ウィーン国立歌劇場「ローエングリン」

ウィーン国立歌劇場のリヒャルト・ワーグナーの最後のオペラ「ローエングリン」が、OTTAVA TVのライブストリーミングで、20日から23日まで放映されました。結婚行進曲で有名なオペラですね!ノイシュヴァンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世は、ワーグナーのパトロンでこの作品をとても愛していたと言います。

ドイツ国王ハインリッヒ/アイン・アンガー Ain Anger
ローエングリン/ピョートル・ベチャラ Piotr Beczala
エルザ/コーネリア・べスコウ Cornelia Beskow
テルラムント/エギルス・シリンス Egils Silins
オルトルート/リンダ・ワトソン Linda Watson
王の伝令/ボアツ・ダニエル Boaz Daniel
4人のブラバント貴族/ヴォルフラム・イゴール・デルントル Wolfram Igor Derntl 、マーティン・ミュラー Martin Muller、ヨハンネス・ギッセル Johannes Gisser 、ドミニク・リーガー Dominik Rieger
4人の小姓/貫見恭子 Kyoko Nukumi 、カヤ・マリア・ラスト Taya Maria Last、バーバラ・ライター Barbara Reiter 、ディムフナ・メイツ Dymfna Meijts
指揮/ミヒャエル・ギュトラー Michael Guttler
演出/アンドレアス・ホモキ Andreas Homoki
舞台及び衣装デザイン/ヴォルフガング・グスマン Wolfgang Gussmann
照明/フランク・エヴィン Franck Evin
ドラマトゥルグ/ウェルナー・ヒンツェ Werner Hintze

舞台はブラバンド公国、先代の王の子供で姉のエルザ(Cornelia Beskow)と弟のゴッドフリートがいました。エルザに結婚を拒否されたフリードリヒは魔法使いオルトルートを使い(弟のゴッドフリートを白鳥に変え,エルザが弟を殺したと嘘を言う)でブラバンド公国の実権を握ることになったのですが、この時エルザの危機を救ったのが、白鳥に曳かれた小舟に乗った騎士ローエングリン(Piotr Beczala)です。
騎士とフリードリヒが闘いローエングリンが勝って有名な結婚行進曲のシーンとなります。騎士の素性をどうしても聴きたいエルザですが,フリードリヒに襲われて殺してしまったローエングリンは、国王の前で,〝私は聖杯の王パルジファルの息子ローエングリン〟と自らの素性を明かす。素性を明かしたからにはこの地にいられないと去ってゆき、白鳥に変えられた弟のゴッドフリートが現れます。そして〝ご覧ください、これこそが、君主としてあなた方を率いることとなるブラバンド公です〟と舞台裏から声が聞こえます。

で,今回のホモキの演出は結構オーソドックスな演出ですが、エルザもオルトルートも死ぬことはなく幕切れまでゴッドフリートは横たわったままです。
ローエングリン役のピョートル・ベチャラは、トスカ公演の終わりに宮廷歌手の称号をもらった歌手で、エルザ役のコーネリア・べスコウはストックホルム生まれの美人で若きソプラノです。
公演最後に魔女役のリンダ・ワトソンに宮廷歌手の称号を授与するセレモニーもありました。
ウィーン国立歌劇場ってすごいですね!
OTTVA TVで日本に配信しているオペラだけではなくて毎日のようにオペラやバレーを公演しているんですね!
次はリヒャルト・シュトラウス「サロメ」です。

 

品川区水神公園にモニュメント

品川区大井水神公園内に大型モニュメントが設置されました。
公園利用者や東京2020大会を契機に訪日する観光客に,品川区をPRするとともに品川の魅力を知ってもらうことを目的に制作されました。
東海道線,京浜東北線の車窓からも見ることができ、夜間にはライトアップもされます。

品川水族館にバンドウイルカの赤ちゃんが生まれ、名前が〝ミント〟だそうです。

Q.エクセルシオ × S.Q. アルコ

1月18日(土)

今年初の室内楽は、常設四重奏団のクァルテット・エクセルシオと東京のメジャーオーケストラで重要なポジションを占めているストリング・クァルテット・アルコの共演です。
チェロの大友とは小学校時代から音楽学校で学んだというヴィオラの柳瀬やチェロの古川は懐かしさのあまり涙ぐむほど、お正月から温かくて素敵な演奏会でした。
                        (浦安音楽ホール)

双紙(アルコ)伊藤(アルコ)西野(エク)古川(アルコ)北見(エク)柳瀬(アルコ)吉田(エク)大友(エク)  

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第4番ハ短調作品18-4
ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第12番ヘ長調作品96「アメリカ」
     ~休憩~
メンデルスゾーン/弦楽八重奏曲変ホ長調作品20
 クァルテット・エクセルシオ
 ストリング・クワルテットARCO

常設ストリング・クァルテットであるエクセルシオのベートーヴェン4番の次がアルコのドヴォルザーク「アメリカ」。
休憩を挟んで、メンデルスゾーン(1809-47)の八重奏曲、ベートーヴェンもシューベルトもヴィーンで存命中だった1825年メンデルスゾーン16歳の時に書いた曲で、日本において最も数多く演奏しているのがクァルテット・エクセルシオだそうです。8人の熱気が伝わってくる素敵な演奏でした。
アンコールは、4楽章プレストを再現。
サイン会では、エクフレンズの仲間も沢山来ていてお正月らしい和気藹々とした雰囲気が続きます、外は霙まじりの悪天候が不思議なくらいです。

 

読響・下野「ペスト流行時の酒宴」

1月15日(水)

今年初めの生演奏会となる読響第594回定期演奏会は、下野竜也指揮で刺激的なプログラムです。ロシアとアメリカをテーマにグバイドゥーリナとアダムスの性格の違う動的な2作品とショスタコーヴィチとモートン・フェルドマンの静的な2作品を選びました。女性作曲家、グバイドゥーリナの「ペスト流行時の酒宴」は、とても面白い❗️です。

ショスタコーヴィチ/エレジー
ジョン・アダムス/サクソフォン協奏曲
     ~休憩~
フェルドマン/On Time and the Instrumental Factor (日本初演)
グバイドゥーリナ/ペスト流行時の酒宴(日本初演)
 指揮/下野達也
 サクソフォン/上野耕平
 コンサートマスター/日下紗矢子(特別客員コンサートマスター)

ショスタコーヴィチのエレジーに続きジョン・アダムス(1947-)のサクソフォン協奏曲は上野耕平君の素晴らしいサックスの音色を聴くことができました。
上野君は、茨城県東海村出身で東京芸大を卒業し,日本管打楽器コンクール史上最年少で第1位及び特別大賞をもらい、最近では2018年第28回出光音楽賞を受賞しています。
ジョン・アダムスといえばアメリカの作曲家でオペラ「中国のニクソン」を作曲した人です。サクソフォン協奏曲はジャズ的な雰囲気に包まれます。アンコールがあり上野君が大きな声で「可愛い曲」と言って紹介しましたが、テュドールという人のクオーター・トーン・ワルツでした。
続いて日本初演の作品が2曲、モートン・フェルドマン(1926-87)のOn Time and the Instrumental Factorは、彼が1926年にニューヨークで生まれ、1969年作曲された8分ほどの作品。
ソフィア・グバイドゥーリナ(1931-)のなんとも恐ろしい「ペスト流行時の酒宴」は、プーシキンの戯曲からとられたもの。
ホルンなどのファンファーレから始まり、途中予め録音された電子音が断続的に重ねられて酒宴のクライマックスではホールが飽和状態にまで達します。ソフィア・グバイドゥーリナですから女性でかなりのお年ですが、2005年に作曲されており作曲者はこの曲について「そこに何かあるとしたらそれは希望」と記している。
今回も面白い曲を紹介してくれた下野マエストロ、有り難うございます。

 

 

ウィーン国立歌劇場「ヘンゼルとグレーテル」

今日からお仕事の人も多いのかしら。
しろくまは、朝食を終えて片付いたら、パソコンのOTTAVA  TVライブストリーミングを開いてウィーンに出かけます。今日6日から8日までウィーン国立歌劇場、フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」を放映。グリム童話が元になっていて、妖精とかお菓子の家が出てくる海外ではクリスマスシーズンに大人も子供も楽しめる演目となっています。🍓🍇🍪
開始早々カラフルな舞台と懐かしい調べが聞こえてきますよ。

箒職人ペーター/ボアズ・ダニエル Boaz Daniel
ゲルトルード/ステファニー・ハウツィール Stephanie Houtzeel
ヘンゼル/マーガレット・プラマー Margaret Plummer
グレーテル/アンドレア・キャロル Andrea Carroll
人食い魔女/モニカ・ボヒネク Monika Bohinec
砂の妖精・露の妖精/イレアナ・トンカ Ileana Tonca
指揮/トマーシュ・ハヌス Tomas Hanus
演出/エードリアン・ノーブル Adrian Noble
舞台及び衣装デザイン/アンソニー・ワード Anthony Ward
照明/ジャン・カルマン Jean Kalman
振付/デニ・セイヤーズ Denni Sayers
映像/アンジェイ・グールディング Andrzej Goulding

序曲では、1890年頃のクリスマスのロンドン、ヴィクトリア朝の家族が幸せそうにリビングのクリスマス・ツリーの周りに集まっているという設定で始まります。物語も音楽ももう皆さんよく知っている通り、二人の兄妹が森で迷子になり魔女と戦い魔法にかけられていた子供たちも無事に家に帰る物語、〝ホークスポークス ニワトコの木・・・〟で魔法にかけれれてしまう。今回はお菓子の家がかなり小さく作られています。
初めから終わりまでウィーン国立歌劇場とフンパーディンクの音楽と舞台に引きつけられます、是非ご覧ください!

 

 

ジャスティン・ヴィヴィアン・ボンドⅠ

皆様、このお正月どのようにしてお過ごしでしょうか?
おせち食べ過ぎ?かしら。
ウィーン国立歌劇場「オルランド」に出演したノン・バイナリーの
ジャスティン・ヴィヴィアン・ボンドJustin Vivian Bondのyou tubeがありますので
どうぞ!

中央が「オルランド」に出演のジャスティン・ヴィヴィアン・ボンド

 

ウィーン国立歌劇場「こうもり」

ウィーン国立歌劇場「こうもり」は、現地大晦日の公演がOTTAVA TVライブストリーミングで1月1日から3日まで放映されました。注目は2幕のゲストにヨーナス・カウフマンが現れましたよ❤️⭐️❤️⭐️、予告なしなのでビックリ❣️❗️、アデーレ役は「ナクソス島のアリアドネ」でツェルビネッタを演じたダニエラ・ファリーです。

アイゼンシュタイン/アドリアン・エレート Adrian Erod
ロザリンデ/ローラ・エイキン Laura Aikin
フランク/ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher
オルロフスキー侯爵/マルガリータ・グリツコヴァ Margarita Gritskova
アルフレード/ベンジャミン・ブランズ Benjamin Bruns
ファルケ博士/クレメンス・ウンターライナー Clemens Unterreiner
アデーレ/ダニエラ・ファリー Daniela Fally
フロッシュ/ペーター・シモニスチェク Peter Simonischek
ブリント博士/ペーター・イェロジッツ Peter Jelosits
イーダ/ヴァレリーア・サヴィンスカイア
イワン/ツァバ・マルコヴィッツ Czaba Markovits
指揮/ニコラス・カーター Nicholas Carter
演出/オットー・シェンク Otto Schenk
舞台美術/ギュンター・シュナイダー=ジームセン Gunther Schneider-Siemssen
衣装/ミレーナ・カノネロ Milena Canonero
バレエ(雷鳴と電光)振付/ゲルリンデ・ディル Gerlinde Dill

ウィーン国立歌劇場の大晦日は「こうもり」と決まっていて、2幕のパーティーゲストも超有名人が出てきます、演出、オットー・シェンクは、今年90歳になる巨匠で、「ラ・ボエーム」のゼッフィレルリと並んでオペラ演出の古典といわれます。2幕の歌のゲスト、カウフマンは、ロザリンデとの二重唱で「メリー・ウィドウ」など3曲を歌い観客を魅了しました。
もう何回観たかしらと思える「こうもり」ですが、大晦日のこの公演、日本では1月1日お正月から観ることができます。おせち料理を食べながら家族で観るのもいいですね!
OTTAVA TVライブストリーミグは、4日からバレー「海賊」、6日から「ヘンゼルとグレーテル」、20日から「ローエングリン」、25日から「サロメ」が放映されます。皆様早めにエントリーください。

 

 

ウィーン国立歌劇場「ペルシネット」

ウィーン国立歌劇場の新作オペラ、アルビン・フリース作「ペルシネット」は、OTTAVA TV、ライブストリーミングで29日の夕方7時30分から1月1日の夕方7時30分まで放映されます。この作品はグリム童話の「ラプンツェル」という名で有名になっている童話がもとになっています。今回はマチネ公演なので子供たちがたくさん観にきていました。

ペルシネット/ブリオニー・ドワイヤー Bryony Dwyer
王子/ルカーニョ・モヤケ Lukhanyo Moyake
アルゼ(魔女)/モニカ・ボヒネック Monica Bohinec
父親/オルハン・イルディズ Orhan Yildiz
母親/レジーヌ・ハングラー Regine Hangler
アブラサクス(カラス)/ソリン・コリバン Sorin Coliban
指揮/ギレルモ・ガルシア・カルヴォ Guillermo Garcia Calvo
演出/マティアス・フォン・シュテーグマン Matthias von Stegmann
舞台装置/マルク・ユングライトマイヤー Marc Jungreithmeier
衣装/コンスタンツァ・メザ=ロペハンディア Constanza Meza-Lopehandia

ウィーン国立歌劇場では、新作オペラ「オーランド」を上演したばかりですが、今度は子供向けの作品でグリム童話からの新作オペラ「ペルシネット」です。子供向けですから舞台はカラフル、作曲家のアルビン・フリースは、1955年生まれのオーストリア人です。そういえば、「オーランド」のノイヴェルもオーストリア人でしたね! 
貧しい夫婦の子供ができたのに、なかなかお腹から出てこない。魔女は薬草をあげるから私に子供を渡しなさいと、館に幽閉された女の子は、王子様が現れ求婚されるが魔女に見つかり、ペルシネットは耳が聞こえなくされ、王子は目が見えなくされてしまう、でも結末はハッピーエンド。見張り役のカラス君とペルシネットの長い髪が面白い役目をする。舞台は映像を巧みに使って現代の子供に受けること間違いなし。

 

 

ウィーン国立歌劇場 プッチーニ「ラ・ボエーム」

今年の演奏会は、国内は終わり、ウィーン国立歌劇場のオペラのみとなりました。「ラ・ボエーム」「ペルシネット」「こうもり」と続きます。OTTAVA TV 「ラ・ボエーム」は、23日から24日、25日とクリスマスにぴったり、この物語はクリスマスイヴのお話ですから。

ロドルフォ/ステファン・ポップ Stefan Pop
ミミ/イリーナ・ルング Irina Lungu
マルチェルロ/マルコ・カリア Marco Caria
ムゼッタ/マリアム・バッティステリ Mariam Battistelli
ショナール/サミュエル・ハッセルホルン Samuel Hasselhorn
コルリーネ/ライアン・スピード・グリーン Ryan Speedo Green
ブノワ&アルチンドロ/マルクス・ペルツ Marcus Pelz
指揮/マルコ・アルミリアート Marco Armiliato
演出/フランコ・ゼッフィレルリ Franco Zeffirelli
衣装/マルセル・エスコフィエ Marcel Escoffier

舞台は1830年のパリ。詩人のロドルフォ(ステファン・ポップ)と画家のマルチェッロ(マルコ・カリア)に音楽家のコッリーネ(ライアン・スピード・グリーン)は、成功を夢見てパリの屋根裏部屋で暮らしている、クリスマス・イヴの夜、ロドルフォは、隣の寝屋に住むお針子ミミが火を分けて欲しいとやってきたことをきっかけに恋に落ちる。
ミミ役のイリーナ・ルングは、「椿姫」で歌うはずだった期待のソプラノでしたが残念!と思っていたら今回「ラ・ボエーム」に登場しました。ステファン・ポップは急遽ロドルフォに抜擢されたらしいテノール、30歳のスターの素晴らしい美声を聴くことができました。演技も暖かくて優しい眼差しが素敵で、カーテンコールでは感激で泣きじゃくっていました。演出は、誰もが一度は観たことがあるフランコ・ゼッフィレルリ、曲も大体皆さんが知っているので前回の世界初演に比べると安心して見ていられます。それでは皆さん
           〝Merry X’mas〟