映画「裸の夏」

2月7日(木)
兄から電話で姪が助監督をした映画が封切りをしたから、見に行ってやってくれとのこと。
姪は、「世界の車窓から」や「都のかほり」でお馴染みのテレコムスタッフの社員で2年ばかり前に、テレビのドキュメント部門で新人賞を貰ったことがあります。
今度は、映画に挑戦したらしい。 題名は、「裸の夏」で こちら
先ずは、見てみないとと思って渋谷のシアター・イメージフォーラムと言う劇場に行ってみました。
麿 赤兒(まろ・あかじ)の大駱駝艦という舞踏集団があって、
毎年夏の合宿には、素人を募集して白馬で野外舞踏劇をする
そのドキュメンタリー映画です。
どこかで見たことがある 麿 赤兒 と言う人の舞踏が凄い。
気持ち悪くて、でも凄い。
64才らしいので、メタボのおとうさんに見てもらうといいかもね!
最後の野外舞台では、全員がほとんど裸状態で踊るけれども、金粉を塗っていて綺麗な感じです。
何か今度も賞を狙っているらしいですよ。    

                       地方上映ぞくぞく決定!
                           大阪 第七藝術劇場
                      3月15日(土) ~ 3月21日(金) 21:00~
                     3月22日(土) ~ 3月28日(金) 17:00~

                            山口 山口情報芸術センター
                       5月9日(金) ~ 11日(日)

                            京都 京都シネマ
                        5月10日(土) ~ 23日(金)
                         初日は岡部監督・麿赤兒さんによる
                          ティーチイン開催決定!

                          名古屋 名古屋シネマテーク
                         4月12日(土) ~ 18日(金) 18:00~


雪が降る!

2月3日(日)
朝から雪が降って、寒い~。
家の中で、カメラの練習にと、以前有田に行って買って来た、深川製磁の磁器を映しておくことにした。 ブルーチャイナシリーズのものが多い。
                      nori 015
nori004-2.jpg                     nori 016
                      nori 021
nori 023                    nori 026              
                      nori 024

そして夕食は、新海苔が手に入ったので、手巻き寿司に。
新海苔は、築地の丸山海苔店でお茶と一緒に購入、パリパリでした。
       nori 053           nori 035
   
                   nori 041

日本フィル・井上道義マエストロ

1月30日(水)
いつものように定期演奏会の前にマエストロサロンがあり、今回は、井上道義マエストロの登場です。
現在オーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督をしていて、金沢に行くと結構目立つらしい。
その前は京都市交響楽団の音楽監督で、保守的な町なのでとてもやり辛かったとのこと。広上マエストロも大変そうですね。
昨年のショスタコヴィッチ全曲演奏@日比谷公会堂は、厚いアルバムを持ってきて見せてくれました。
熱っぽい語り口なんだけれども、言葉が直ぐに出てこないので手や体が動く、そしてとてもしなやか。
いつも青年のような気持ちをもっていて、女性にやさしい。そんな感じでした。
2月2日(土)
          

             日本フィル第597回定期演奏会
               シベリウス/交響曲第1番
                  ~休憩~
         吉松隆/鳥たちの時代(日本フィルシリーズ第31作)
               シベリウス/交響曲第7番
                 指揮/井上道義
              コンサートマスター/扇谷泰朋
                フォアシュピーラー/江口有香
指揮は、踊るような曲線的な動きでも、音楽は、とてもオーソドックスな演奏で、日フィルもそれによく答えていた。
吉松作品が、シベリウス1番と、7番の間に挟まれており、この「鳥たちの時代」の初演も、井上マエストロが、日フィルで振ったらしい。 森林浴が出来そうなとっても綺麗な作品です。
コンサートの後、場所をアークヒルズ1階の「ウルフギャング・パック・カフェ」に移して懇親パーティーが開かれ
          0802party-10.jpg

 フルートの難波薫さんとチェロの大澤哲弥さんのヴィラ=ロボスのデュオや、扇谷泰朋さんとのカヴァレリア・ルスティカーナなどのミニコンサートがあり、サインをしてもらったり、写真を撮ってもらったり、楽しい数時間を過ごしました。
井上マエストロが少し後から現われ、今日の出来はかみさんも褒めていたと満足そう。
私たちも、ビオラの新井さんとT夫妻、K嬢らとお喋りしたり、フォアシュピーラーの江口さんにサインを戴いたり、珍しいところでは政治評論家の田村玲子さんとオペラの話などしました。
        

今日の夕食は!

1月29日(火)
今日は、新鮮なぶりと蟹の身が手に入ったので、ぶりのお刺身と蟹のクリームコロッケを作り、
家にたっぷりあった野菜を八丁味噌と西京味噌ブレンドの豚汁にしました。
里芋 蕪 大根 にんじん ごぼうでいっぱいの豚汁を ハフハフ言いながらすすり、このぶり美味しいね~。
蟹のクリームコロッケ、蟹の身がたくさん詰まっていてとろとろ。

yuusyoku 006-4
yuusyoku 008-2   yuusyoku 013-2
        
                   こんな夕食でした・・・。

2度目の INCANTO 広尾

1月19日(土)
家族4人で行ってきました。
娘の誕生日が数日前だったので、お祝いです。
こんどは、息子の方がカルチャーショックを受けました。
居酒屋とか吉牛とかしか行ったことがなく、お酒は安いラム酒やワインを飲んでいたらしいので、
竹石ソムリエの選んでくれた最初の発泡酒から感激でお代わりです。
incanto 013         incanto 006
          いのしし肉のパスタ                    トマト風味のパスタ
次は、少し甘めの赤ワインで、
incanto 008        incanto 010
         牛ほほ肉の煮込み                       馬の肉のステーキ
お料理もやはりメニューが、沢山あって選ぶのが大変。
牛ほほ肉は、柔らかく煮込んであり、とろけるよう。  熊本産馬の肉はスパイスが効いたしっかりした味でした。
デザートがまた甘すぎず、多すぎず、かと言って女の子受けするような媚がなくってちょうどいいのです。
カラメルのアイスクリーム、チョコレートプリン、栗入りクレープ、洋梨のムースなど。

また来なくては、と言う気にさせる店ですね。
でこんどは、4月の息子の誕生祝いにと言うことになりました。


1度目は こちら
   

☆ incanto : 東京都港区南麻布4-12-2 ピュアーレ広尾2F
Tel 03-3473-0567

沼尻竜典・小川典子・武満徹・ベリオ

1月18日(金)
東京都響・第656回定期演奏会Aシリーズ 東京文化会館
武満徹/弦楽のためのレクイエム
武満徹/アステリズム-ピアノとオーケストラのための
武満徹/系図-若い人たちのための音楽詩
~休憩~
ベリオ/シンフォニア
指揮/沼尻竜典
ピアノ/小川典子
語り/水谷妃里
アコーディオン/御喜美江
声楽アンサンブル/二期会マイスタージンガー
コンサートマスター/矢部達哉

Numajiri.jpg

ホールに着くと、そこここで、批評家の皆さんが、話し合っています。
演奏会場では、批評家・奥田佳道さんが、マエストロ・沼尻とプレトークの真っ最中。
ベリオの3楽章では、マーラーの2番のパロディーが出てくる それから薔薇の騎士からも少し出てきますとのこと。始めて聴く曲なので、興味津々です。
武満徹の「系図」は、よくテレビなどで放送しているあの〝おじいちゃんのおちんちんが・・・〟というので、これも本番は、始めてです。
語りの水谷妃里さん さらっと流してなかなかよかったのではないでしょうか。
谷川俊太郎の詩には〝 おじいちゃんとおばあちゃんとおとうさんとおかあさんといぬのごろうとわたし〟が出てきてレトロな雰囲気のメロディーと昭和のノスタルジーが感じられ、日本人のクラシック作曲家も、年をとると、日本に帰ってしまうのかな? なんて思ってしまいました。
ベリオのシンフォニアも面白い 8人の声楽ソリストが、マイクを持って歌うというか、語るというか、そしてマーラーの復活が、そのまま出てきます。今なら著作権法の心配しちゃいますけど。
頭が良くて、才能があって、意欲的な沼尻マエストロの今年も見逃せない。
小川典子さんのアステリズム 難しい曲でも、難なく弾きこなしてしまいました。
今年は20周年記念で、2月19日にはサントリーホールでピアノリサイタルが、開かれます。

小川典子 サロン・コンサート

「丸の内倶楽部」という旅行会社クラブツーリズムのゆとり世代バージョンがあって、その中のイベントとして
〝サロン・ド・ムジカ〟ピアニスト小川典子 特別講習会が開催される。(始めは1月25日だったが、会場の都合で)
  232月17日(日)14:30~16:00
  23参加費(お一人あたり):2000円(要・予約)
  23場所 : 丸の内倶楽部(新宿アイランドウィング14階)
     
 

<特別講演会~旅と音楽~>
演奏活動20周年を迎える日本を代表するピアニスト小川典子さんをサロンにお招きすることができました!
世界中のオーケストラや音楽祭で活躍し、エネルギッシュに活動を続ける彼女の魅力を身近に感じませんか。世界中をめぐって演奏活動している「小川典子さんの旅」をテーマにしたお話と、美しいピアノの生演奏をお楽しみください。
19日には、サントリーホールで20周年記念ピアノ・リサイタルが開かれますが、こちらは典子さんと3メートル位の距離でくつろいで、聴けますよ!
                 ogawanoriko.jpg
なお、クラブ「あんこーる」に入会すると、イベント・セミナーのご案内が届きます。(会費 年1000円)
丸の内倶楽部 : 音楽の旅 03-5323-6787
          : http://www.club-t.com/theme/marunouchi/

アルミンク

1月12日(土)

1月3日のニューイヤー・コンサートに続いて、新日本フィルのコンサート。

              arming.jpg
    
         新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会 すみだトリフォニーホール
             ワーグナー/歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
                  ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番
                         ~休憩~
                   ブラームス/交響曲第1番
                  指揮/クリスティアン・アルミンク
                       独奏/豊嶋泰嗣
                   コンサートマスター/西江辰郎
友達の友達から少し安く手に入ったチケットです。
この早春、新日本フィルはイケメン指揮者が三人、 クリスティアン・アルミンクマルク・アルブレヒトイオン・マリンがそろいましたと写真入りチラシを見ながら・・・。

音楽監督アルミンクのブラームス、重くならないで聴かせるところは聴かせる素晴らしい演奏で、楽団員もまたアルミンクに寄り添って息の合った所を見せました。

そしてアンコールが、ウイーンそのもの。
リームの「憧れのワルツ」だそうで、アルミンクもワルツを踊るように指揮をし、とても気持ちよさそうでした。
リヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」のもっと現代風といった感じかしら。

新日本フィル これからもっと聴こうと相談をし、帰ってから夜は、ドレスデン国立歌劇場日本公演の「ばらの騎士」をハイビション放送でみてしまいました。

美穂子さんの第一回ファンクラブお食事会

1月4日 今日は、木下美穂子後援会 第一回懇親パーティーです。
         koenkai 010

         koenkai 012

今日のお食事会は、ピアノのあるレストラン「ラリアンス」@飯田橋で開かれました。
真っ赤なドレス姿で現われた美穂子さんは、わずか3メートルの距離でジャンニ・スキッキから「私のお父さん」などを歌ってくれましたが、今や脂ののり切った彼女ですからびんびん響いてきます。
最高のひと時でした。
実はことしの5月に、ボルティモア・オペラで『蝶々夫人』を歌うことが決まりました。おめでとうございます!
正確な日にちは、まだ判っていませんが、5月半ばと言うことですので判り次第お知らせします。

 420美穂子さん ボルティモア・オペラ『蝶々夫人』出演日は、5月17日と決まりました。    

皆様で、行ってあげて下さい。420
あと日本でも、3月23日「戦争レクイエム」 すみだトリフォニーホール 群馬交響楽団
そしてもう一度ですが
年始放送予定:  91月17日(水) BS日テレ 19:00~20:00 TANTOクラシック
                         ヴェルディ『仮面舞踏会』前半  読響 二期会公演
                           指揮: オンドレイ・レナルト
                             リッカルド:  福井敬
                             アメーリア: 木下美穂子

            9 1月21日(月) BS2 深夜0:55~4:00
                        プッチーニ『蝶々夫人』  二期会公演
                           指揮: ロベルト・リッツイ・ブリニョーリ
                            蝶々夫人: 木下美穂子

木下美穂子
後援会公式ホームページは、 こちら です。

聴き初めは!

23   1月2日 BS2でウイーンフィルのニューイヤ・コンサート2008  ウイーン楽友会ホール が放送されました。今年は、ジョルジュ・プレートル、 えっ本当に83歳!?
と思えるほど若々しい素晴らしい演奏でした。
いつもと違っていたのは、アンコールの「美しく青きドナウ」の時、会場にダンサー二人が入って来て優雅な踊りを見せてくれたことでした。初めての試みではないかしら。
演奏後は、観客全員立ち上がり、拍手の嵐!
23    1月3日 新日フィルのニューイヤー・コンサート    すみだトリフォニーホール
     SN330064.jpg      SN330066.jpg
        演奏前の松羽目模様の幕        鏡開き(皆さんにお酒がふるまわれました)
           ジョン・ウィリアムズ/オリンピック・ファンファーレ&テーマ
              ヨハン・シュトラウス/喜歌劇「こうもり」序曲
              ヨハン・シュトラウス/チクタク・ポルカ
              ヨハン・シュトラウス/ワルツ「酒・女・歌」
              ヨハン・シュトラウス/ワルツ「朝刊」
                デュカス/交響詩「魔法使いの弟子」
                   ~休憩~
            トレルリ/2本のトランペットのための協奏曲 ニ短調 G18
             ストラヴィンスキー/「火の鳥」組曲(1919年版)
                   指揮/広上淳一
               トランペット/服部孝也、杉本淳一朗
               コンサートマスター/豊嶋泰嗣
指揮は、広上さんです。昨日聴いたウイーンフィルと同じくすっきり躍動感のある演奏でした。
やはり、アンコールは、「美しく青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」手拍子を打って毎年のコンサートの始まりです。

メリークリスマス!


               クリスマス 003

                   339  メリークリスマス!    339  

          しろくまくんと大津から来たひこにゃんも加わって我が家のクリスマスです。   

             来年もクラシック音楽の楽しい情報をお届けしたいと思います。

                       みなさま良いお年を!