山田和樹 対 『ゴジラ』

6月13日(木)

読響・第589回定期演奏会は、首席客演指揮者の山田和樹指揮です。
初夏にふさわしい力強い音楽が続きました。なんとサントリーホールに『ゴジラ』が現れました。

伊福部昭/SF交響ファンタジー第1番
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲
     ~休憩~
カリンニコフ/交響曲第1番ト短調
 指揮/山田和樹
 ソプラノ/アルビナ・シャギムラトヴァ Albina Shagimuratova
 コンサートマスター/小森谷巧

伊福部昭(1914-2006)のSF交響ファンタジー1番は、伊福部が東宝の特撮映画のために書いた音楽を演奏会用に編曲したもので、1054年の『ゴジラ』のタイトル・テーマから始まり、『キングコング対ゴジラ』のタイトル・テーマ、『宇宙大戦争』の夜曲、『フランケンシュタイン対地底怪獣』のパラゴンの恐怖、『三大怪獣 地球最大の決戦』のゴジラとラドン、『宇宙大戦争』のタイトル・テーマ、『怪獣総進撃』のマーチ、『宇宙大戦争』の戦争シーンで結ばれる。
終わるとあまりの迫力に、「ウオー」という叫び声が湧き上がりました。

次もすごい迫力です。19世紀ロシア音楽の伝統を継承する作曲家グリエール(1875-1956)の「コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲」(1943) 、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」(1915)とよく似た歌詞のない作品。ウズベキスタンのタシケント生まれのアルビナ・シャギムラトバが素晴らしいコロラトゥーラを聴かせてくれ、サントリーホールに響き渡りました。観客は大興奮!
アンコールがオーケストラ付きで用意されていました。アリャビエフの「ナイチンゲール」、曲の最後に声とフルートの掛け合いが楽しいひと時を演出してくれました。

最後は、チャイコフルキーに才能を高く評価されながらも若くして世を去った19世紀後半ロシアの作曲家カリンニコフ(1866-1901)、貧困と病気に苛まれ、苦労の連続だった。交響曲第1番は、民謡風の旋律や軽快なリズムとエネルギーに満ちたストレートな音楽で山田和樹がしなやかに演奏します。
今日もなんと良い音楽日和だったことか。
隣のブルーローズで室内楽を聴いている友達は、クス・クァルテットのクラウドファンディングがなんとかって言っていましたがどうなんでしょう?

 

 

インキネン・諏訪内晶子

6月7日(金)

日本フィル第711回東京定期演奏会は、日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念公演として、インキネン指揮でシベリウスとフィンランド関連の曲を演奏しました。

湯浅譲二/シベリウス讃-ミッドナイト・サン-
サロネン/ヴァイオリン協奏曲
     ~休憩~
シベリウス/組曲「レミンカイネン」-4つの伝説
 指揮/ピエタリ・インキネン
 ヴァイオリン/諏訪内晶子
 コンサートマスター/白井圭
 ソロ・チェロ/菊地知也

初めは湯浅譲二(1929-)のシベリウス讃ーミッドナイト・サンは、7分ばかりの曲でフィンランドのヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団から、1990年のシベリウス生誕125周年を記念する作曲プロジェクト「シベリウス讃」シリーズの一環として委嘱された作品。「ミッッドナイト・サン」は、北欧圏に見られる自然現象、白夜の太陽を意味すると同時に世阿弥の思想にも結び付けられている。
演奏が終わると観客席にいた湯浅譲二さんが舞台に上がられました。そして観客席では、サントリー・ブルーロズでベートーベヴェンチクルスをやっているクス・クァルテットも諏訪内のヴァイオリンを聴きにやってきていましたよ。

諏訪内晶子が真っ赤なドレスで現れると舞台がパッと華やかな雰囲気に包まれます。ヘルシンキ生まれのエサ=ペッカ・サロネン(1958-)のヴァイオリン協奏曲、サロネンは指揮者としても有名ですが現代フィンランドを代表する作曲者でもあります。
いきなりヴァイオリンのソロからリズミカルに始まり、
第1楽章は「ミラージュ」(蜃気楼)、第2楽章は「パルスⅠ」、第3楽章は「パルスⅡ」、第4楽章は「アデュー」と、50歳という人生の節目を迎えたサロネンが自らの経験を描いたもので、急〜緩〜急〜緩の4楽章からなるとても面白い曲、打楽器もたくさん用いられている。諏訪内のテクニックとリズム感すごいです! アンコールもあってバッハの無伴奏パルティータ第3番から第2曲「Loure」。

最後はシベリウス(1865-1957)の組曲レミンカイネン、フィンランドの伝説や歌を集めて編纂した民族叙事詩「カレワラ」に登場する英雄の一人がレミンカイネンで、剣にも魔法にも長けて女好きという「英雄色を好む」を地でゆく様な存在、4つの交響詩を一纏めにした交響曲とも言える組曲で、1「レミンカイネンと島の乙女たち」2「トゥオネラのレミンカイネン」3「トゥオネラの白鳥」4「レミンカイネンの帰郷」これは作曲者が1896年に作曲者自身の指揮で演奏された時の曲順に従っている。
とっても充実した演奏会でした。

 

二期会「サロメ」

6月5日(水)

二期会公演のオペラ「サロメ」を東京文化会館大ホールで観てきました。
新約聖書の中に記された、ほんの小さなエピソードを元にオスカー・ワイルドが書いた戯曲がオペラの原作となっている。公演は、5日・6日・8日・9日とあり、初日に行きました。

リヒャルト・シュトラウス/歌劇「サロメ」
 ヘロデ/今尾滋
 ヘロディアス/池田香織
 サロメ/森谷真理
 ヨカナーン/大沼徹
 ナラボート/大槻孝志
 ヘロディアスの小姓/杉山由紀
 ユダヤ人1/大野光彦
 ユダヤ人2/新海康仁
 ユダヤ人3/高柳圭
 ユダヤ人4/加茂下稔
 ユダヤ人5/松井永太郎
 ナザレ人1/勝村大城
 ナザレ人2&奴隷/市川浩平
 兵士1/大川博
 兵士2/湯澤直幹
 カッパドキア人/岩田健志
 死刑執行人/仲川和哉
 エジプト人&召使/須藤章太、山田貢央
 カッパドキア人2/石川修平
 管弦楽/読売日本交響楽団
 指揮/セバスティアン・ヴァイグレ
 演出/ヴィリー・デッカー

「サロメ」は、1905年リヒャルト・シュトラウスによって作曲された音学史上極めて重要なオペラです。管弦楽は読響、指揮は読響10代常任指揮者に就任したセバスティアン・ヴァイグレ、演出はヴァリー・デッカーで、ハンブルグ州立歌劇場との共同制作公演。
ヴァリー・デッカーの演出はおどろおどろしい内容とは正反対に舞台は無色の白で、月光のおぼろげな銀白色が支配している。
「サロメがダンスの褒美に洗礼者ヨハネの首を求める」「7つのヴェールの踊り」「皿に乗ったヨカナンの首」などこのオペラの見所となる。
サロメ役の森谷真里さん、メトロポリタン歌劇場で「魔笛」夜の女王役でデビューを飾ったという実力の持ち主、声も迫力も演技も全てにおいて優れている。この10月には「蝶々夫人」をやるそうです。サロメの母役ヘロディアスの池田香織さんも声と迫力で悪女ぶりを発揮していました。ヨカナーンの大沼徹もよかった。ブラボー、スタンディングオベーションがこれまでのオペラよりずっと多かった様に思います。
なお、4月28日にオーチャードホールでマスネの「エロディアード」を見てきました。こちらはサロメの母のエロディアードが主人公の物語ですが、同じ聖書の逸話を元に書かれた2つの作品ということで、ワイルドの戯曲「サロメ」がリヒャルト・シュトラウスの「サロメ」、フローベールの短編「ヘロディアス」がマスネの「エロディアード」の原作です。

クァルテット・エクセルシオ 第36回 東京定期演奏会

6月2日(日)

今年で結成25周年を迎えるクァルテット・エクセルシオの東京定期演奏会が上野の東京文化会館小ホールで開かれました。
結成25周年記念イヴェントとして、1年前からもう一度聴きたい曲のリクエストを取っており,今回は下の曲を演奏することになりました。ちなみに1位は、シューベルトの15番とショスタコーヴィチの8番、2位はドヴォルザークの「アメリカ」、3位はベートーヴェンの15番-132でした。

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第1番へ長調作品18-1
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第8番ハ短調作品110
     ~休憩~
ブラームス/弦楽四重奏曲第3番変ロ長調作品67
 クァルテット・エクセルシオ

ベートーヴェンの1番はまず初心に戻るというつもりで,そして来年のベートーヴェン記念年に向けての第一歩として。
ショスタコーヴィチの8番は、「ファシズムと戦争の犠牲者の思い出に」捧げるとして1960年作曲されています。ショスタコーヴィチの頭文字(D-Es-C-H)が織り込まれたり、ユダヤ旋律が繰り返し繰り返し現れたり不気味なしかしとっても面白い曲。
前作とは打って変わって明るめのブラームスの3番は、交響曲1番と同じ頃に書かれていて似た旋律が聴こえてくる。ショスタコーヴィチの後でのブラームスは、暖かく包み込んでくれる様なほっと出来る瞬間で絶望から正反対の暖かさが印象的な素晴らしい展開と演奏でした。
試演会の演奏とは変わり緊張感に溢れ、やはり本番に強いプロ中のプロだなと気づかされました。

グスタフ・クリムト展

6月1日(土)

上野の東京都美術館(4.23ー7.10)にて、グスタフ・クリムト(1862-1918)展やってます。貧しい金細工師の家に生まれながら19世紀末のウィーンを代表する華やかな装飾性と世紀末的官能性を併せ持つ作品は、今なお圧倒的な人気があります。

「クリムト展ウィーンと日本 1900 」では、ベートーヴェンの交響曲第9を「物語」にした全長34mにも及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な原寸大複製を展示しています。(本物はベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にあります。)美術館内講堂において音楽評論家の奥田佳道氏の解説があり、ウィーン分離派開幕時に第9を演奏した場所が現在ホテルザッハーになっており美味しいザッハトルテが食べられるということなどクリムト、マーラー、ベートーヴェンにまつわること色々教えてもらいました。是非ともウィーンのホテルザッハー行かなくちゃ〜。
たくさんクリムトの作品も関連のある作品も展示してありますのでどうぞ!

アルカディア・クァルテット

5月29日(水)

サルビアホール第113回クァルテット・シリーズは、3年に1度行われる大阪国際室内楽コンクール優勝クァルテット・チクルス#1のアルカディア・クァルテットです。大阪国際室内楽コンクールは今年も開催年ですのでそれの目当ての人たちも来ていました。

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第2番ト長調作品18-2
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第10番変ホ長調作品74「ハープ」
     ~休憩~
バルトーク/弦楽四重奏曲第4番
 アルカディア・クァルテット

2006年にルーマニアのゲオルゲ・ディマ音楽アカデミーの学生により結成された。一見するよりはるかに若いグループで、2009年ハンブルグ国際室内楽コンクールで優勝、2012年には最高峰とされるロンドン・ウィグモアホール国際弦楽四重奏コンクールで優勝,2013年には大阪室内楽コンクールにも優勝したという凄腕の持ち主達。
今まで聴いたことがなかったような集中力のあるドラマティックなベートーヴェンもすんなり素敵だと思ってしまいました。
バルトーク(1881-1945)の4番の面白いこと、そのバルトークは若い頃祖国ハンガリーからルーマニアに至る東欧の民謡を採譜収集し、ヨーロッパの中にあって東洋的な風味を持つ5音音階を体に染み込ませている。
アンコールはラズヴァン・メテアのPatru bagatele ルーマニアのロックのようです。


鵠沼サロンでマルティヌー・クァルテット

チェコの名門マルティヌー・クァルテットの演奏会を2つ続けてご紹介いたします。

写真左から ヴァイオリン:リボール・カニュカ   チェロ:イッカ・ヴランシャンコヴァ 
 ヴァイオリン:ルボミール・ハヴラーク  ヴィオラ:ズビネーク・パドゥーレク

5月21日(火)鵠沼サロンコンサートに先立つ21日にはサルビアホールでマルティヌー・クァルテットの演奏会がありました。

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第11番へ短調作品95「セリオーソ」
マルティヌー/弦楽四重奏曲第7番「室内協奏曲」
     ~休憩~
スメタナ/弦楽四重奏曲第1番ホ短調「わが生涯より」
 マルティヌー・クァルテット

5月28日(火) 第381回鵠沼サロンコンサートは、上の写真にあるサロンでのコンサートでなんと,ドヴォルザークの「アメリカ」を演奏してくれました。

ハイドン/弦楽四重奏曲第68番ロ短調作品64-2
ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第2番「内緒の手紙」
     ~休憩~
ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第12番へ長調作品96「アメリカ」
 マルティヌー・クァルテット

前身となるハヴラーク・クァルテットは1976年にプラハ音楽院の学生によって結成され、1985年にはチェコを代表する偉大な作曲家マルティヌーの名を名乗ることになった。そのマルティヌーの曲は、21日のサルビアで弦楽四重奏曲第7番「室内協奏曲」を、チェコの作曲家スメタナの「わが生涯より」やヤナーチェクの「内緒の手紙」、ドヴォルザークの「アメリカ」など素晴らしい演奏を聴かせてくれました。特にヤナーチェクの「内緒の手紙」700通のラブレターを書いたと言われるヤナーチェク,相手はカミラという若い女性で、曲に激しい気持ちが出ていてすごい演奏でした。

アンコールはドヴォルザークのワルツと糸杉の第3曲、美人のチェロ:イツカ・ヴランシャンコヴァのおかげか鵠沼サロンがますます華やかなサロンに見えました。

飯守泰次郎・ベートーヴェン第5番「運命」

5月25日(土)

第347回日本フィル横浜定期演奏会は、ドイツ音楽の解釈に高い定評のある飯守泰次郎指揮 ベートーヴェンの第5交響曲と上原彩子さんのピアノでシューマンのピアノ協奏曲です。

ベートーヴェン/「レオノーレ」序曲第3番
シューマン/ピアノ協奏曲
     ~休憩~
ベートーヴェン/交響曲第5番
 指揮/飯守泰次郎
 ピアノ/上原彩子
 コンサートマスター/千葉清加

ベートーヴェン(1770-1827)の「レオノーレ」序曲3番に続いて
シューマン(1810-1856)のピアノ協奏曲は、2002年、第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門で女性として、日本人として史上初めての第一位を獲得した上原彩子さんの演奏です。本人より「久しぶりのシューマンですが、オーケストラとピアノが対等に活躍する曲なので,日本フィルの素晴らしいみなさんと飯守マエストロとともに音楽を作っていけることを楽しみにしています」との言葉通り堂々の演奏です。アンコールはシューマンの「ウィーンの謝肉祭」の第4曲「間奏曲」
最後はベートーヴェンの交響曲5番「運命」、巨匠風重々しい運命かと思いきや、早めでしかも日フィルらしい引き締まった演奏とマエストロの意図が一致した素敵な運命でした。途中1楽章オーボエのカデンツァが舞い上がるところもマエストロの見解だそうです。
アンコールがあって,シューベルトの有名なロザムンデから間奏曲です。なんと優しく美しい飯守泰次郎のシューベルトでしょうか。

京都「つぶら乃」でランチ

5月23日(木)

京都東山の八坂の塔の見えるお店「つぶら乃」で、久しぶりに3姉妹が顔を合わせました。東京から横浜から名古屋からそれぞれ別々の列車に乗って、

「つぶら乃」は外の喧騒には全く関係なく、静かで落ち着いた雰囲気でたっぷり2時間おしゃべりをし、

次はすぐ近くのKoma Gallery Cafeでおしゃべりして帰りました。

この喫茶店では焙煎していない白いコーヒーも飲むことができます。
なんだかスッキリ!



「明日館」でモーツァルトの調べ

5月19日(日)

日本モーツァルト愛好会 第475回例会で、ピアノの浅野真弓さんとクァルテット・エクセルシオが協演することになりました。場所は池袋のメトロポリタン・ホテル近くの「明日館」という重要文化財になっている建物です。今日は会場満席だそうです。

写真上の中央がモーツァルト愛好会の朝吹氏
中央が明日館
写真下クァルテット・エクセルシオのメンバーと白いドレスが浅野真弓さん、それに私たちエクフレンズ

≪日本モーツァルト愛好会・第475回例会≫
モーツァルト/弦楽四重奏曲第1番ト長調K80「ローディ」
モーツァルト/ピアノ四重奏曲第1番ト短調K478
     ~休憩~
モーツァルト/ピアノ・ソナタ第11番イ長調K331より「トルコ行進曲」
モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466(ピアノ五重奏版)
 ピアノ/浅野真弓
 クァルテット・エクセルシオ

W.A.モーツァルト(1756-1791)の弦楽四重奏曲第1番「ローディー」は、14歳の時の作品。
次のピアノ四重奏曲第1番は、モーツァルト29歳もっとも油の乗り切っていた時の作品です。
「トルコ行進曲」はピアノの浅野真弓さん独奏。
最後はピアノ協奏曲20番のピアノ五重奏版です。この曲も29歳の時のもので、エクのオケ部分の演奏で浅野真弓さんの素晴らしいピアノが堪能できました。
アンコールはドヴォルザークの五重奏曲から3楽章です。

浅野真弓さんもエクセルシオのメンバーも今度新しくエクセルシオの1員になった北見春菜さんも桐朋学園出身です。そして浅野真弓さんは音楽の友編集の「最新ピアノ&ピアニスト」誌上で「日本の名ピアニストたち」に選出され、昨年エクと共演した室内楽シリーズ第3回公演、音楽の友誌「コンサート・ベストテン2018」に選ばれたという輝かしい実績の持ち主たちです。

重要文化財「明日館」講堂という会場のおかげもあり素敵な演奏会になりました。歴史ある「明日館」は、帝国ホテルを建てたフランク・ロイド・ライトと遠藤新の設計による建物で、「友の会」の本部があるところです。それは次へ。