ウィーン国立歌劇場「トゥーランドット」

3月7日(土)

ウィーン国立歌劇場「トゥーランドット」のOTTAVA TVライブストリーミングが3月6日〜8日まで放映されました。新型コロナウイルスの影響でミラノ・スカラ座が休演、国内の演奏会もほとんど休演や延期を余儀なくされていますが、ウィーン国立歌劇場はちゃんとやってくれています。こういう時こそライブストリーミングですね!

トゥーランドット/エレーナ・パンクラトーヴァ Elena Pankratova
カラフ/ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna
リュー/ゴルダ・シュルツ Golda Schultz
皇帝アルトゥーム/ベネディクト・コーベル Benedikt Kobel
ティムール/ライアン・スピード・グリーン Ryan Speedo Green
役人/パオロ・ルメッツ Paolo Rumetz
ピン/ボアズ・ダニエル Boaz Daniel
パン/カルロス・オスナ Carlos Osuna
ポン/レオナルド・ナヴァロ Leonardo Navarro
指揮/ラモン・テバール Ramon Tebar
演出、舞台装置及び照明/マルコ・アルトゥーロ・マレッリ Arturo Marco Marelli
衣装/ダグマール・ニーフィンド Dagmar Niefind
映像/アーロン・キッチヒ Aron Kitzig

プッチーニの「トゥーランドット」と言えば有名で知らない人はないくらい。今回の演出はスイス生まれの70歳マルコ・アルトゥーロ・マレッリで、舞台は北京ですが現代に置き換えてあります。カラフ役のロベルト・アラーニャが、作曲者プッチーニとして出演しオルゴールから流れる中国の民謡を聴き、何か閃いたという設定からジャジャジャーンと始まります。3幕の「誰も寝てはならない」のアリアもこの部屋から、出来上がった楽譜を持ちながら歌い、拍手が湧きます。合唱団が観客という劇中劇の形で進んで行くのも今回の特徴です。
トゥーランドット姫役のエレーナ・パンクラトーヴァは、ロシアのソプラノで音楽的な感性と最高のテクニック、ステージの存在感が揃った歌手で現在大活躍中。それからリュウ役のゴルダ・シュルツは南アフリカ出身のソプラノですが、ソフトな声は涙を誘い、最後のカーテンコールでも拍手が鳴り止みませんでした。でもなんと言っても出ずっぱりの今回のアラーニャ様の活躍ぶりは素晴らしい!
プーティンパオ!月が昇るの合唱から児童合唱がこのオペラ全体に流れる中国民謡「茉莉花」(Jasmine Flower)の曲に合わせてゆったり歌うのも素敵ですね!
ピン・ポン・パンが〝さらば愛、さらば尊い民、あの中国はもはや存在しない〟としみじみ歌うのも何か今につながっている様な感じ。
圧倒的な歌唱力のトゥーランドット姫と強い愛のカラフ、それに涙を誘うリュウの3拍子が揃った素晴らしいオペラでカーテンコールが何度も繰り返されました。

びわ湖ホール「神々の黄昏」もライブストリーミング

新型コロナウイルスの影響で休演か延期を余儀なくされている演奏会の中、びわ湖ホールで予定されているワグナー「神々の黄昏」は、無料でインターネット配信をされるようです。

配信日時:令和2年3月7日(土)・8日(日)各日13:00開始、19:00終了予定

◆びわ湖ホールプロデュース

オペラ「ニーベルングの指環」第3日目 ワーグナー作曲『神々の黄昏』(全3幕)

指揮:沼尻竜典 演出:ミヒャエル・ハンペ 美術・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ

公演概要はこちら:https://www.biwako-hall.or.jp/performance/special/gotterdammerung202003.html

神奈川フィル・モーツァルト+

2月22日(土)

神奈川フィル音楽堂シリーズ第16回は、川瀬賢太郎指揮で「モーツァルト+」。「月夜の蓮」とモーツァルトのピアノコンチェルトは菊池洋子さんのピアノソロです。

モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
細川俊夫/月夜の蓮~モーツァルトへのオマージュ
     ~休憩~
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
 指揮/川瀬賢太郎
 ピアノ/菊池洋子
 コンサートマスター/石田泰尚

2006年モーツァルトの生誕250年を記念して北ドイツ放送局は4人の作曲家に新曲を委嘱した。条件は一人ひとり別々のカテゴリーを指定して、カップリングで演奏するモーツァルトの曲を選び、それと同じ楽器編成で新作をかくこと。
細川俊夫(1955-)は「ピアノ協奏曲」第23番イ長調をピックアップした。「月夜の蓮」というタイトルで、「静かで明るい月夜、蓮の花は蕾のまま、月光を受けて、開花に向かって、夢にまどろむ。その夢の中には、かすかにモーツァルトの音楽への憧れが託される」

初めにモーツァルトの「魔笛」序曲で、
次が細川俊夫の「月夜の蓮」は、ピアノの1つの音から始まり、だんだん影のように音が重なってゆく。うねりのように音が広がり、ピアノのカデンツァで蓮の開花を促すような表現をしたのちに、神秘的な音空間の中で風鈴の音がかすかに聞こえ、モーツァルトの2楽章のフレーズがチラリと顔を出す。
休憩を挟んで、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番が始まります。
やはり、2楽章のAdagioの部分はいいですね〜。
アンコールはモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスをリストが編曲したものです。


大井・大森 気になるお店「鎧せんべい」

大井町にある手焼きせんべいの店「鎧せんべい」は、JR大井町駅の阪急側の中央通りを歩いて4分くらいのところにあり、吉田類の「酒場放浪記」にも何度か紹介されたことがあります。我が家のお気に入りのお店です〜。

少しお高いんですが、大量生産してない分なかなか味わい深い。
伝統的な網焼きででじっくり焼き上げた手焼きせんべいは、良質なうるち米を使用し、小豆島のお醤油で味付けしています。
せんべいやあられを詰め合わせた贈り物セットもあります。

鎧せんべい
〒140-0014 東京都品川区大井1-20-13
Tel : 03-3771-9649
定休日: 日曜日

ベネヴィッツ・クァルテット@サルビアホール

2月29日(金)

サルビアホール 第125回 クアルテットシリーズは、大阪国際室内楽コンクール優勝クァルテット・チクルス 5回目のベネヴィッツ・クァルテットです。
チェコのクァルテットということで、チェコの曲を取り上げます。

左から(ヴィオラ:イジー・ピンカス、ファースト:ヤコブ・フィシャール、セカンド:シュテパン・イェジェーク、チェロ:シュテパン・ドレジャール)

クラーサ/主題と変奏
スメタナ/弦楽四重奏曲第2番ニ短調
     ~休憩~
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132
 べネヴィッツ・クァルテット

ハンス・クラーサ(1899-1944)は、プラハ出身の作曲家、プラハ・ドイツ音楽アカデミーでツェムリンスキーに学び、影響を受けた。ユダヤ系であったためアウシュビィッツに送られ1944年にはガス室に入れられて44歳の生涯を閉じることになる。
「主題と変奏」は6つの変奏曲となっており、洗練されて粋な聴きやすい曲と感じられた。
次もチェコのベドジフ・スメタナ(1824-1884)の2番です。スメタナ58歳の1882年で死の前々年、極度の難聴、失語症、幻覚、歩行障害に加えて家庭内のゴタゴタがあり、第1番の「わが生涯より」の続編的性格、ベネヴィッツ力強く演奏しました。
最後は生誕250周年のベートーヴェンの15番は、「第九」を書き上げた後に書いた5曲の弦楽四重奏の中の1つで、2楽章まで書いたところで持病が悪化して中断し、1年後に回復して書いたのが3楽章で冒頭に「病癒えしものの神への聖なる感謝の歌」と記されているのが印象的な曲。
アンコールは、エルヴィン・シュルホフの弦楽四重奏のための5小品から、4楽章アラ・タンゴ・ミロンガ、と5楽章アラ・タランテラでした。

クァルテット・ベルリン=トウキョウ@サルビアホール

2月13日(木)

第124回サルビアホール クァルテット・シリーズは、クァルテット・ベルリン=トウキョウです。毎年2月にサルビアに来るベルリン=トウキョウ、おなじみのファンの方がたくさん来ていて今回も満席となっています。

ハイドン/弦楽四重奏曲第30番変ホ長調作品33-2「冗談」
ヴォルフ/イタリアのセレナード
シューベルト/弦楽四重奏曲第12番ハ短調D703「四重奏断章」
     ~休憩~ITARIA 
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131
クァルテット・ベルリン=トウキョウ

2011年に結成後すぐにミュンヘン国際コンクールで特別賞を取り、それ以来大活躍のメンバーです。
ハイドン((1732-1809)の「冗談」ロシア大公パーヴェル・ペトロヴィチの献呈された「ロシア四重奏曲」作品33の6曲のうちの2曲目。軽妙で美しい均衡を保った作品で、最後の4楽章終わりそうで終わらないベルリン=トウキョウの「冗談」も聴衆には通じたようで、大拍手でした。
ヴォルフ(1860-1903) イタリアのセレナード、ヴォルフ27歳1887年の作品、第1楽章までで断念。
シューベルト(1797-1828)の弦楽四重奏曲、第12番「四重奏断章」シューベルト23歳の1820年に書かれたが1楽章のみが「断章」として演奏される。
ベートーヴェン(1770-1827)第14番は、ロシアの貴族ニコライ・ガリツィン公爵から依頼されて書いたもので、ベートーヴェン56才の1826年、死の8ヶ月前の作品。
アンコールはクルタークの12のミクロ作品13から第5曲と
べートーヴェンの一番最初に書いた弦楽四重奏曲第3番から第4楽章。

 

小笠原伯爵邸の宴その2

2月13日(木)

いつもの友達と以前行ったことのある「小笠原伯爵邸」にもう一度行きたいと要望があったので行ってきました。担当はSさん、スペイン料理のお店です。

前菜:トーストの上にロース肉、カリフラワーの泡とたらのからすみ、イディアサバルチーズのサブレ、冬野菜のトリュフソース
リゾット:リゾットの上にタラのコンフィ九条ネギのせ
魚料理:鰆の鉄板焼きに海のコンソメ ガルムのエッセンス
肉料理::イベリコ豚の備長炭焼き、ローストオニオンにマスタードとオロロソース、ローストオニオンにはオリーブオイルサワークリーム、かりんのジャムとペンタスの花が添えられています。
デザート:イチゴ アイスクリームにイチゴのソース ピスタチオ、花の香りの赤い紙片も食べられます。
小菓子とコーヒー

邸内も案内してくれます。詳細については小笠原伯爵邸の宴をご覧ください。

ご馳走様でした。
お話は多岐にわたり大盛り上がりでした。

小笠原伯爵邸:〒162-0054 東京都新宿区河田町10-10
Tel : 03-3359-5830