今年も「梅ジュース」

6月18日(木)

今年の「梅ジュース」第一弾です。
洗ってへたを取った南高梅2キロを24時間冷凍庫で凍らせ
梅2キロに対して 氷砂糖1キロ、砂糖500グラムを交互に入れ、
酢を400cc入れて、ビンをぐるりと回して混ぜます。
時々、蓋をしたまま、取っ手でビンをぐるりと回して下さい。

           CA3A0640-1.jpg  

3~4週間で、出来上がります。三ツ矢サイダーで、3~4倍に薄めて召し上がれ!
今年は、2キロづつ一週間おきに3回、6キロ作ろうかな。

「梅ジュース」の味見をしながら、昨日のマエストロサロンの復習です。

  CA3A0637-1.jpg

明日、6月19日(金)日本フィル東京定期の指揮者、 アレクサンドル・ラザレフさんの「マエストロサロン」で、司会はいつものように、日本フィル・ヴィオラ奏者の新井豊治さんです。
上の写真は、チャイコフスキーの組曲第4番「モーツァルティアーナ」の紹介です。
殆ど演奏されたことがないのですが、とっても美しい旋律でチャイコフスキーが脂の乗り切った時に作った曲だそうで、 モーツアルトのピアノ曲をオーケストラにアレンジしたもの。
チャイコフスキーはモーツァルトを尊敬していて、モーツァルトの作品が全部の10%位しか演奏されていないため、演奏されていない曲の主題を使って曲を作ることができるかと考えて作った。
モーツァルトの曲を借りていながら、ちゃんとチャイコフスキー風になっているのが聴きどころだそうです。

明日の演奏会には、他にモーツァルトのヴァイオリン協奏曲とプロコフィエフの交響曲2番が演奏されます。

「マエストロサロン」後、いつものようにビオラ奏者の新井さんと「パパミラノ」でイタリアンを!

 

(さらに…)

カルミナ四重奏団 フェスタ3日目 第一生命ホール

6月12日(金)

晴海のトリトンで、カルミナ四重奏団を聴いてきました。実は、6月6日にもカルミナ四重奏団で、ハイドン「皇帝」、ドヴォルザーク「アメリカ」、シューベルト「死と乙女」を聴き、今日はフェスタ3日目のプログラムで前半は、ヴィオラの川本嘉子さんとメンデルスゾーンの弦楽五重奏曲を、後半は、田部京子さんとブラームスのピアノ五重奏曲です。

メンデルスゾーン/弦楽五重奏曲第2番変ロ長調作品87
~休憩~
ブラームス/ピアノ五重奏曲へ短調作品34
カルミナ四重奏団
第2ヴィオラ/川本嘉子
ピアノ/田部京子

ジェイミーのコンサートで小川典子さんと田部京子さんの連弾を聴いてから、小川典子さんとは、日フィルの名曲コンサートでラヴェルのピアノコンチェルトを聴き、こんど田部京子さんとブラームスのピアノ五重奏曲を聴くので、一週間ばかりの間に小川典子さんと田部京子さんと二度お会いすることになりました。

ユダヤ人で、非常に恵まれた環境で育ったメンデルスゾーンは、若くして何でも出来る天才だった。
カルミナ四重奏団も初期にメンデルスゾーンをずいぶん演奏したと言うだけあって、とても慣れて、楽しんで演奏している感じがしました。

ブラームスの方は、金属的な音の小川典子さんと違って、柔らかい音の田部京子さんぴったりで、ブラームスのロマンティシズムと重厚感とハンガリー舞曲を思わせるような展開がとってもよかった!
終わってから、カルミナと田部京子さんのサイン会があって、行列が出来ていました。

トリトン内の「翠江堂」に今日は「いちご大福」があったので、買って来ました。アジサイの金平糖も。

CA3A0632-2.jpg

日フィル 第332回 名曲コンサート 

6月7日(日)

今日は、日フィル名曲コンサートです。
指揮がアレクサンドロ・ラザレフ、 ラヴェルのピアノコンチェルトは小川典子さん。
午前中に浜町総合体育館で太極拳の練習があり、9:30~12:30
陳式太極拳と棒術をミッチリ練習して、
それからサントリーホールに車をとばして午後2:00~演奏会です。
太極拳をやってから演奏会へ行くのは辛いのかなっと思ったのですが、
慣れてきたのか身体も頭もスッキリ。

ラザレフ2

ラヴェル/海上の小舟
ラヴェル/道化師の朝の歌
ラヴェル/ピアノ協奏曲
~休憩~
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」
指揮/アレクサンドル・ラザレフ
ピアノ/小川典子
コンサートマスター/扇谷泰朋
ゲスト・チェロ・ソロ/北本秀樹

ラヴェルのピアノ曲集「鏡」から〝海上の小舟〟と〝道化師の朝の歌〟ラヴェル自身が、オーケストレーションしたものでとっても色彩豊かです。
次のピアノ協奏曲は小川典子さんのピアノ演奏。
えっ、これガーシュインの〝ラプソディーインブルー〟の沼尻さん流に言えばパクリじゃない?
と思っているうちに、2楽章は、ゆっくりピアノソロから入って繊細でしかも軽い、
3楽章は、始めのジャズ風に戻って華やかで活気に満ちた軽快なテンポで終わります。
ラベルのピアノ協奏曲は、小川典子さんに本当ぴったりですね。

そしてムソルグスキーの「展覧会の絵」は、ラザレフさんの指揮で平坦にならず、強弱がはっきりした演奏で飽きさせない。

アンコールはラヴェルの「死せる王女のためのパヴァーヌ」でした。

ジェイミーのコンサートから直ぐに小川典子さんのラヴェルのピアノ協奏曲 、
田部京子さんにも6月12日(金)カルミナ四重奏団とブラームスピアノ五重奏曲でお会いします。

 

第8回 ジェイミーのコンサート

6月4日(木)

今日は、小川典子さんのジェイミーのコンサート第8回目で、ピアニストの田部京子さんをお迎えしています。

ミューザ川崎市民交流室にて 11:00より

  bio_2007_01.jpg    kyokosRoom200901.jpg
          小川典子さん                 田部京子さん

               ディーリアス/春初めてカッコウを聞いて
シューベルト/幻想曲へ短調作品103
ブラームス/ハンガリー舞曲第5・6番
ドヴォルザーク/スラヴ舞曲第10・8番
アンコール/ フォーレ組曲「ドリー」から子守唄
こんな美人で超一流のピアニストが二人揃うなんて、ジェイミーも贅沢ですね!(今、イギリスにいますけど)
しかも演奏が終わると、二人でクッキーと紅茶のサーヴィスをしてくれるんですよ。

友達でもある田部京子さんとの連弾は、とっても楽しいそうです。
ピアノに以外に好きなことは?の問いには、二人共〝食べること〟。

☆ ジェイミーのコンサート:http://jamiesconcerts.com/
小川典子さんがロンドンで下宿していた先の男の子が自閉症で、お母さんでもない彼女が出来ることは何かと考えて、このコンサートを催している。
日頃様々な理由で夜のコンサートに行くことができない方々(自閉症児や障害児者と暮らされている御両親など)を対象にしたコンサートで、ミューザ川崎の市民交流室で行われています。

             

MET ロッシーニ「ラ・チェネレントラ」

6月2日(火)

今日は、METライブビューイング「ラ・チェネレントラ」を川崎ラゾーナの109シネマズ川崎で見てきました。
エリーナ・ガランチャと言う、美人で、気品のあるメゾソプラノが歌うということは知っていたのですが、どんな声なのか興味津々ででかけました。

img021-1.jpg

アンジェリーナ/エリーナ・ガランチャ
ドン・ラミーロ/ローレンス・ブラウンリー
ダンディーニ/シモーネ・アルベルギーニ
ドン・マニフィコ/アレッサンドロ・コルベッリ
アリドーロ/ジョン・レリエ
指揮/マウリツィオ・ベニーニ
演出/チェーザレ・リエーヴィ

このロッシーニの「ラ・チェネレントラ」 は、「シンデレラ」のことですが、かぼちゃの馬車も出てこなければ、ガラスの靴も出て来ないけれども、王子様と結婚するのは同じ。

ガランチャという人、ルックスがいいのは判っていたんですが、声も柔らかくって透明感がありで正に打ってつけ。お化粧は控えめで、上の写真よりずっとおとなしそう、こんな厳しい世界でやってゆけるのかなと思われる程なんですが、芯は強いのかもね。ラトビア出身で、トマス・ハンプソンとのインタヴューでは、そろそろロッシーニは卒業するとのこと。自身の進路のこともシッカリと見極めている。 ヨーロッパでは有名らしいのですが、METでは去年の「セビリアの理髪師」のロジーナ役がはじめてで、次は、「ホフマン物語」に出演するという。ネトレプコちゃんものんびり子育てしていられない!

王子様役のローレンス・ブラウンリー黒人歌手ですが、多分若くて相当上手い、インタヴューでは、〝主役はチェネレントラなので、彼女が歌いやすいように歌う〟と言っていました。

ロッシーニ歌いでお父さん役のコルベッリさん、喜劇を演ずる時はとの質問に、台本どうり真面目に演ずるだけです。といつも本当に真面目に演じていられるようです。

「ファウストの劫罰」で素敵な悪魔メフィストフェレス役をやった、ジョン・レリエが、アリドーロ役で出ている。

チェーザレ・リエーヴィの演出は全体にすっきりして、チェネレントラの清純さを引き出している。

今シーズンのMETライブビューイングは、これが最後、次もネトレプコ、ガランチャの「ホフマン物語」 など、盛りだくさんなので、観なければ!

日フィル最後の沼尻マエストロ

5月29日(金)

27日のマエストロサロンで沼尻マエストロが、今回で日フィルとは一応区切りとなる演奏会だとのこと、マーラーの「10番」は、死の恐怖の中で書かれた作品で、スケッチは全て残っているもののマーラーが作ったのは全五楽章の内、一楽章「アダージョ」18分のみ。

リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」は、パクリが多い、チャイコフスキーの「悲愴」から、ウルトラセブンからとか、これは、マエストロが言った言葉ですからね!最後に嵐が去った後は、「バラの騎士」のマルシャリン夫人の最後のシーン立ち去りがたいところと似ている、これはマエストロの心境とダブって選曲は良かったのでは、とマエストロ自身が言っていました。

いつもいつも、面白いお話を有難うございました。またきっとマエストロサロン来て頂けますよね!

conductor沼尻

マーラー/交響曲第10番~アダージョ(全集版)
~休憩~
R.シュトラウス/アルプス交響曲
指揮/沼尻竜典
コンサートマスター/扇谷泰朋
フォアシュピーラー/江口有香
ソロ・チェロ/菊地知也

当日の演奏会場は、演奏する機会の少ないマーラーの「10番」にも拘らず、たくさんのお客さんが入っていました。
マーラー「10番」、半狂乱の部分、ダブルシャープ等の複雑な表音記号の部分、うんやはり沼尻マエストロは、凄いな!

不幸な一生だったマーラーと対照的に恵まれたシュトラウスですが、 「アルプス交響曲」は、舞台裏でとシュトラウスが指定したバンダを真正面のパイプオルガンに並べて配置し、最後の舞台に相応しく豪華絢爛。ウルトラセブンや、私には、アルプスの少女ハイジを思い起こさせるアルプスの自然の情景。嵐が去った後の、「バラの騎士」のマルシャリン夫人の別れの旋律は、大人っぽい感情が沼尻マエストロ・・・ぴったりなのかな?

終わった後、 10秒くらいは、拍手しないで欲しいなってマエストロが言っていた通り、本当に10秒位静かだったんですよね。不思議です。
その後は、ブラボーが連発されました。
またお会いしましょう!

金沢から山中温泉へ

2009年5月23日~25日 もう8年も前のデジブックですが、未発表になっていました。
今、ちょうど同じ季節ですので兼六園のかきつばたなども楽しんでください。
なお、金沢にある箔座「ひかり蔵」は、支店が日本橋コレド室町1・1Fにあります。

「金沢から山中温泉」デジブックにしましたのでご覧ください。

「金沢から山中温泉へ」

広上・アンサンブル金沢

5月23日(土)

今日は、広上さんでアンサンブル金沢・ハイドンチェロコンチェルトを聴くために来ました。
チェリストのジョルジ・カラゼさんがどんな人かも知らずに来たのですが、やはり良い指揮者は、良いソリストを呼ぶのでしょうか?とんでもなく素晴らしいチェロコンチェルトを聴くことができました。 カラゼは若干25歳です!

金沢 003-2

メンデルスゾーン/交響曲第1番ハ短調作品11
ハイドン/チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.Ⅶb-1
~休憩~
ハイドン/交響曲第60番ハ長調 Hob.Ⅰ-60 「うつけ者」
指揮/広上淳一
チェロ/ジョルジ・カラゼ
コンサートマスター/シュテファン・スキバ

初めのメンデルスゾーンは、去年広上が大阪シンフォニカーで演奏した曲で、私たちも聴きに行きました。
それからハイドンの「うつけ者」も結構広上が演奏する曲で毎回趣向を変えて、うつけものぶりを発揮するのですが、どこか他の演奏会では、〝今間違えたじゃないか〟と本気で言われたらしい、ここのお客様はわきまえていらっしゃると広上。

カラゼ君は、アンコールにバッハの無伴奏3番から最後のジーグを演奏してくれました。

広上さんもアンコールにハイドンの弦楽四重奏曲「皇帝」の2楽章を弦楽アンサンブルで演奏してくれました。いつもいつも広上さんのアンコールは、心に響いて来ますね!

 

 

金沢・加賀の旅

 5月23日(土)

金沢 142-1

広上・アンサンブル金沢の演奏を聴いてから、一泊は、金沢市内の「ANAクラウンプラザホテル」、
もう一泊は、山中温泉の旅館「かがり吉祥亭」を予約しました。
金沢近辺は、輪島塗や、九谷焼や、金箔技術、加賀友禅、山中彫など伝統工芸で有名、
ホテルのお部屋には、金箔塗りのこんなインテリアがあります。少しの間豪華絢爛の夢を見ましょう。
 金沢 035-1

ひがし茶屋街 「箔座 ひかり蔵」では

金沢 062-1

 

金-1

こんな豪華な蔵があって、外部は純金プラチナ「永遠色」、内部のお部屋は純金箔「24K」なんです。

金沢 058-1

これは外壁をカメラで写したものに書き込みをしました。

お店の人が撮ってくれました。

金沢 051-5

「箔座」でのお土産は金箔と漆のお皿と                 チョコレート 「黄金の焼き菓子」

CA3A0628-1.jpg     CA3A0631-1.jpg

 

ひがし茶屋街をふらふら歩いて見ましょう。

金沢 046-1

 

ふらふら歩いていると、金沢蓄音器館 がありました。
金沢 090-1
浅野川を眺めながら

 金沢 077-1

兼六園にて、雨に濡れたかきつばたが咲き乱れる。

金沢 107-1

そうそう、兼六園のお庭を歩いていたら、上品な外人女性に洋服が素敵ねと言われたので、シャンハイ・タンですよ!って言ったんですが、シャンタンシルクなら知っているといわれちゃった。

ビーズ

 

近江町市場で、懐かしい いかそうめん、かつお、かれいなどのランチ。

金沢 026-1

CA3A0593-1.jpg CA3A0594-1.jpg CA3A0595-1.jpg
CA3A0596-1.jpg CA3A0597-1.jpg CA3A0598-1.jpg
5月24日(日)

山中温泉に向かいます。
この辺り、加賀温泉郷と言って、温泉がたくさんあり、片山津温泉、辰口温泉、粟津温泉、山代温泉とそして山中温泉で、一番山の中にある温泉。
「かがり吉祥亭」は、露天風呂や客室から鶴仙峡を見られるので有名、一人で露天風呂を満喫することができました。

金沢 170-1

地物を炭火焼きで、三種の梅酒がおいしい。

   CA3A0605-2.jpg CA3A0608-2.jpg CA3A0607-2.jpg CA3A0615-2.jpg

 

 

旅館の直ぐ裏には、「こおろぎ橋」があり、清流が流れています。

 

金沢 179-1
金沢 175-1
金沢 177-1

「こおろぎ橋」を渡るとすぐに、民家の軒先に「山中彫り」の漆器が並べられて、お手ごろ値段で買うことができます。

 

金沢 184-1

 

鶴仙峡遊歩道があり、大聖寺川の川床を歩いていける。 木立とせせらぎで、癒し効果満点です。

金沢 198-1

桑ですね、 実がなっています 。

金沢 199-1

ぶどうのようなのは何の実でしょうか?

金沢 200-1

 

金沢 201-1

ゆげ街道には、山中漆器や、九谷焼のお店があって、

金沢 231-1

ふだん用のお椀を買ってしまいました。

金沢 232-1     CA3A0622-1.jpg

 

5月25日(日) 

JR加賀温泉駅からは、CANBUSを使い、海まわり、山まわりの観光地を回ることができます。
私たちは、海まわりで、

橋立は、北前船の本拠地として江戸時代から明治時代にかけて栄えた、船主の屋敷が多い。

金沢 243-1

橋立漁港、ここのマルヤ水産で、夕食の準備、さざえ、のどぐろの一夜干し、えびの一種で 甘エビより美味しいと言われている白トラ海老(白ガス海老)、かわはぎの醤油付けを買って帰りました。 美味しかった!

金沢 257-1

 

とんびが・・・。

金沢 251-1

 

☆  箔座 ひかり蔵 : http://www.hakuza.co.jp/

☆  マルヤ水産   : http://www.maruya-suisan.com/

 

ブラシの木

5月19日(火)

近所のお庭にあるブラシの木(カリステモン)に花が咲きました。

09年5月17日 001-1

上から見るとこんな感じ。

09年5月17日 004-1

カタルパの木にも花が咲きました。 (蘇峰公園)

09年5月17日 008-1

カタルパの木は、アメリカ原産の落葉樹で日本には数少ない。
なぜ蘇峰公園にあるかというと、同志社の創立者である新島襄が、明治10年代にアメリカ土産として種を持ち帰り、その種から育った木がここに贈られた。徳富蘇峰は、同志社で学び恩師が新島襄だから。

エクセルシオが法人化?

弦楽四重奏団・エクセルシオがNPO法人化するという話は、前からありましたが、エクフレンズである私たちは、どうやら株主になっており、5月16日に総会があるという知らせが届きました。

5月16日(土)午後 2:30~
「ラ・フォルテ」三鷹のジブリ美術館近くのレストラン
プレコンサート・総会・懇親会

プレコンサートでは、アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーの弦楽四重奏曲第一番を聴き、
弁護士、税理士の立会いのもと総会が開かれました。
とは言ってもいつも試演会に行っているメンバーばかりなので、全部顔見知りです。

8d4ec.jpg

上の写真がいつも行っている〝エクセルシオの試演会〟
左端で聴いているのが○○○。

総会のあと、「ラ・フォルテ」で食事をしながら明日から行く ロンドン~ブカレスト公演の壮行会です。
ロンドンでは、「クアルテット・エクセルシオ リサイタル」 2009年5月19日(火)午後6:30より
ブカレストでは、「ルーマニア国際現代音楽祭」 2009年5月23日(土)午後8:00より
2009年5月25日(月)午後7:30より  に出演

エクセルシオ2009年の公演スケジュールの中に
八ヶ岳のチェルトの森〝むさし庵〟で  8月2日(日)午後2:00より アフタヌーンコンサートがあるとのこと。ちょうど霧が峰の〝クヌルプ・ヒュッテ〟に行きたいと思っていたところなので、チケットを西野ゆかさんのお母様より入手しました。 〝むさし庵〟は、蓼科の隠れ山荘らしいので、またレポートします。

 

BATIK 「ペンダントイヴ」

5月17日(日)
姪のテレコムスタッフ社員・平田潤子がまたまた映画を作ったというので、観に行きました。
渋谷のシアター・イメージフォーラムで5月16日~5月22日まで一週間限定レイトロードショーです。

ダンスー1

女性ダンス・カンパニー、BATIK 主宰の黒田育世さん 今最も注目を浴びているコンテンポラリーダンサーであり、振付家。
2007年3月29日、東京世田谷パブリック・シアターで行われた公演を7台のハイビジョンカメラで、撮影し、ダンサーたちを多角的に捉えた映像詩「ペンダントイヴ」http://www.pendanteve.com/です。
この作品は、DVDで発売されています。

この公演の1時間半の間、少女たちの狂喜のような暴力的な動きが続くのですが、その後のメイキングドキュメンタリーでは、彼女達は、美形の普通のお嬢さんで、クラシックバレーのレッスンをちゃんとしているのにビックリしました。

5月19日(月)には、上映前に黒田育世×女優・木村佳乃トークショーをするそうですので、皆様お出かけ下さい。
それから、5月22日(金)には、黒田育世×劇作家・野田秀樹トークショーもあるようです。
こんな面白い姪がいるお陰で、現代舞踊が見られたわけで、しかもこの映画の監督をしたんですよね。
本人は、ただ舞台を撮っただけと言っていましたが・・・。

尚、ゆふいん文化・記録映画祭 2009年5月29日(金)~5月31日(日)http://movie.geocities.jp/nocyufuin/home.html があって、
松川賞をもらった平田潤子の「にっぽんの記憶 第二話 盆のはなし」を上映すると言う。
5作品の中から、「大賞」1作品が選ばれる、頑張れ~っ!