ヴォーチェ弦楽四重奏団

11月5日(月)

サルビアホール・クァルテットシリーズ第104回はヴォーチェ弦楽四重奏団です。

モーツァルト/弦楽四重奏曲第15番ニ短調 K.421
シュルホフ/弦楽四重奏のための5つの小品
~休憩~
トゥリーナ/闘牛士の祈り 作品34
ドビュッシー/弦楽四重奏曲ト短調 作品10
ヴォーチェ弦楽四重奏団

2004年にパリ国立高等音楽院の卒業生により結成。2005年クレモナ国際弦楽四重奏コンクール第3位、フランスのノルマンディーでの「フォーラム・ミュージカル・ド・ノルマンディー」コンクールで優勝、合わせてドビュッシーの演奏に対して「音楽の遺産賞」。2006年ジュネーヴ国際音楽コンクールに最高位入賞。2007年にはボルドー弦楽四重奏国際コンクールにおいて、、現代音楽作品の優れた演奏に対して「SACEM賞」と、モーツァルの優れた演奏に対して「セルゲ・デン・アレント賞」、2009年にはグラーツにての「フランツ・シューベルトと現代音楽コンクール」2位、現代音楽の優れた演奏に与えられる特別賞をリゲティーの演奏において、さらに聴衆賞を、またロンドン国際弦楽四重奏コンクールで2位を受賞、合わせてアマデウス賞、エステルハージ賞を受賞した。コンクール総なめですね、今回で4度目の来日となります。

モーツアルトの弦楽四重奏15番に続いて、
シュルホフ(1894−1942)の弦楽四重奏のための5つの小品は、5つのダンス音楽からなる小品集。シュルホフは、チェコ出身の前衛派のユダヤ人でナチスの強制収容所で病死、戦後忘れ去られていましたが、最近再評価の作曲家です。5つのダンスは、ウインナワルツ、セレナード、自分の出身地でもあるチェコ風、南米のタンゴ、イタリアのタランテラの5つ、世界音楽巡りですね。

休憩を挟んで、音楽巡りは続きます。次はスペインの闘牛士です。
トゥリーナ(1882−1949)はファリャの同僚で、伝統的なアンダルシアの民族音楽を積極的に取り入れた人。闘牛場の控え室で、トレアドールたちが祈りを捧げる儀式の音楽。

最後がドビュッシーの弦楽四重奏ト短調です。ノルマンディーのコンクールでドビュッシーの演奏において「音楽の遺産賞」をもらったヴォーチェですので完璧な演奏ですね!

アンコールはエジプトの作曲家ハム・ザ・エル・ディン(1929−2006)の「水車」という作品。。アフリカ色の強いまさに〝音楽世界巡り〟でした。

 

METライブビューイング2018−19

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で上演される世界最高峰のオペラを日本の映画館で上映する企画です。(METライブビューイング2018−19)
ヴェルディ「アイーダ」は、現在上映中。
このごろ、サン=サーンスをよく聴いているので、アラーニャとガランチャの「サムスンとデリラ」に行こうかと思っています。(11月16日から1月22日の1週間)

METライブビューイング 2018-19
ラインナップ

ヴェルディ《アイーダ》

2018/11/2 fri. – 11/8 thu   上映中

新演出
サン=サーンス《サムソンとデリラ》

Saint-Saëns– Samson et dalila

2018/11/16 fri. – 11/22 thu

プッチーニ《西部の娘》

Puccini– La Fanciulla del West

2018/12/7 fri. – 12/13 thu

MET初演

ニコ・ミューリー《マーニー》MET初演

Nico Muhly– Marnie

2019/1/18 fri. – 1/24 thu

新演出

ヴェルディ《椿姫》新演出

Verdi– La Traviata

2019/2/8 fri. – 2/14 thu

新演出

チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》新演出

Cilea– Adriana lecouvreur

2019/2/22 fri. – 2/28 thu

ビゼー《カルメン》

Bizet– Carmen

2019/3/8 fri. – 3/14 thu

ドニゼッティ《連隊の娘》

Donizetti– La Fille du Régiment

2019/4/12 fri. – 4/18 thu

ワーグナー《ワルキューレ》

Wagner– Die walküre

2019/5/10 fri. – 5/16 thu

プーランク《カルメル会修道女の対話》

Poulenc– Dialogues des Carmélites

2019/6/7 fri. – 6/13 thu

鎌倉・長谷の古民家イタリアン「SYMPOSION」

10月24日(水)

長谷寺の近く「鎌倉文学館」へ寄ってからお昼は、
古民家イタリアンのSYMPOSION〜シンポジオン〜です。

このレストランも鎌倉野菜や三浦漁港の魚類を使っていてとても健康的。
前菜、パスタ、デザートでランチ2500円です。
前菜が凝っていますね!

たっぷり鎌倉を楽しんでそろそろ家路へ〜。
しらすせんべい、たこせんべいなどお土産を買って帰ります。

それではまた!

 

鎌倉の夕食

鎌倉由比ヶ浜、ダイアモンド鎌倉別邸ソサエティーの夕食は、豪華ですね。

前菜 七種盛り合わせ  吸い物 蓮根餅薄葛仕立て 造り 旬の鮮魚三種
煮物 菊蕪   焼き物 和牛ロースの朴葉焼き  凌ぎ 栗と蟹のフラン
揚げ物 秋刀魚五色あられ揚げ 食事 秋鮭と茸の釜飯  季節のデザート

一泊して、ゆっくりお話しするのは、都内のレストランでするより込み入った話ができてよいですね〜。そして鎌倉レストランまだまだ続きますよ。

鎌倉「松原庵」でお蕎麦ランチ

10月23日(火)

鎌倉へ一泊旅行です。
まずは有名なお蕎麦の「松原庵」で昼食を、

すだち鬼おろし蕎麦、胡桃ぜんざい、鴨南蛮そば

遠くは広島、名古屋などから年に何回か集まるメンバーですが、
元はボランティアの集まりです。
ボランティアですから行動的な人が多く、
決まればこちら方面の用事もまとめて片付けて駆けつけてくれます。
そしてまだまだ続きますよ〜。

 

 

小林研一郎・サン=サーンス

10月27日(土)

日本フィル・第341回横浜定期演奏会は、小林研一郎指揮のサン=サーンスです。
ハロウィンを控えて、仮装をした人たちがちらほらする桜木町駅を通り抜けてみなとみらいホールに向かいます。
日本丸を見ながら演奏会場に向かうのは気持ちのいいものですね!

 

 

曲目

ウェーバー/歌劇「オベロン」序曲
サン=サーンス/チェロ協奏曲第1番イ短調作品33
~休憩~
サン=サーンス/交響曲第3番ハ短調作品78
指揮/小林研一郎
チェロ/辻本玲
オルガン/石丸由佳
コンサートマスター/扇谷泰朋
ソロ・チェロ/菊地知也

 

 

カール・マリア・フォン・ウェーバー(1786−1826)の歌劇「オベロン」は、1826年4月12日ロンドンで作曲者自身の指揮で初演され。2ヶ月後にウェーバーは他界した。妖精の王オベロンと女王ティタニアの口論に始まり、本当に愛し合っている男女を見つけるまでは、両者は和解しないと誓う。妖精の物語らしく楽しく愉快な「オベロン」序曲。

パリに生まれ、モーツアルトと並び称される神童と言われたカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)は作曲家、ピアニスト、オルガニストとして活躍する一方で、詩、天文学、生物学、数学、絵画に興味を持ち、音楽評論家として辛辣な批評なども書いている。

サン=サーンスのチェロ協奏曲は、冒頭いきなり登場するチェロのパッセージが作品全体のモチーフとして使われ、それが形を変えて繰り返す循環形式となっている。チェロは日本フィルソロ・チェリストの辻本玲が堂々と演奏してくれました。辻本君のアンコールがバッハの無伴奏から第1番のサラバンド。

最後の交響曲第3番は、有名なオルガン付きの交響曲で最初からグレゴリア聖歌の「怒りの日」が繰り返されます。この日のオルガン奏者、石丸由佳さんは引っ張りだこの人気だそうです。
アンコールがブラームスのハンガリー舞曲5番のコバケン版、ともう1つサン=サーンス3番の最後の2分間をオルガン共々盛大に鳴らし終わりとなりました。

鈴木雅明のメンデルスゾーン合唱宗教曲

10月26日(金)

読響・第582回定期演奏会は、「モダン・オーケストラを振る古楽系指揮者たち」と題して15年ぶりに読響に登場する鈴木雅明さんの指揮です。

曲目

J・M・クラウス/教会のためのシンフォニア ニ長調VB146
モーツァルト/交響曲第39番
~休憩~
メンデルスゾーン/オラトリオ「キリスト」作品97
メンデルスゾーン/詩編第42番「鹿が谷の水を慕うように」作品42
指揮/鈴木雅明
ソプラノ/リディア・トイシャー Lydia Teuscher
テノール/櫻田亮
合唱/RIAS室内合唱団(合唱指揮/ジャスティン・ドイル Jusin Doyle)
コンサートマスター/日下紗矢子(特別客演ストックホルム宮廷楽長として

 

J・M・クラウス(1756−92)は、モーツアルト(1756−91)と同じ年にドイツで生まれ、1781年にストックホルム宮廷楽団に奉職し「スウェーデンのモーツァルト」とあだ名された。そしてモーツァルトの死の翌年亡くなっている。「教会のためのシンフォニア」はストックホルム宮廷楽長としてスウェーデン国会の開会式用に作曲された。

フェリックス・メンデルスゾーン(1809−47)は、晩年、大規模声楽曲のオラトリオに積極的に取り組み、「エリア」は、2016年の9月に日本フィルの定期で演奏されましたが評論家の奥田佳道さんも「エリア」は、メンデルスゾーンの最高傑作だと言っていました。

今日演奏するのは、オラトリオ「キリスト」、第1部が「キリストの誕生」、これは息子がキリスト系の幼稚園に通っており東方の三博士の一人に選ばれて演じたので目に焼き付いている光景です。三博士の三重唱とっても素敵!
それから第2部の「キリストの受難」もカトリック系の大学で野外受難劇をやって友達がピラトを演じたのでこれも目に焼き付いています。それにメンデルスゾーンのノーブルで知的で優雅な曲が加わるのですから最高ですね!
オラトリオ「キリスト」は「エリア」「パウルス」と並び三大オラトリオになるはずだった作品でしたが、未完に終わり小受難曲のような曲になりました。
「キリスト」に続いて詩篇第42番「鹿が水を慕うように」は、「旧約聖書」に収められた詩集で、150篇の詩からなる。神への賛美・感謝・信頼など、もっとも多いのは嘆願の詩で、「鹿が・・・」もその一つ。
ソプラノのリディア・トイシャーさん、テノールの櫻田亮さんRIAS室内合唱団の皆さんの声楽部分がとっても豊かで澄み渡っていました。
そしてRIAS室内合唱団のサプライズのアンコールがあり、バッハのモテット「来たれ、イエスよ、来たれ」BWV229から終曲のアリアでした。

 

 

鵠沼で赤坂智子・高橋礼恵 デュオ・リサイタル

10月16日(火)

第376回 鵠沼サロン・コンサートは、「世界のアーティスト最前線30」というタイトルで、ヴィオラの赤坂智子さんとピアノの高橋礼恵さんが登場です。

ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第2番 変ホ長調 作品120-2
ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」
~休憩~
バッハ/無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008(ヴィオラ版)
ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第1番 へ短調作品 120-1
ヴィオラ/赤坂智子(あかさか・ともこ)
ピアノ/高橋礼恵(たかはし・のりえ)

初めはロシア人の友達から紹介されたというとっても明るいお二人ですが、ヴィオラの赤坂は、今井信子に師事し、日本クラシック音楽コンクール第1位、ミュンヘン国際コンクール第3位受賞、またパリEdmund Pendreton財団よりミュージシャン・オブ・ザイヤーに選ばれた実力の持ち主で、世界各地で演奏をしながら現在デュッセルドルフ音楽院にて後進の指導にあたっている。
ピアノの高橋はボン国際ベートーヴェン・コンクールで2位、および21世紀音楽解釈特別賞を受賞し〝心のピアニスト〟と言われるほどで、ヨーロッパの様々なコンクールで受賞入賞を繰り返している。二人ともまさに最前線で活躍している。

今回はブラームスの作品102を2曲取り上げるのですが、これはクラリネットでもヴィオラでもどちらで演奏してもいいということで、でもヴィオラの場合は、実はシャープやらフラットがたくさんついて演奏するのが大変だそうです。
ベートーヴェンの「悲愴」は渡辺のソロ、バッハは赤坂のソロ
アンコールはシューベルトの歌曲「君こそわが思い」

上の写真でも分かるように、ざっくばらんな楽しい演奏会となりました。

 

インキネンのブルックナー9番

10月12日(金)

日本フィル・第704回東京定期演奏会は、首席指揮者のインキネン指揮でシューベルトとブルックナーです。なんとラザレフが応援に駆けつけていました。

シューベルト/交響曲第5番変ロ長調
~休憩~
ブルックナー/交響曲第9番ニ短調
指揮/ピエタリ・インキネン
コンサートマスター/扇谷泰朋
ソロ・チェロ/菊地知也

フランツ、シューベルト(1797−1828)は、わずか31年の短い人生に8曲の交響曲を書いている。初期の交響曲第5番は、1816年に作曲され、ウィーンの自然に触発されたような歌心が溢れている。インキネンのなんと嫋やかで端正な演奏でしょう。

アントン・ブルックナー(1824−96)は、同じオーストリアの作曲家でも早熟だったシューベルトに比べ大器晩成の巨匠だった。ブルックナーが交響曲第9番の作曲に着手したのが、63歳になったばかりの1887年だったが、しかし第8番の改定を進言され、本格的に作曲に取り掛かったのが1891年4月のこと、3楽章までが完成したのは、1894年11月30日。1895年4楽章に着手したが、最終楽章未完のまま1896年10月11日に巨匠は世を去り、遺骸はザンクトフローリアン修道院教会の地下納骨堂の第オルガンの真下に安置された。ブルックナーはこの第9番を「愛する神」に捧げるつもりだったと伝えられている。インキネンはいつものように対向配置で、遅いテンポにも拘わらず、緊張が緩むこともなく、重厚なブルックナーを聴かせてくれました。齢を重ねてインキネンはどんなブルックナーを聴かせてくれるか楽しみ!

 

札幌文化芸術劇場 杮落とし公演 バッティストーニ「アイーダ」

10月8日(月)

20018年10月7日に札幌文化芸術劇場 hitaru が誕生し、そのこけら落とし公演に行って来ました。
イタリア・オペラの巨匠ヴェルディの不朽の名作「アイーダ」を、若きイタリア人指揮者アンドレア・バッティストーニの指揮、8日のタイトルロールは木下美穂子さんです。

ヴェルディ/歌劇「アイーダ」
アイーダ/木下美穂子
ラダメス/城宏憲
アムネリス/サーニャ・アナスタシア
アモナズロ/上江隼人
ランフィス/斉木健詞
国王/清水那由太
巫女/松井敦子
伝令/菅野敦
バレエ/名越真夕、春風まこ、高橋滋生、永野亮比己
合唱/二期会合唱団、札幌文化芸術劇場アイーダ合唱団
管弦楽/札幌交響楽団
指揮/アンドレア・バッティストーニ
演出/ジュリオ・チャバッティ

今回は、グランドオペラ共同制作という形で、神奈川県民ホール、兵庫県立芸術文化センター、iichiko総合文化センター、東京二期会、札幌交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団との共同制作となっています。

歌手はA・Bに分かれ私達は札幌2日目のB組ということです。A組は、アイーダがモニカ・ザネッティン、ラダメスが福井敬、アムネリスが清水華澄という共に豪華キャストです。
そして札幌文化芸術劇場は、下の写真にあるように、時計台の隣、テレビ塔の見えるNHKホールの向かい側にそびえ立っています。

このホール、2階のR席で聴いたんですが歌手の声がストレイトに響いてすばらしい音響です。タイトルロールであるアイーダ役の木下美穂子さんの表現力のある声がよく聴き取れたし、ラダメス役の西村悟さんが体調不良で変更になった城宏憲さん、かなりいいテノールだったような気がします。アムネリス役のサーニャ・アナスタシアさんもアムネリスにぴったりの声でしたね。

そしてバッティストーニは最高です。ヴェローナ生まれで、小さい時からアイーダを聴いて見て育っているので、身体の中から湧いてくるようなテンポ感のアイーダでした。

演出はローマ歌劇場との提携公演でマウリツィオ・デイ・マッティアの演出にチャバッティが手を加え、極めてオーソドックスな演出となっています。

カーテンコールは何度もそして熱い〝ブラーヴォ!〟も素敵でした。

なお、神奈川公演は、神奈川県民大ホール 2018年10月20日(土)14:00 A組、21日(日)14:00 B組

兵庫公演は、兵庫県立芸術文化センター 2018年10月24日(水)18:30 A組
大分公演は、iichiko総合文化センター 2018年10月28日(日)13:00 B組

指揮は全てバッティストーニ様ですよ〜〜。

 

日本橋高島屋 新館オープン

いつも買ってるドレッシングがなくなったので、日本橋高島屋まで行ってびっくり!
いつの間にか新館が出来ていました。(9月25日に開店だったようです)

食品のお店がたくさん入っていて、着飾った奥様達がキャリーバッグを引いて遠くから買いに来ています。
先日「カンブリア宮殿」でやっていた、木村屋の御曹司が創ったパン屋さん「メゾン・カイザー」も旧高島屋の方に入っていたのでバケットやらクロワッサンを買って帰りました、外がパリパリで堅すぎないのでいくらでも食べられる、美味し〜い。
少し先の「COREDO日本橋」のように新高島屋と旧高島屋の間の通りがオープン・カフェになっていて楽しめます。

読響 カンブルラン 「ラ・ヴァルス」

9月28日(金)

読響第581回定期演奏会は、シルヴァン・カンブルラン指揮で、「ラ・ヴァルス」。

曲目
ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌
シマノフスキ/ヴァイオリン協奏曲 第1番
〜休憩〜
ハース/静物
ラヴェル/ラ・ヴァルス
指揮/シルヴァン・カンブルラン
バイオリン/諏訪内晶子
コンサートマスター/長原幸太

クシシュトフ・ペンデレツキ(1933ー)は、ポーランドの作曲家、指揮者として活躍する敬虔なカトリック教徒で「広島の犠牲者に捧げる哀歌」によって世界的に知られるようになった。トーン・クラスターと呼ばれる音群の技法により1961年パリで行われた国際作曲家会議に出品し、最高賞のユネスコ賞を受賞した。

同じくポーランドのカロル・シマノフスキ(1882−1937)は、ウクライナの貴族の家系に生まれ、両親からピアノの手ほどきを受けた。ポーランドでは民族意識が高まり音楽においてもシマノフスキ達は「若いポーランド」というグループを1905年に結成し保守的な楽壇と距離を置いた。
諏訪内さんのヴァイオリンでヴァイオリン協奏曲1番は、ポーランドのヴァイオリニスト・コハンスキのために書かれ官能的でオリエンタリズムが息づく。後半のカデンツァは、コハンスキが創っている。
アンコールは、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ2番の1楽章。

ゲオルク・フリードリッヒ・ハース(1953ー)は、現代のオーストリアを代表する作曲家の一人。創作の初期から平均律の響きに限界を感じ、スペクトル楽派の音楽に基づき幻想的な響きを作り出すようになった。
「静物」も2003年バーデンバーデン&フライブルグSWR交響楽団と首席指揮者だったカンブルランの指揮で初演され、大きな成功を収め、カンブルランに献呈された。
巨大な甲虫の群れが羽音を立てながら襲ってくるような音楽でした。

最後がモーリス・ラヴェル(1875−1937)の「ラ・ヴァルス」。1855年頃の皇帝の宮廷の時代はJ.シュトラウス二世が活躍し、ウインナワルツの音楽に乗せて、全員が同じ方向に向かっていた時代、ラヴェルの音楽には同じように回っても何も生み出すことができないとする虚無感や絶望感が渦巻いている。彼自身、志願兵として前線に赴いた第1次世界大戦後の喪失感に加え、最愛の母親を亡くして心身共に衰弱していた。雲の間に甘美なワルツが聞こえたり消えたりと不思議な「破壊の円舞曲」でした、ラヴェル素敵! カンブルラン、捉えどころのない虚無感が漂って素敵でした。