名フィル・小川典子・藤倉大

2月21日(土)

名古屋フィルハーモニー交響楽団・第355回定期演奏会
《ツァラトゥストラ・シリーズ》
シューベルト/交響曲第7番ロ短調「未完成」
藤倉大(ふじくら・だい)/『アンペール』ピアノと管弦楽のための協奏曲
~休憩~
マーラー/交響曲第1番二長調「巨人」
指揮/ティエリー・フィッシャー
ピアノ/小川典子
コンサートマスター/植村太郎

355_fischer.jpg               355_ogawa.jpg               355_fujikura.jpg
ティエリーフィッシャー   小川典子      藤倉大

今回は、藤倉大の日本初演の作品を小川典子の演奏で聴くこと、そのために名古屋に出掛けました。
もちろん名古屋は、私の実家がありますので実家に寄ったり、『蓬莱軒のひつまぶし』も食べたいし、久し振りで『美濃忠の上り羊羹』も買いたいし、息子は、『地雷也の天むす』を買ってきて欲しいというので・・・ほとんど食べることですが・・・でも来てよかった。

藤倉大作の『アンぺール』、先ず目を見張るのは、ピアノのそばにある真っ赤なオモチャのピアノ、後に小川が自らオモチャのピアノで演奏するのですが、その次は、小川典子の真っ赤なドレスです。最後に現われた藤倉大も真っ赤なシャツを着ていました。3つのビビッドな赤で、観客はビックリ!それはあたかもひな祭りの緋毛せんのような色で、この曲の後の方で弾くオモチャのピアノの音色は、ぜんまい仕掛けの人形のような、オルゴールのような音でした。

小川は、11日のミューザでも菅野由弘の「光の粒子」~ピアノと南部鈴のための を初演しており、1ヶ月の間に2作品の初演をこなしている、凄いことですね。

意欲的な選曲で、名フィルに登場したティリー・フィッシャーさんは、チューリッヒ歌劇場で首席フルート奏者をしていたたそうです。 これからどんな作品を取り上げるのか楽しみです。

結局『蓬莱軒のひつまぶし』は食べられず、名古屋城の北の『ノルド・シャトウー』で、きしめんと、味噌カツ定食を食べた私たちでした。

MET グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」

2月17日(火)

今日は、METライブビューイング グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」を川崎ラゾーナの109シネマズ川崎で見てきました。METでは、1月24日に上演したものです。

オルフェオ

オルフェオ/ステファニー・ブライス
エウリディーチェ/ダニエル・ドゥ・ニース
愛の神/ハイディ・グラント・マーフィ
指揮/ジェームス・レヴァイン
演出/マーク・モリス

グルック(1714~1787)は、主流だったバロック・オペラの改革をとなえて音楽とドラマが一体となるべきだと主張してこのオペラを作った・・・ので、最も初期のオペラです。

物語はギリシャ神話に基づいており、最愛の妻を失ったオルフェオが、冥界まで妻を連れ戻しに行って、本当に連れ戻すといった調子のいいお話ですが、グルックの音楽を楽しむのと、演出家で振付家のマーク・モリスのバレエを楽しむのもいいかもね。 例えば・・・

グルック

上の白い服を着て踊っているダンサーですが、第3幕でエウリディーチェが地上に戻ってくると、デザインはそのままで、色だけが鮮やかに変身する。なぜか現代風の普段着なんですが。これは、MET2006~2007のシーズンに大ヒットを記録した舞台の再演だそうです。後の3段は、最近METがよくやる演出で、今回は合唱団が、歴史上の人物に扮しているのだそうです。

エウリディーチェを歌うダニエル・ドゥ・ニースが美人で若くて今注目のソプラノ。
主役のオルフェオを歌うのは、ステファニー・ブライスMETでデビューしたメゾソプラノ。
愛のアモーレを歌うのは、リリック・ソプラノのハイディ・グラント・マーフィー。

METライブビューイング2009-2010上映スケジュール

METライブビューイング2009-2010シーズン上映スケジュール

カリタ・マッティラの「トスカ」で始まり、いつものような顔ぶれですね。
ネトレプコちゃんは、産後少し太ったようですが「ホフマン物語」、 やはりルネ・フレミングがメインであとゲオルギウとアラーニャの「カルメン」、デセイも気になるところ、
さあどうなりますか?お楽しみです。

10月10日:トスカ(プッチーニ)
演出:Luc Bondy(デビュー)(新演出)
ジェイムズ・レヴァイン/未定/フィリップ・オーギャン指揮
カリタ・マッティラ/未定
カルセロ・アルヴァレス/ヨナス・カウフマン/マルチェロ・ジョルダーニ
ユハ・ユーシタロ/ゲオルグ・ガグニーゼ/ブリン・ターフェル
ポール・プリシュカ/ジョン・デル・カルロ
オープニング:2009年9月21日
10月24日:アイーダ(ベルディ)
 ダニエレ・ガッティ/パオロ・カリニャーニ指揮
ヴィオレッタ・ウルマーナ/ハスミク・パピアン
ドローラ・ザージック
ヨハン・ボータ/リチャード・マジソン/サルヴァトーレ・リチートラ
カルロ・グエルフィ
ロベルト・スカンディウッツィ/オルリン・アナスタソフ/カルロ・コロンバーナ
11月7日:トゥーランドット(プッチーニ)
アンドリス・ネルソンズ/未定指揮
マリア・グレギーナ/リセ・リンドストローム
パリア・ポプラフスカヤ/マイヤ・コヴァレフスカ/未定
マルチェロ・ジョルダーニ/フランク・ポレッタ/サルヴァトーレ・リチートラ/フィリップ・ウェブ
サミュエル・レイミー/ハオ・チャン・ティアン

12月19日:ホフマン物語(オッフェンバッハ)
演出:Bartlett Sher(新演出)
ジェームズ・レヴァイン指揮
カスリーン・キム、アンナ・ネトレプコ
エカテリーナ・グバノーヴァ、エリナ・ガランチャ
ロランド・ヴィリャソン、ルネ・パーペ
オープニング:2009年12月3日

1月9日:ばらの騎士(R.シュトラウス)
ジェイムズ・レヴァイン指揮
ルネ・フレミング、スーザン・グラハム
クリスティーネ・シェイファー
エリック・カトラー、トーマス・アレン
クリスティン・ジグムンドソン

1月16日:カルメン(ビゼー)
演出:Richard Eyre(新演出)
ヤンニック・ネゼット=セグイン指揮
バルバラ・フリットリ、アンジェラ・ゲオルギウ
ロベルト・アラーニャ、マリウス・キーチェン
ープニング:2009年12月31日
2月6日:シモン・ボッカネグラ(ベルディ)
ジェームズ・レヴァイン
アドリアンヌ・ピエチョンカ、マルチェロ・ジョルダーニ
プラシド・ドミンゴ、ジェームズ・モリス
3月27日:ハムレット(トーマス)
演出:Patrice Caurier(デビュー)and Moshe Leiser(デビュー) (新演出)
ルイ・ラングレー指揮
ナタリー・デセイ
ジェニファー・ラモーア、トビー・スペンス
サイモン・キーンリサイド、ジェイムズ・モリス
オープニング:2010年3月16日
5月1日:アルミーダ(ロッシーニ)
演出:Mary Zimmerman (MET初演出)
リッカルド・フリッツァ指揮
ルネ・フレミング、ローレンス・ブラウンリー
ブルース・フォード、ホセ・マニュエル・ザパタ
バリー・バンクス、コビィ・ヴァン・レンスブルグ
オープニング:2010年4月12日

MET プッチーニの「つばめ」

2月3日(火)

今日は、METライブビューイング プッチーニの「つばめ」を川崎ラゾーナの109シネマズ川崎で見てきました。METでは、1月10日に上演したものです。

           ツバメ  

         プッチーニ/歌劇「つばめ」La Rondine(新演出)  

マグダ/アンジェラ・ゲオルギュー
ルッジェーロ/ロベルト・アラーニャ
ランバルド/サミュエル・レイミー
リゼット/リゼット・オロペーサ
プルニエ/マリウーシュ・ブレンチュー
指揮/マルコ・アルミリアート
演出/ニコラス・ジョエル
主役のゲオルギューが風邪気味という事は聞いていました。それでも結構良かったということも聞いていました。やはり何と言ってもゲオルギューとアラーニャとの共演を見てみたいという欲求の方が強くって!
それに「つばめ」は、1936年以来このアンジェラ・ゲオルギューとロベルト・アラーニャというゴールデン・カップルで上演されるまで上演される機会がなかったという。二人の功績です。

「椿姫」と「メリーウイドウ」と「ラ・ボエーム」を混ぜたようなオペラで、主人公のマグダは、死なないんですよね。 若きゲオルギューの「椿姫」も初々しくて感激しましたが、美しさは変わらず今回のプロダクションでは1920年代に読み替えてあってファッションは、チャールストン時代、明るくって愉しいオペラです。

第一幕で歌う「ドレッタの美しい夢」が有名で、マグダとルッジェーロのカップルの他、小間使いのリゼットと詩人プルニエの二組のカップルがあって、ゲオルギューが風邪気味の分、リゼットとプルニエのほうが頑張っていました。

インタヴュアーはルネ・フレッミング、初めは風邪気味のゲオルギューが緊張している様子をカメラが映していましたが、途中からいつものお喋りなゲオルギューに戻りました。
やはりMETはいいですね。

クァルテット・エクセルシオ

1月31日(土)

 20世紀・日本と世界Ⅱ

第一生命ホール6:00~(プレ・トーク5:00~)
about_modern.jpg

ウェーベルン/弦楽四重奏曲(1905)
ウェーベルン/弦楽四重奏のための5つの楽章作品5 (1909)
ウェーベルン/弦楽四重奏のための6つのバガテル作品9 (1913)
ウェーベルン/弦楽四重奏曲作品28 (1938)
~休憩~
間宮芳生/弦楽四重奏曲第1番(1963)
間宮芳生/弦楽四重奏曲第2番「いのちみな調和の海より」(1980)
クァルテット・エクセルシオ
今日は、間宮芳生さんと渡辺和さんとのプレ・トークが演奏会前にありました。
今年80歳になられる間宮さんは、シッカリとした足取りで歩いてこられ、お喋りもよどむことなく進められました。
実は私たちは間宮さんの2つ目の曲1980年ごろ、間宮さんの家の隣に住んでいて、ジーパンで歩く姿をよく見かけました。
そしてもう一つ、この月曜日にはエクセルシオの試演会があり、これらの曲を聴きました。
なので、二回聴くことが出来たというわけです。

でも難しいな、以前聴いたウェーベルン「夏風の中で」は、すごく気持ちよく聴けましたが、
最後の作品28などは、だんだん音を削ぎ落として行って出来た曲で。

間宮さんの曲は、本人の解釈付ですから、よく判りました。
初めの曲は、黒田喜夫の詩『不安と遊撃』の一篇「原点破壊」・・・「男と女がいて、女は、身ごもっている。ところが異型の軟体がゾロゾロ。それが母親の乳房にすがりつく。吸盤があって母の血をすい始める。男の体も吸われる」・・・という詩に興味を持ち、歌と弦楽四重奏を作ろうとして、弦楽パートの方がすらすら出来てしまった。2楽章は能舞台のイメージ、3楽章はアフリカのリズム。
次の「いのちみな・・・」の、1部はメラネシアのパン・パイプの音楽で減速(だんだん遅くなる)、2部は同旋律の繰り返しに聴こえるが音の並びが少しづつ違うアフリカ土着のコンゴの音楽、3部はフィンランドの「泣き歌」を基にしている。
これらのほかにも「日本のわらべうた」を児童合唱団と演奏したものがあるし、今度オペラ「ポポイ」を静岡音楽館で、初演するらしい。
日本の間宮さん頑張れって言いたいですよね。

 

日本フィル横浜定期・大友・佐野

1月24日(土)

今日は、日本で最もスマートな指揮者大友直人さんと、今乗りに乗っているテノール歌手佐野成宏さんと
イタリアに行ってきました。

大友         佐野

横浜みなとみらいホール
ヴェルディ/歌劇「仮面舞踏会」第1幕への前奏曲
ヴェルディ/歌劇「仮面舞踏会」~喜びの中に君に会える *
ヴェルディ/歌劇「仮面舞踏会」~永遠に君を失えば *
プッチーニ/歌劇「マノン・レスコー」間奏曲
チレア/歌劇「フェデリーコの嘆き」 *
ディ・クルティス/帰れソレントへ *
~休憩~
レスピーギ/交響詩「ローマの泉」
レスピーギ/交響詩「ローマの松」
指揮/大友直人
テノール/佐野成宏
コンサートマスター/江口有香

みなとみらいホールまでの僅かな旅行ですが、ナポリ、ローマなど、素敵な旅でした。
「帰れソレント」は、アンコールも・・・2度楽しめた。(*印が、佐野さんの歌った曲)
そして定期会員ではないので、15列の右端の席だったのですが、「ローマの松」の最終曲「アッピア街道の松」の古代ローマ軍の凱旋行進曲では、トランペット、トロンボ-ンが、三階席の左そでに立ち大爆音を鳴らしてくれましたので、目の前で爆音を聞くことが出来ました。

UKオペラ「カルメン」でお見かけした佐野さんは、やはり今年夏 佐渡裕プロデュースの「カルメン」に出演する予定です。               (東京:2009年6月25日~7月5日)

シャンハイタン冬物

1月22日(木)
年末に買ったシャンハイタン(上海灘)・銀座のジャケット。
ベルベット製で、裏のプリント柄のブラウスなども売っていましたが、ジャケットのみ。

shanhaitan 001-1
太極拳、新年集中練習に参加したので、棒術用の袋(上の赤いもので先生お手製)を先生から頂きました。
これで、24式太極拳陳式太極拳棒術と深みにはまっています。
最初は、太極拳用のパンツを頂き、次は棒術用の袋、それから高級ジャスミン茶などなど、
女心をくすぐるの上手いね!

本当は、こっちが何か差し上げなければいけないのに・・・。

 

UK オペラ日本上映

1月20日(火)
ロイヤル・オペラ・ハウスのオペラ「カルメン」を川崎シネマズ109にて見てきました。
                        ジョルジュ・ビゼー歌劇《カルメン》
                              p_carmen.jpg
指揮:アントニオ・パッパーノ ― Conductor: Antonio Pappano
演出:フランチェスカ・ザンベッロ ― Director: Francesca Zambello
衣裳:ターニャ・マッカリン ― Designs: Tanya MacCallin
ロイヤル・オペラ合唱団 ― The Royal Opera Chorus
(合唱指揮:レナート・バルサドンナ ― Chorus Director: Renato Balsadonna)
ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団 ― The Orchestra of the Royal Opera House
(コンサート・マスター:ピーター・マニング ― Concert Master: Peter Manning)

ミカエラ:ノラ・アンセレム(ソプラノ) ― Micaëla: Norah Amsellem
ドン・ホセ:ヨーナス・カウフマン(テノール) ― Don José: Jonas Kaufmann
カルメン:アンナ・カテリーナ・アントナッチ(ソプラノ/メゾ・ソプラノ) ― Carmen: Anna Caterina Antona
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ(バス/バリトン) ― Escamillo: Ildebrando D’ Arcangelo

 

このごろ映画館でオペラを観るのにはまってます。
このプログラムでは、ロイヤル・オペラと、グラインドボーンと2本づつ4本のオペラを上映します。
初めは、耳になじんだ《カルメン》
全てが聴きどころで、《カルメン》の世界に巻き込まれてしまう。

ドン・ホセ役のヨーナス・カウフマンが役に入りこんでいたし、全体にハイレヴェルでよかった。
面白かったのは、女性ダンサー 肉感的というか、太っている人ばかりで、それがよく揃って
タップを踏んでいて気持ちよかった。これからは、少し太めが流行るのかな?

今日は、テノールの佐野成宏さんも聴きにいらしていました。
UK オペラ シネマ:http://www.livespire.jp/opera/news/index.html
お近くの映画館でご覧下さい。

 

 

白石城

1月19日(月)

今朝ニュースでやっていましたが、以前紹介した仙台市の近く、白石城が若い人達の間で人気らしい。
戦国武将 伊達政宗の家臣 片倉小十郎が住んでいたお城なんですが、
最近は、今大河ドラマでやっている直江兼続や、真田幸村など少し脇役の武将に注目が集まっている。
以前紹介したのは、ここです。小十郎君こけしもアップで!

DSCF0057-2.jpg