7日(日)

鵠沼サロンコンサート350回記念コンサートは、
〝カウンターテナーのイェスタン・デイヴィス ダウランドを歌う〟です。

今年は、シェイクスピア没後400年(1564-1616)で、本国の英国でも中世物が盛んなようです。
今回の作曲も16世紀(ルネッサンス時代)のジョン・ダウランド、ロバート・ジョンソン、トマス・キャンピオン、ジョン・ダニエル、
詩もまたルネッサンス時代のもの、最初の・・あなたは見たか・・は、 ベン・ジョンソンの作詞だそうで、学生時代〝錬金術師〟を読んだ記憶があるので、懐かしく思い出されました。

テナー1 テナー2
イェスタン・デイヴィス(カウンターテナー) と トーマス・ダンフォード(リュート)

曲目
ロバート・ジョンソン/あなたは見たか、晴れやかに咲く百合を? Have you seen the bright lily grow?
トーマス・キャンピオン/あんな女どもに用はない I care not for these ladies
ロバート・ジョンソン/安らぎをもたらす眠りよ Care-charming-sleep
ジョン・ダウランド/前奏曲、夢、ファンシー(リュート・ソロ)
ジョン・ダウランド/見よ、この奇跡を Behold a wonder here
ジョン・ダウランド/流れよ、水晶のような涙よ Go Crystal Tears
ジョン・ダウランド/デンマーク王のガリヤード(リュート・ソロ)
ジョン・ダウランド/私の過ちを許してくれるか Can she excuse my wrongs
ジョン・ダウランド/暗闇に住まわせておくれ In darkness let me dwell
~休憩~
ジョン・ダウランド/戻っておいで、甘い夢 Come again sweet love
ジョン・ダウランド/流れよ、わが涙 Flow My Tears
ジョン・ダウランド/ダウランドはつねに悲しむ(リュート・ソロ)
ジョン・ダニエル/悲しげな音の響き Can doelful notes
トーマス・キャンピオン/雨風にもまれた船ほど Never weather beaten sail
ジョン・ダウランド/ラクリメ(リュート・ソロ)
ジョン・ダウランド/悲しみよ、とどまれ Sorrow stay, lend true repentant tears
ジョン・ダウランド/今こそ別れの時 Now O now I needs must part (リュート独奏「蛙のガリヤード」と共に)
カウンター・テナー/イェスティン・デイヴィス Iestyn Davies
リュート/トーマス・ダンフォード Thomas Dunford

 

イェスタン・デイヴィス も トーマス・ダンフォードも素晴らしい音楽的環境で育っていて、
イェスタン・デイヴィスは、現在、ロイヤル・オペラハウス、グラインドボーン等世界中のオペラハウスで引っ張りだこ、日本のようなカウンターテナーをあまり知らない国によく来てくれたなと不思議に思うくらい。
よく通るカウンターテナーの歌声とリュートに響きに酔いしれました。
こんな演奏会を勧めてくれた主催者の平井さんに感謝!感謝!です。

3月25日 午前5:00~NHK BSクラシック倶楽部で放送されます。
今回初めて詩の訳を付けて下さったので、予習をしながら3月25日の録画をして、楽しむつもり!

鵠沼でカウンターテナー
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください