ザ・ウインザーホテル洞爺湖

8月2日~4日の旅で立ち寄った洞爺湖ウインザーホテルのあるポロモイ山頂は、

625mなんですが、雲海がみえるそうです。

 

ps洞爺湖 095-001

ps洞爺湖 096-002

ps洞爺湖 097-003

ps洞爺湖 104-004

フルートとピアノの演奏をしていました。

ps洞爺湖 132-005

そして私たちは、軽い食事とコーヒー、ケーキを。

ケーキ4

北海道では、このごろトマムの雲海が有名ですが、ウインザーホテルからでも雲海が見られるんですね!

 

北海道で涼む

8月2日(日)~4日(火)

飛行機で函館まで行き、函館~新千歳までレンタカーを借りてドライブです。

先ずは、函館空港で美味しい海鮮丼を頂きました。

 

海鮮丼

 

来年3月には、北海道新幹線が、新青森~新函館北斗の間を開通するということで、
なんだかざわつく函館近辺です。

函館~大沼を経て、洞爺湖へ
2008年北海道洞爺湖サミットが開かれて有名になった、ザ・ウインザーホテル洞爺は、〝夢よもう一度〟といった雰囲気で佇んでいます。
何故って、来年3月に新幹線が開通されるのは、当分の間、新青森~新函館北斗間だけなので、札幌に開通されるまでは、函館の天国ですね!

洞爺湖 105-1

ということで、洞爺湖のほとりにも野口リゾートの素晴らしいホテル〝乃の風リゾート〟が出来ていました。

 

洞爺湖 148-1

 

広上・京響 名古屋公演

7月30日(木)

うだるような暑さの中、名古屋まで行ってきました。
広上さんに興味のある友達二人と私達二人、名古屋オアシス21の中のお豆腐料理屋さんで待ち合わせ、学生時代のその後の噂話に花を咲かせながら2時間ばかりお喋りして、演奏会場へ。

ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番イ長調K488
~休憩~
ベルリオーズ/幻想交響曲
指揮/広上淳一
ピアノ/清水和音
コンサートマスター/泉原隆志
フォアシュピーラー/渡邊穣

最初のラヴェルからしてヨーロッパのセピア色の音がして、ヨーロッパ公演のお土産をいただきました。というのも、京響はこの5月、6月にフィレンツェなどのヨーロッパ公演で大喝采を博して来たので。
清水和音さんのモーツァルトのピアノ協奏曲が終わると、アンコールは最初のパヴァーヌのピアノ版。同じ演奏会で、亡き王女のためのパヴァーヌの原曲と管弦楽編曲版と両方が聴けて観客も大満足です。
最後はベルリオーズの幻想、もう素晴らしい熱演でした。名古屋の聴衆も〝あの指揮者、すごく頑張っとったねー〟と。
アンコールは、コバケンさんの物まねで「ダニーボーイ」。
重厚で、英国の香りがして、素敵な「ダニーボーイ」でした。

演奏会って、行ってみなければわからない。
来年、京響名古屋公演は、6月だそうです。
好奇心いっぱいの名古屋の友人達、これから何が起こるか分らない!

名古屋駅の近くの兄の家には、いつも行って、車で演奏会場に送ってもらうんですよね。
またよろしく!

広上・日フィル

7月10日(金)

日本フィル・第672回東京定期演奏会
7月の日フィルは、このところ広上さん指揮になっていますが、
来年日フィル広上指揮は、春の3月のようです。

エルガー/ヴァイオリン協奏曲
~休憩~
メンデルスゾーン/交響曲第3番
指揮/広上淳一
ヴァイオリン/ダニエル・ホープ
コンサートマスター/木野雅之
フォアシュピーラー/千葉清加
ソロ・チェロ/菊地知也

ヴァイオリンソリストのダニエル・ホープのヴァイオリンは、1742年製のグァルネリ・デル・ジェス、
最高のテクニックでエルガーのヴァイオリン協奏曲。
アンコールがあって、ヴェストホフ(1656-1705)の「鐘の模倣」
メンデルスゾーンの「スコットランド」は、もう何も言うことがないくらい。

エク第29回東京定期演奏会

7月9日(木)

結成21年目に入ったクァルテット・エクセルシオ。
西野ゆかさんが、今年いっぱい休養ということで、

ドホナーニ/弦楽三重奏のためのセレナード ハ長調 作品10
ベートーヴェン/弦楽三重奏曲第2番ト長調 作品9-1
~休憩~
ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番ト短調 作品25
クァルテット・エクセルシオ
ピアノ/近藤嘉宏

いつもは聴けないドホナーニとベートーヴェンの弦楽三重奏曲とブラームスのピアノ四重奏曲。
近藤嘉宏さんのピアノを加えてのブラームスのピアノ四重奏曲、特に最後の「ジプシー風ロンド」は圧巻でした。終わりは皆笑顔でブラボー、ブラボー。
ひとり欠席するのもたまにはよいことですね。

広上・神奈川フィル

7月4日(土)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団の第5回音楽堂シリーズ定期演奏会、
今回は、常任指揮者の川瀬賢太郎さんの先生にあたる広上淳一さん指揮です。

細川俊夫/瞑想~3月11日の津波の犠牲者に捧げる~(日本初演)
ハイドン/協奏交響曲
~休憩~
ハイドン/交響曲第100番ト長調「軍隊」
指揮/広上淳一
ヴァイオリン/石田泰尚
チェロ/門脇大樹
オーボエ/古山真里江
ファゴット/鈴木一成
コンサートマスター/廣岡克隆(前半)、石田泰尚(後半)

もちろん広上さんを目当てに行ったのですが
川瀬賢太郎君、生で見た方がずーっと素敵ですね。
先ず川瀬、広上、細川の3人でプレトークがあり、
細川作日本初演の「瞑想」
神奈フィルのメンバー4人によるハイドンの協奏交響曲。
メンバー4人によるアンコールもありました。ハイドンのディヴェルティメント第46番の1楽章アレグロ・コン・スピリート。
最後に、指揮科の広上先生の教科書ともいえる「軍隊」は、躍動感が溢れて、ほんとうに面白い演奏でした。

 

鶴見でモルゴーア・クァルテット

7月1日(水)

鶴見の音楽オアシス サルビアホールでの クァルテットシリーズ第47回は、何故か完売だったそうです。

ハイドン/弦楽四重奏曲第39番ハ長調作品33-3「鳥」
プログレッシヴ・ロック・アルバム「原子心母の危機」から
~休憩~
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第2番イ長調作品68
モルゴーア・クァルテット

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏を弾くために結成されたグループ。
今回は、1st ヴァイオリンの荒井さんが編曲したプログレッシブ・ロックに人気があったのかしら。
もちろん、ショスタコーヴィチの2番もロックみたいに面白い。
とくにアンコールで弾いたショスタコーヴィチの弦楽四重奏第10番の2楽章は、もうジャズですね。

それで今年のカウントダウン、ショスタコーヴィチ全曲演奏会がみなとみらい小ホールで開催されるそうです。

 

 

イタリアン  アマルフィ・デラセーラ

6月23日(火)

鎌倉から江ノ電に乗って長谷寺の紫陽花を見に行ってきました。

お昼は、七里ヶ浜の天空の見えるイタリアンレストラン、アマルフィ デラセーラで。

アマルフィ

 

パスタ
赤座エビと鮮魚のラグー、ムール貝のトマトソース リングイネ

ピッツア
パンチェッタ

七里ヶ浜の駅を降りて、江の島の方面に進み結構階段をよじ登ったところにあります。
そのためとっても見晴らしがよくって、いい気持ち!