インキネン・メンデルスゾーン イタリア特集

6月15日(金)

第701回 日本フィル東京定期演奏会は、インキネン指揮でメンデルスゾーン特集です。
先週は横浜定期でメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」、今回は交響曲「イタリア」を中心にイタリアをテーマにしてプログラムされています。

シューベルト/イタリア風序曲第2番ハ長調D.591
メンデルスゾーン/ピアノ協奏曲第2番ニ短調作品40
~休憩~
メンデルスゾーン/交響曲第4番イ長調作品90「イタリア」
指揮/ピエタリ・インキネン
ピアノ/サリーム・アシュカール Saleem Ashkar
コンサートマスター/扇谷泰朋
ソロ・チェロ/菊地知也

イタリア的といえば今年没後150年を迎えるロッシーニ(1792−1868)の影響を顕著に受けているシューベルト(1797−1828)の「イタリア風序曲」2番は、まるでロッシーニのアリアが聞こえてきそう。
メンデルスゾーン(1809−47)は、ハンブルグで生まれベルリンに育ちライプツィヒで活躍した。
そして1837年にピアノ協奏曲2番を書いた。ピアノはベヒシュタイン社製のコンサート・グランド、スタインウエイとは構造が違って最高音から最低音まで統一した音色が聞かれる。ピアニストがサリーム・アシュカール1976年生まれのイスラエル人で大きなベヒシュタインを弾きこなせる立派な体格をしている。アンコールは、シューマンの「トロイメライ」
最後はメンデルスゾーンの交響曲4番「イタリア」、イタリア旅行中に作曲が始められた。イタリア民族舞踊であるタランテラを思わせる沸き立つようなリズムが特徴です。
演奏後はインキネンのサイン会が行われ、何にでもサインしてもらえると「傘」にサインをしてもらった人がいました。

日本フィルは、2019年4月2日からインキネンとともにフィンランドを始めドイツ・オーストリア・英国の諸都市をめぐるヨーロッパ公演をします。ファンのツアーも準備中だそうです、楽しみですね!

クァルテット・エクセルシオ 第34回 東京定期演奏会

6月12日(火)

第34回 クァルテット・エクセルシオ 東京定期演奏会は、東京文化会館小ホールにて行われました。


今日の演奏会は赤で統一したエクセルシオのメンバー
(山田百子:ヴァイオリン  大友肇:チェロ  西野ゆか:ヴァイオリン  吉田有紀子:ヴィオラ)

 

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第6番変ロ長調作品18-6
モーツァルト/弦楽四重奏曲第15番ニ短調K.421
~休憩~
ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第12番ヘ長調作品96「アメリカ」

ベートーヴェン(1770−1827)の弦楽四重奏曲第6番は、1800年頃に書かれた作品で、最後の楽章「憂鬱に」と記されたアダージョからロンドの明るいドイツ舞曲に移り勢いよく終わる。
モーツァルト(1756−91)の弦楽四重奏曲第15番はハイドン・セット全6曲の中の2番目の曲。試演会で今のエクだから出来るモーツァルト、もっと取り上げて欲しいとエクフレンズからリクエストがありました。
最後はドヴォルザーク(1841−1904)の「アメリカ」思い入れたっぷりのエクの「アメリカ」でした。
アンコールは、ドヴォルザークの「糸杉」から第1曲「わかっているとも、甘い望みを持って」

今年結成25周年を迎えた、クァルテット・エクセルシオは皆様からアンケートをとって「エクだからできる!弦楽四重奏リクエストコンサート」をしようと企画しています。もう一度聴きたい曲を皆様から募集していますので演奏会のチラシをよくご覧ください。

インキネン・メンデルスゾーン特集

6月8日(金)

6月の日本フィル・横浜定期演奏会は通常の土曜日でなく8日(金)の7:00から開演で、ピエタリ・インキネンのオール・メンデルスゾーン・プログラム。
初夏の夜にふさわしい音楽会です。

メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64
~休憩~
メンデルスゾーン/劇音楽「真夏の夜の夢」~序曲/スケルツォ/間奏曲/夜想曲/結婚行進曲
指揮/ピエタリ・インキネン
ヴァイオリン/川久保賜紀
コンサートマスター/木野雅之
ソロ・チェロ/菊地知也

プレトークは、奥田佳道さん、メンデルスゾーン(1809−47)が20歳の時1829年に指揮者・ピアニスト・作曲家としてデビューするためにロンドンに行き、大成功を収める。その帰りに1ヶ月半に渡るスコットランド旅行に出かけ出来たのが「フィンガルの洞窟」と「スコットランド交響曲」。

インキネンもメンデルスゾーンがとても気に入っている風の爽やかな演奏です。
次の川久保賜紀さんとのヴァイオリン協奏曲もインキネンと川久保賜紀さんがザハール・ブロンの同門下生ということで聴き心地がとても良い。
最後のフルート二重奏で始まる「真夏の夜の夢」、今日は難波さんがファーストフルートです。まさに夢の始まりといったところでしょうか。最後の結婚行進曲も大げさにならずにさらっといきました。
そしてアンコールは、メンデルスゾーンの無言歌集から「舟歌」をオーケストレーションしたものです。

 

フランチェスカ・デゴ ヴァイオリン リサイタル

6月5日(火)

第374回鵠沼サロンコンサートは、ヴァイオリンのフランチェスカ・デゴ。
どの写真で見るよりも、実物の方がチャーミングなデゴです。
チャーミングなデゴと1メートルの距離で2時間を過ごせたことが何よりも素敵なことでした。平井さん、有難う。
2008年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで入賞し、最年少でエンリコ・コスタ博士記念賞を受賞、イタリア人女性で初の受賞者として注目を集めた。
2012年名門ドイツグラモフォンと契約をし、デビュー・アルバム「パガニーニ:24のカプリーズ」と2015年「ベートヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集」は、高評を得ている。

ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第9番ト長調作品47「クロイツェル」
~休憩~
ストラヴィンスキー/イタリア組曲
カステルヌオーヴォ=テデスコ/ロッシーニのオペラ「セヴィリアの理髪師」よりロジーナとフィガロ
ラヴェル/ツィガーヌ
ヴァイオリン/フランチェスカ・デゴ Francesca Dego
ピアノ/フランチェスカ・レオナルディ Francesca Leonardi

上は当日買ったパガニーニのCDにサインをしてもらったものですが、デゴの画像を見ていたら、2015年6月30日にイタリア指揮者の三羽ガラスの一人、ダニエーレ・ルスティオーニと結婚式を挙げていたとあります。
昨日の6月4日には東京交響楽団とヴォルフ=フェラーリのヴァイオリン協奏曲を夫婦共演。そしてデゴのドレスはアントニオ・リーヴァ・・・素敵すぎてため息が出てしまう。

ベートヴェンのピアノソナタ9番の「クロイツェル」が終わると休憩、あまりの素晴らしさに男性陣は無言で夜風にあたりに出ました。
ストラヴィンスキーの「イタリア組曲」、ペルゴレージの音楽によるプルチネッラを主人公にしたバレエ音楽を作るように頼まれて作ったもので、バロック調で優雅な中にもストラヴィンスキーらしさが光る素敵な作品。
ここからは譜面なしで、カステルヌオーヴォ=テデスコ/ロッシーニのオペラ「セヴィリアの理髪師」からUna voce poco fa  とFigaro!
そして最後はラヴェルの「ツィガーヌ」。
アンコールはブゾーニのバガテル第2番とさらにフォーレの「夢のあとに」。

フランチェスカ・デゴは、ヴァイオリンの俊英で美人ですが、素顔を見た方がずーっと表情が豊かで素敵です。6月7日の武蔵野文化会館、6月10日のひまわりの郷のリサイタルは、お見逃しなく!

 

 

プラジャーク・クァルテット

6月4日(月)

サルビアホール 第96回クァルテット・シリーズは、プラジャーク・クァルテットです。

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第2番ト長調作品18-2
ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
~休憩~
スメタナ/弦楽四重奏曲第1番ホ短調「わが生涯より」
プラジャーク・クァルテット

1972年メンバーがまだプラハ音楽院の学生だった頃結成され、1974年のチェコ音楽年において、プラハ音楽院の室内楽コンクール第1位を獲得、75年には「プラハの春」音楽祭における演奏で国際的なキャリアを踏み出した。2015年からは第1ヴァイオリンに傑出した女性奏者ヤナ・ヴォナシュコーヴァが参加して若返っている。

アンコールは、ドヴォルザークのワルツでした。

読響・不安の時代

5月30日(水)

第573回 読響定期演奏会
今年はバーンスタイン生誕100年記念で、バーンスタインの「不安の時代」を今回で3度聴くことができました。しかも河村尚子さんは京都に続いて2度目です。指揮は、イラン・ヴォルコフさんです。

プロコフィエフ/アメリカ序曲変ロ長調作品42a
バーンスタイン/交響曲第2番「不安の時代」
~休憩~
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番
指揮/イラン・ヴォルコフ Ilan Volkov
ピアノ/河村尚子
コンサートマスター/長原幸太

京都とは違って都会的でクールな読響の演奏会のプレゼンテーションですが、プロコフィエフの「アメリカ序曲」は、今年はプロコフィエフが日本に来て100年目とは偶然の一致だったのでしょうか。
河村のピアノは京都と同じく中央に指揮者と目を合わせる位置に置かれました。「不安の時代」は、京響・広上・河村バーンスタイン特集にあります。
バーンスタインとニューヨーク・フィルがモスクワに行った時、最後の演奏会にショスタコーヴィチも来て、彼の交響曲第5番がアメリカのオーケストラによって演奏され、ステージに上がったショスタコーヴィチとバーンスタインの2ショット写真がよく見られますが、今回も最後はショスタコーヴィチの5番でした。
イラン・ヴォルコフさんの指揮は的確で大げさなアクションはないのにあれだけ音を引き出すことができるのは、大したものだと感心し、また読響で聴けそうな気がしています。プログラムではイスラエルの鬼才が初登場と書かれていました。1976年イスラエル生まれ19歳の時にすでに指揮者としてのキャリアをスタートさせていたとも。
本当に都会的で素敵な演奏会でした。

 

京都で美味しい!

今回のホテルは、烏丸御池のホテル・モントレ京都なので、三条通りを歩いてゆくと
伊右衛門サロン京都」というお庭のある喫茶店があり軽い食事もできます。
有名なRAAK「永楽屋」という手ぬぐい、雑貨を扱うお店もあります。

おばんざいの「ことこと」  烏丸御池店

そして最も気に入ったのはJR宇治駅近くの「伊藤久右衛門茶房

 

パフェの中に紫陽花のきんとんや抹茶クッキー、ブルーベリーなどが入っているのは、この季節限定。
お抹茶の美味しいこと、新茶かな?    茶蕎麦も美味しい!
紫陽花色のコースターは、お土産に持って帰れます。

京響・広上・河村 バーンスタイン特集

5月19日(土)

8:00の新幹線に乗って京都へ
久しぶりの京都はやはり外人客が多く賑わっていました。

京都市交響楽団 第623回定期演奏会は、バーンスタイン生誕100年記念
広上淳一指揮バーンスタイン特集で、河村尚子さんがピアノを弾きます。

 

バーンスタイン/交響組曲「波止場」
ショスタコーヴィチ/交響曲第9番
~休憩~
バーンスタイン/交響曲第2番「不安の時代」
指揮/広上淳一
ピアノ/河村尚子
コンサートマスター/須山暢大

プレトークがあって、広上さんがピンク色のジャケットを着て来たのですが、何とこの5月5日は広上さん還暦のお祝いで、ジャケットは楽団員からのプレゼントだったそうです。しかもアルマーニ製!
コンサート後のレセプションでは、広上さんは還暦、河村さんは5月10日誕生のお祝いで大きなケーキが運ばれ、ハッピーバースデーを歌いながら皆さんに振舞われました。私も食べて来たんですがとっても美味しくって、きっとホール近くの「マールブランシェ」のケーキだと確信しました

バーンスタイン(1918−90)の「波止場」は、1954年公開のコロンビア映画「波止場」(エリア・カザン監督)のために書いた唯一の映画音楽、若きマーロンブランドが主演を務めた名作です。
お試しで映画を見てみたのですが、今は懐かしき白黒映画です。ニューヨークの港を舞台に港湾労働者たちが不当な労働強いられる話で、最初のテロップからホルンの独奏が始まります。アカデミー賞の作品賞、監督賞など8部門を受賞した。

次のショスタコーヴィチ(1906−75)の9番は、広上アクションが全開です、自分のオーケストラなのでもう自由自在ですね。本当に楽しい!

最後が河村尚子さんピアノでバーンスタインの交響曲2番「不安の時代」、イギリス出身でアメリカに帰化した20世紀の大詩人W.H オーデンの同名の長編詩から着想を得て書かれた。1947年に出版された「不安の時代」は、第二次世界大戦末期のニューヨークを舞台に、偶然知り合った男女4人の若者が人生について語り合い夜明けとともに現実の世界へと戻ってゆく、都会における孤独と不安を描いた。初演は1949年4月8日クーセヴィツキーのボストン交響楽団とバーンスタイン自身のピアノ独奏で行われた。

第1部
「プロローグ」クラリネット2本で始まるの寂しげな二重奏は「わたしが知る最も寂しい音楽」とバーンスタインが言っている
「7つの時代」(第1変奏〜第7変奏)
「7つの時代」(第8変奏〜第14変奏)
第2部
「挽歌」
「仮面劇」若い娘のアパートでの楽しいパーティー、才気煥発なジャズは不安を忘れさせるが。
「エピローグ」
今回はピアノが前でなくオーケストラの真ん中に入って、広上さんと目を合わせる位置に。やはり河村さん圧倒的な存在感があり、以前日本フィル、小曾根さんで同じ「不安の時代」をやったんですが全然違う、クラッシック畑の河村さんはメリハリがはっきりしていてしかも「仮面劇」のジャズの部分は乗りに乗っていました。
3曲とも中身の濃い演奏会で来て良かった!
そして京都の初夏をしっかりと楽しんで来ました。