フェスタサマーミューザ  ヒロコ・ノリコの楽しい2台ピアノ

フェスタ サマーミューザ川崎2020は、2020年7月24日に、ジャズとクラシックの交差点と題して〝ヒロコ&ノリコの楽しい2台ピアノ〟演奏会を開催しました。



国府弘子/サクセス・ムーン・ダンス(国府ソロ)
ショパン/夜想曲第20番嬰ハ短調(遺作)(小川ソロ)
国府弘子/リボーン Reborn
モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番~第2楽章(国府弘子編曲)
モーツァルト/「トルコ行進曲」(国府弘子編曲)
ガーシュイン/ラプソディー・イン・ブルー(ヒロコ&ノリコ・ヴァージョン)

国府弘子さんと小川典子さんの二人のトークから始まったこのコンサートは、

まず、ジャズピアノの国府弘子さんの作曲したサクセス・ムーン・ダンスからです。皆さんに何か希望をお届けできたらとのこと。

次は、クラシックピアノの小川典子さんのソロでショパン夜想曲20番です。
映画「戦場のピアニスト」で使われた素敵な曲です。コロナも戦場のようなものなので、

ここからは二人で演奏ですが、国分のリリースした「ピアノ・パーティ」から「Reborn」復活という意味のピアノデュオバージョン。

クラシックのモーツァルトピアノ協奏曲21番の2楽章、格調高い曲で映画「短くも美しく燃え」に使われていました。(国分編曲)

同じくモーツァルトの「トルコ行進曲」国分編曲のちょっとジャズ的な楽しい「トルコ行進曲」でした。

実はお二人は川崎市立生田中学校の同窓生だそうで、それは留学先のニューヨークの摩天楼近くの街中で語り合ってわかったことなんだそうです。
それで曲はガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」(ヒロコ&ノリコ編曲)

アンコールは、サティの「風変わりな美女」から大社交界のカンカン
風変わりな美女とはこのお二人のことだそうです。風変わりなとっても楽しい曲でした。
有難うございました。

 

フェスタサマーミューザ川崎2020

今年も、フェスタサマーミューザ川崎2020が開催されています。
新型コロナの影響で、会場では600席限定なのですが、オンラインでも今年は放映されるということで、我が家はウィーン国立歌劇場で経験済みですので、オンラインでパソコンからフェスタサマー川崎を楽しみたいと思っています。私的には小川典子さんのピアノ演奏から広上N響へと続きます。

にしむらの鰻

今日の東京は、Go To トラベルの影響で、原則東京の人は都外に出られないので、4連休の2日目だというのに、スーパーや商店街は人で溢れかえっていました。
我が家は、息子夫婦が帰ってきたので、いつもの鰻を買いに行ったのですが、目黒不動の近くの「うなぎのにしむら」にも行列ができていました。
〝土用のうなぎ〟の時期のため、電話予約も当分の間はできなく、予約をしに行ってから、もう一度取りに行くという有様でした、でもとっても美味しかったですよ!

ビリー・ジョエル(Billy Joel )の〝New York State of Mind〟を聴いていたら

  ビリー・ジョエルの〝New York State of Mind〟を聞いていたら、後半にガーシュインの〝ラプソディ・イン・ブルー〟が聞こえてきたようなー。

ニューヨークフィル、バーンスタインのガーシュイン〝ラプソディ・イン・ブルー〟を聴いてみました。ガーシュイン(1898-1937)は、この曲をわずか2週間で書き上げたという。そしてバーンスタインは作曲者にしてピアニスト、指揮者で教育者。

バーンスタインもガーシュインもビリージョエルもユダヤ系なんですよね!心に染みる曲にはユダヤの血が混じっているのかしら?なんてね。