ウィーン国立歌劇場「ラインの黄金」

ウィーン国立歌劇場のOTTAVA TVライブストリーミングは、新型コロナウイルスの影響で公演を休止していますが、昨日もお伝えした通り、過去のアーカイブから予定通り同じ演目を放映してくれることになりました。
なので今日は「ラインの黄金」です。
今回は2016年1月10日の収録の公演を2020年3月16日〜18日まで視聴できます。
OTTAVA TV でメールアドレスと自分で設定したパスワードを登録すると誰でもオペラを見ることができますので皆さま試してみてください。
ワグナーの「ラインの黄金」は、「ニーベルングの指輪」シリーズ4部のうちの序夜で、
・序夜 『ラインの黄金』(Das Rheingold)
・第1日 『ワルキューレ』(Die Walküre)
・第2日 『ジークフリート』(Siegfried)
・第3日 『神々の黄昏』(Götterdämmerung)
と続きます。ウィーン国立歌劇場では「ラインの黄金」から3月29日の「神々の黄昏」まで一挙に放映してくれますので、自粛ムードの中、演奏会とか行楽に行けない皆様にグッドチャンスが訪れていますよ。

ヴォータン/トマーシュ・コニエチュニー Tomasz Konieczny
ローゲ/ノルベルト・エルンスト Norbert Ernst
フリッカ/ミカエラ・シュースター Michaela Schuster
エルダ/アンナ・ラーション Anna Larsson
アルベリッヒ/ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher
ドンナー/ボアズ・ダニエル Boaz Daniel
フロー/ジェイソン・ブリッジス Jason Bridges
フライア/キャロライン・ウェンボーン Caroline Wenborne
ミーメ/ヘルヴィッヒ・ペコラーロ Herwig Pecoraro
ファゾルト/アイン・アンガー Ain Anger
ファフナー/ソリン・コリバン Sorin Coliban
ヴォークリンデ/アンドレア・キャロル Andrea Carroll
ウェルグンデ/レーチェル・フレンケル Rachel Frenkel
フロースヒルデ/ゾルヤーナ・クシュプラー Zoryana Kushpler
指揮/アダム・フィッシャー Adam Fischer
演出/スヴェン=エリック・べヒトルフ Sven-Eric Bechtolf
舞台/ロルフ・グリッテンベルク Rolf Glittenberg
衣装/マリアンヌ・グリッテンベルク Marianne Glittenberg
ビデオ/フリードリッヒ・ツォルン Friedrich Zor

3人の娘たちがラインの河底で遊んでいると,ニーベルング族のアルベリヒがやってきて,娘たちに言いよるがアルベリヒは相手にされない、そんな時アルブレヒは偶然黄金を発見する。
一方ライン河畔の山上ではでは神々の長であるヴォータンが巨人族の兄弟に作らせたヴァルハラ城の完成を喜んでいる。
ラインの黄金を巡って火の神ローゲとヴォータンは、アルブレヒの弟ミーメから隠れ頭巾と指輪を奪うが、巨人兄弟は青春の女神フライヤの身代金としてフライヤの背丈分の財宝と隠れ頭巾、指輪まで奪い取る。拒んでいたヴォータンだったが、智の女神エルダが神々の黄昏が近いことを伝え、指輪を手放すよう警告する。これが「ニーベルングの指輪」シリーズの始まり。
スヴェン=エリック・ベクトルフの演出によってスッキリした舞台と照明、衣装もジョーゼットやシルクを使った上品で近代的な舞台となっている。
録音も素晴らしくウィーン国立歌劇場に行った気分になります。
OTTABA TV ライブストリーミングに加えて、ウィーン国立歌劇場での貴重なアーカイブから公演を連日、全て無料で観ることができます。

大井・大森 気になるお店「パン・ド・カッコ」

新型コロナウイルスの影響により、演奏会などいろいろ中止になっているので、大井・大森辺りを散歩していると!
今日は、可愛らしいパン屋さん 「パン・ド・カッコ」を見つけました。

大井町の阪急側中央通りをまっすぐいくと、一本橋通商店街に最近大きなタワーマンションが建てられました。そのマンションの向かいに小さなパン屋さんがこれも最近オープンしたらしいです。明太子バケットは食べやすく、パンもコーヒーもお安い!パン・ド・カッコ(Pain de kakko)さんです。

パン・ド・カッコ
〒140−0014東京都品川区大井2−26−5 コーポかなり1F

ウィーン国立歌劇場休演

新型コロナウイルスの影響で、オーストリア政府の決定により2020年3月10日から3月31日までの間、ウィーン国立歌劇場の全ての公演とイベントはキャンセルされることになりました。
ということでライブストリーミングで放映予定の15日のワーグナー「ラインの黄金」、18日「ワルキューレ」、22日「ジークフリート」、26日プッチーニ「トスカ」、28日ワーグナー「神々の黄昏」はキャンセルとなりました、残念ですが。

ウィーン国立歌劇場「トゥーランドット」

3月7日(土)

ウィーン国立歌劇場「トゥーランドット」のOTTAVA TVライブストリーミングが3月6日〜8日まで放映されました。新型コロナウイルスの影響でミラノ・スカラ座が休演、国内の演奏会もほとんど休演や延期を余儀なくされていますが、ウィーン国立歌劇場はちゃんとやってくれています。こういう時こそライブストリーミングですね!

トゥーランドット/エレーナ・パンクラトーヴァ Elena Pankratova
カラフ/ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna
リュー/ゴルダ・シュルツ Golda Schultz
皇帝アルトゥーム/ベネディクト・コーベル Benedikt Kobel
ティムール/ライアン・スピード・グリーン Ryan Speedo Green
役人/パオロ・ルメッツ Paolo Rumetz
ピン/ボアズ・ダニエル Boaz Daniel
パン/カルロス・オスナ Carlos Osuna
ポン/レオナルド・ナヴァロ Leonardo Navarro
指揮/ラモン・テバール Ramon Tebar
演出、舞台装置及び照明/マルコ・アルトゥーロ・マレッリ Arturo Marco Marelli
衣装/ダグマール・ニーフィンド Dagmar Niefind
映像/アーロン・キッチヒ Aron Kitzig

プッチーニの「トゥーランドット」と言えば有名で知らない人はないくらい。今回の演出はスイス生まれの70歳マルコ・アルトゥーロ・マレッリで、舞台は北京ですが現代に置き換えてあります。カラフ役のロベルト・アラーニャが、作曲者プッチーニとして出演しオルゴールから流れる中国の民謡を聴き、何か閃いたという設定からジャジャジャーンと始まります。3幕の「誰も寝てはならない」のアリアもこの部屋から、出来上がった楽譜を持ちながら歌い、拍手が湧きます。合唱団が観客という劇中劇の形で進んで行くのも今回の特徴です。
トゥーランドット姫役のエレーナ・パンクラトーヴァは、ロシアのソプラノで音楽的な感性と最高のテクニック、ステージの存在感が揃った歌手で現在大活躍中。それからリュウ役のゴルダ・シュルツは南アフリカ出身のソプラノですが、ソフトな声は涙を誘い、最後のカーテンコールでも拍手が鳴り止みませんでした。でもなんと言っても出ずっぱりの今回のアラーニャ様の活躍ぶりは素晴らしい!
プーティンパオ!月が昇るの合唱から児童合唱がこのオペラ全体に流れる中国民謡「茉莉花」(Jasmine Flower)の曲に合わせてゆったり歌うのも素敵ですね!
ピン・ポン・パンが〝さらば愛、さらば尊い民、あの中国はもはや存在しない〟としみじみ歌うのも何か今につながっている様な感じ。
圧倒的な歌唱力のトゥーランドット姫と強い愛のカラフ、それに涙を誘うリュウの3拍子が揃った素晴らしいオペラでカーテンコールが何度も繰り返されました。

びわ湖ホール「神々の黄昏」もライブストリーミング

新型コロナウイルスの影響で休演か延期を余儀なくされている演奏会の中、びわ湖ホールで予定されているワグナー「神々の黄昏」は、無料でインターネット配信をされるようです。

配信日時:令和2年3月7日(土)・8日(日)各日13:00開始、19:00終了予定

◆びわ湖ホールプロデュース

オペラ「ニーベルングの指環」第3日目 ワーグナー作曲『神々の黄昏』(全3幕)

指揮:沼尻竜典 演出:ミヒャエル・ハンペ 美術・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ

公演概要はこちら:https://www.biwako-hall.or.jp/performance/special/gotterdammerung202003.html

神奈川フィル・モーツァルト+

2月22日(土)

神奈川フィル音楽堂シリーズ第16回は、川瀬賢太郎指揮で「モーツァルト+」。「月夜の蓮」とモーツァルトのピアノコンチェルトは菊池洋子さんのピアノソロです。

モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
細川俊夫/月夜の蓮~モーツァルトへのオマージュ
     ~休憩~
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
 指揮/川瀬賢太郎
 ピアノ/菊池洋子
 コンサートマスター/石田泰尚

2006年モーツァルトの生誕250年を記念して北ドイツ放送局は4人の作曲家に新曲を委嘱した。条件は一人ひとり別々のカテゴリーを指定して、カップリングで演奏するモーツァルトの曲を選び、それと同じ楽器編成で新作をかくこと。
細川俊夫(1955-)は「ピアノ協奏曲」第23番イ長調をピックアップした。「月夜の蓮」というタイトルで、「静かで明るい月夜、蓮の花は蕾のまま、月光を受けて、開花に向かって、夢にまどろむ。その夢の中には、かすかにモーツァルトの音楽への憧れが託される」

初めにモーツァルトの「魔笛」序曲で、
次が細川俊夫の「月夜の蓮」は、ピアノの1つの音から始まり、だんだん影のように音が重なってゆく。うねりのように音が広がり、ピアノのカデンツァで蓮の開花を促すような表現をしたのちに、神秘的な音空間の中で風鈴の音がかすかに聞こえ、モーツァルトの2楽章のフレーズがチラリと顔を出す。
休憩を挟んで、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番が始まります。
やはり、2楽章のAdagioの部分はいいですね〜。
アンコールはモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスをリストが編曲したものです。