ウィーン国立歌劇場は、ロックダウン中にもかかわらず無観客でライブストリーミングをしていますが、12月18日はリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」をライブで上演しました。今回の公演はオットー・シェンクの演出で、指揮はフィリップ・ジョルダン、そして最新の歌手陣で楽しむことができました。

 

マルシャリン/マルティナ・セラフィン Martina Serafin
オックス/ギュンター・グロイスベック Gunther Groissbock
オクタヴィアン/ダニエラ・シンドラム Daniela Sindram
ファニナル/ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher
ゾフィー/エリン・モーリー Erin Morley
マリアンネ/ レジーヌ・ハングラー Regine Hangler
ヴァルツァッキ/トーマス・エベンシュタイン Thomas Ebenstein
アンニーナ/ノア・ベイナルト Noa Beinart
警部/ヴォルフガング・バンクル Wolfgang Bankl
元帥夫人の執事/ヴォルフラム・イゴール・デルントル Wolfram Igor Derntl
ファニナル家の執事/ダニエル・イェンツ Daniel Jenz
公証人/マーカス・ペルツ Marcus Pelz
テノール歌手/ピョートル・べチャワ Piotr Beczala
料理屋の主人/イェルク・シュナイダー Jorg Schneider
指揮/フィリップ・ジョルダン Philippe Jordan
演出/オットー・シェンク Otto Schenk
舞台装置/ルドルフ・ハインリッヒ Rudolf Heinrich
衣装/エルニ・クニーパート Erni Kniepert

マルシャリンを歌ったマルティナ・セラフィンは、ウィーンの音楽家の家に生まれ、この3月にはウィーンで2015年5月31日に収録されたアーカイヴとして「ワルキューレ」のジーク・リンデ役で出演しています。ゾフィー役は、ウィーンでもMETでも大活躍のエリン・モリー、オクタヴィアン役は、ニュルンベルグ生まれのダニエラ・シンドラムで、数々の賞をもらっています。オックス男爵はギュンター・グロイスベック、METでも活躍している残念ながらこの役にはそぐわないとってもハンサムなバスです。そしてちょっとだけ出演するテノール歌手としては、有名なピョートル・ペチャワが歌っています。
この時期「ばらの騎士」が聴けるとは思ってもみないことでした。
あと年末には、「こうもり」が無観客で放映されるようですし、1月1日には「ニュー・イヤー・コンサート」がやはり無観客で、これはNHKでも放映されるようですので、ウィーン国立歌劇場のホームページに注目していてください。

ウィーン国立歌劇場 「ばらの騎士」(無観客)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください