ロッシーニ「ブルスキーノ氏」

ドイツの南西部にあるバート=ヴィルトバートは、イタリアのジョアキーノ・ロッシーニをテーマにしたオペラ・フェスティバルで賑わう。毎年ロッシーニのオペラを3作品前後上演している。メイン会場は18世紀に建てられた小さくも美しい

ブリテン「ピーター・グライムス」

ポーランド国立劇場は、ブリテンの「ピーター・グライムス」をyoutube 配信することになりました。ベンジャミン・ブリテン(1913−1976)といえば「真夏の夜の夢」「ねじの回転」などを作曲したイギリスの作曲家ですね。

パーセル「ディドとエネアス」

スペイン・バルセロナのリセウの大劇場でヘンリー・パーセルのバロックオペラ「ディドとエネアス」を今日からストリーミング配信します。ディドにウィーンでも大活躍のケイト・リンジーが、指揮は古楽器のパイオニアでバロックオペラの専

ドヴォルザーク「ルサルカ」

オランダ 国立歌劇場がドヴォルザークの「ルサルカ」をストリーミング放映しています。「人魚姫」にインスピレーションを受けて作られたおとぎ話ですが、今回は全く違った演出でとんでもなく面白い! 演奏はロイヤル・コンセルトヘボウ

ヴェルディ「ナブッコ」

ジュネーブ大劇場がヴェルディの「ナブッコ」をストリーム放映してくれています。旧約聖書の物語、「ナブッコ」は、1842年の初演以来大成功を納め、有名なヘブライ奴隷の合唱は今でも政治的な共鳴を呼んでいます。2022年のヴェネ

グレトリー「美女と野獣」「ゼミラ・エ・アゾール」

魔法のおとぎ話「美女と野獣」がベルギーの作曲家アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ(1741−1813)によってオペラコミック「ゼミラ・エ・アゾール」になり、1771年にフォンテーヌブローで、アリア、バレエ、レチタテ